女性


「口が臭い」そう思うと、人前で話すときに気を使ったり、公の場にいづらくなりませんか?

口臭と言うのは、自分が感じている臭いよりきつい場合もありますし、自分では口が臭いと感じていても、実は周囲の人はほとんど気にならない程度の場合もあります。

ここでは、そんな口臭の原因と自分で確認する方法、予防法などをご紹介します。

スポンサーリンク


口臭はなぜ起こるの?

口臭が起こる原因は幾つかあります。

口内が乾燥している

口の中は、いつも唾液が出ています。

この唾液が臭いと感じ、不潔だと思う人は多いですが、実はこの唾液、口の中の潤いを保ち、口の中にある菌を減らす力があります。


口の中には常にいろんな菌がいて、それらの菌はある程度必要なモノですが、多すぎると口の中が綺麗に保てなくなるため、臭いとして発生します。

緊張したとき口の中が乾いた感覚を覚えたことがある人は多いです。

ストレスや緊張などにより、口の中で出るはずの唾液が減り、菌が繁殖してしまうのです。

食べ物による場合

例えばニンニクを食べた後、口が臭いです。

またコーヒーを飲んだ後は口臭がコーヒーっぽくなったり、お酒を飲んだ人の近くにいると口が臭く感じることもあります。

こういったニオイが強いものは一時的に口を臭くさせます。

口の中が汚れている

食後に歯磨きをしましょう!と言われてきた人は非常に多いですが、どうしても忙しくてつい食後に歯磨きを忘れてしまうこともあるでしょう。


食後に口臭がきつくなるのは、食品によるニオイだけでなく、口の中に残った食べ物が臭いの元となります。

食べ物も食べられるときは美味しいニオイですが、腐ってしまうと強烈に臭いです。

これと似たようなことが口内で起こっているのかもしれません。

口の中にある菌と食べ物の残りかすが合わさると、臭いと感じるようになります。

歯周病が原因

言わずと知れた口臭の原因となる歯周病。これは、喫煙している人だけでなく、誰にでも起こりうる病気です。

歯周病になると、独特のニオイがしてきます。

自分だけでなく、周囲の人も気付く程度のキツイ臭いとなりそうです。

スポンサーリンク


自分で出来る口臭チェック

口臭は自分で気が付きにくいもの。

そこで、口臭が気になっている人が簡単にできる確認方法をご紹介します。

マスクで確認

マスクをつけて、口から息を吐いてみましょう。そのまま鼻で吸って臭いと感じると、それがそのまま口臭となるのです。


もし口から息を吐いて鼻で吸っても、臭いが感じられない場合は、そこまで口臭があるわけではなさそうです。

毎食後に歯磨きをすることで、ある程度臭いが改善されるかもしれません。

袋で確認

袋に息を吐き、風船のようにします。

それを次は鼻に付けて嗅いでみましょう。

臭いがした場合は、それが口臭となります。


臭いが無い場合は、口臭は問題なさそうです。寝起きに口臭が気になる人はやってみましょう。

また各食後に試すことで、どういった食事をとると口臭がするのかを知ることもできます。

唾液を身体に付けて嗅ぐ

身体の一部をなめて唾液を付けた後、その部分を乾かしてから嗅いでみましょう。


唾液は、潤っている間は臭いがしにくいですが、乾燥すると臭いだけが残るようです。

もし唾液を付けて乾燥させてから嗅いで臭いがしない場合は、口の中の環境は整っていると言えそうです。

口臭予防はどうする?

もし自分で口臭の確認をして、どうしても口臭が気になる人は、口臭がしないような生活習慣を心がけることが良いでしょう。

  • 寝起きと就寝前、毎食後に歯磨きを行う。
  • 歯磨きだけでなく舌も磨く。
  • うがいをする。
  • リラックスできる状態を作る。
  • ストレスをため込み過ぎない。
  • コーヒーを避け、タバコを辞める。
  • 口臭外来へ行く。
  • 歯周病のチェックを行う。
 
これらの方法で、かなり口臭の予防が出来ます。


多くの人は、生活習慣によって知らぬ間に口臭を発してしまっているケースが多いです。

そのため、出来る限り口臭が発生しないような生活習慣を心掛けることにより、かなり口臭予防が期待できそうです。


ただし、これらの歯磨きや舌磨き、臭いのキツイ食事などを避けても口臭が気になる場合は、歯周病の恐れがありますから、出来るだけ早く病院へ行くことをオススメします。

歯周病は口臭の原因となるだけでなく、歯が抜けてしまう可能性もある危険な病気です。

最後に

口臭は、自分では気になるけれど、人にはなかなか言いにくいものです。

自分で気になるのに人には言いにくいのなら、しっかり日頃から自分で口臭を確認し、予防に努めることが大切です。

スポンサーリンク