おみくじ


初詣に神社へ行くと、おみくじを持って帰るか、神社に結ぶかで、意見が分かれることが多いでしょう。

皆結んでいるから結んでおく!という人もいますし、大好きな人と行ったから記念に持ち帰る!という人もいるでしょう。


実は、おみくじを神社に結ぶのも、持って帰るのもそれぞれ意味があるのをご存知ですか?

ここでは、そんなおみくじについてご紹介します。

スポンサーリンク


おみくじは神社に結ぶ?持って帰る?

どちらが正しいのか?という結論からすれば、どちらでも問題ありません。

神社に結んでも、持って帰っても良いでしょう。

では、それぞれどんな意味があるのかを見てみましょう。

おみくじを神社に結ぶ

おみくじを神社に結ぶのは、神社に留めるということです。

これは、おみくじの結果が悪い場合は、その悪い運を神社に留めておく、という解釈ができます。


おみくじを持って帰るということは、運を一緒に持って帰るということから、悪い運勢だった場合は、神社に結ぶほうが悪い運を持って帰らなくて済むということのようです。


もちろん、良い結果の時も神社に結んで良いです。

良い結果の時、神社に結ぶと、その神社にいる神様と縁をつなぐという意味があるようです。

良い運勢を神社に結ぶ=神と縁を結ぶ、という感じで良い御利益が期待できます。


おみくじを結ぶ場所は、神社内のルールに従って決められた場所に結びましょう。

結ぶ方法は特にルールはありませんが、利き手とは違う手で結ぶのが良いといわれているようです。

利き手とは違う手でおみくじを結ぶことは難しいです。

あえて利き手ではない手で結ぶことは、困難を乗り越える。難しいチャレンジを達成する、という意味があります。


もし凶運おみくじを引いたときには、利き手とは違う手でおみくじを神社に結び、その凶運を吉運に変えたいです。

おみくじを持って帰る

おみくじを持って帰るのも良いでしょう。

もし大吉だった場合は、その良い運を常に持ち歩き、ご利益を常に感じていたいです。

おみくじを持って帰る際は、決して粗末に扱わないよう注意しましょう。


もし大吉だった場合は、その運を常に身に感じ、凶だった場合は、何度も読み返して気持ちを引き締めることが出来ます。


おみくじは、常に持ち歩くことが大切ですが、持ち歩いているとどうしても汚れてしまったり、破れてしまう可能性があります。

おみくじが汚れたり破れるのは、良くないことです。

せっかくの良い運が逃げてしまうので、できれば綺麗な状態のまま保管して持ち歩きたいです。


方法としては、財布の普段触らない場所に入れておいたり、ビニール袋に入れてバッグの奥のほうに入れておくのが良いでしょう。

スポンサーリンク


おみくじを持ち帰った時の処分方法

おみくじの効果は1年と言われています。

1年経ったおみくじは、次におみくじを引く前に、神社のおも守りを返納するところで返すのが良いでしょう。

その際、心の中で「一年ありがとうございます」と神様にお礼を忘れずに伝えましょう。


または、新しいおみくじを手にするときに、古いおみくじを神社に結ぶのでもいいでしょう。

神聖な神社で神から受け取ったメッセージですから、最後はそのままごみ箱に捨てたり放置したりせず、きちんと神のもとへ返すのがルールです。


関連記事:獅子舞が頭を噛む理由は?起源や由来についても気になる!

凶以外のおみくじは持って帰る!?

神社によっては、凶以外のおみくじは必ず持って帰ってください。というような場所があるようです。

これにはどのような意味があるのか分かりませんが、凶は神に守ってもらうが、それ以外なら受け取ったメッセージをしっかり感じなさい、という意味があるというようです。


もちろん、神社によってその言い伝えはそれぞれですが、凶以外のおみくじは持って帰ってお守りにし、凶のおみくじは後日神社でお焚き上げをしてもらい、悪い運を神の元へ送る、というようです。

それぞれの方法は、その神社によって異なりますから、わからないことがあれば、神社の人に聞いてみましょう。


また、おみくじを結ぶとき、その結ばれる木によっても変わることがあるようです。

例えば、凶のおみくじは、杉の木に結ぶことで「悪い運が過ぎる」という意味があり、吉のおみくじは、松の気に結ぶことで「いい運を待つ」という意味があるようです。

もちろん、凶だから必ず杉の木に結ばなくてはいけない!ということはありませんが、知っておいて損はないと思います。


関連記事:お年玉はどの範囲まであげる?いつからあげる立場になる?

最後に

おみくじを引くことは、初詣の楽しみの一つです。

毎年、おみくじを楽しみにしている人もいるのではないでしょうか?

おみくじは、神様から受け取った大切なメッセージですから、しっかり読み、先1年を良い年にしたいです。

↓関連記事
おみくじを二回引くのはあり?違う神社だと御利益も違う?

年賀状を返信しない?出していない人から届いたときの書き方

面倒な年賀状を減らすテクニック!保存方法や捨て方も紹介!

獅子舞が頭を噛む理由は?起源や由来についても気になる!

絵馬に願い事を書くのは裏表どっち?名前は書いた方が良い?

スポンサーリンク