女性


スキーやスノボ、美味しいお鍋やクリスマスにお正月などのイベントが盛りだくさんの冬、楽しみにしている人もいれば寒いのが苦手で一日中温かい室内で過ごすという人も大勢いるかと思います。

そんな様々な過ごし方が楽しめる冬ですが、みなさんのお肌の調子はいかがでしょうか。

乾燥した冬の空気にさらされてガサガサになったりしていませんか。

強い日差しの夏と比べてスキンケアを怠ってしまいがちですが、冬だからこそしておきたいケア方法があります。

そこでこの記事では、乾燥だけじゃない冬の脅威から肌を守る方法をご紹介していきます。

冬の肌の状態を

厳しい寒さの冬の季節、私たちの肌は乾燥だけではなく様々な脅威にさらされています。

もちろん乾燥対策として保湿をしっかりしなければいけませんが、気を付けるのは保湿だけではないということです。

例えば紫外線です。

夏と違いどんよりとした天候になりがちな冬の季節、日差しも弱くなるため紫外線対策を怠ってはいませんか。


冬の紫外線は夏に比べると劣りますが、ウィンタースポーツなどで長時間外で過ごすときには十分日焼けや肌ダメージの元となります。

また、夏の間に蓄積された紫外線によるダメージも見過ごす訳にはいきません。

シミとなってしまう前に冬の間に、しっかりと手を打っておかなければいけないでしょう。

このように、夏とはまた違ったスキンケアが冬の間には必要となってくるのです。


関連記事:秋に効果的なスキンケアは?夏のダメージを補修する方法!

スポンサーリンク


冬にしておきたいスキンケア方法

さていよいよ本題のスキンケア方法の紹介をしていきます。

夏とは違って皮脂の分泌が減り、脂性肌だった人も乾燥気味になることがあります。

それでも夏と同じスキンケアを続けていると、新たに出てくる肌トラブルに対応できません。


今までのスキンケア方法を見直し、冬に適した正しいケアをできるよう気を付けて行うべき方法を確認していきましょう。

保湿

冬の肌トラブルは乾燥だけではない、と言ってもまずは保湿をしておかなければ肌の健康を維持しながら冬を乗り越えることは不可能です。

クレンジング、洗顔をしっかりと行い、肌に付いた汚れや古くなった角質をまずは落として化粧水が浸透しやすくなるようにしましょう。


角質を気にするあまりピーリングやスクラブを繰り返し行うと肌が必要以上に刺激を受け、乾燥にさらに弱くなってしまいます。

拭き取り化粧水などを染み込ませたコットンで優しく肌の表面を拭くだけで十分なので、化粧水を使用する前にしておきましょう。


化粧水や美容液を肌に染み込ませた後は、乳液や保湿クリームなどを塗って肌に蓋をし、潤い成分を逃げないよう閉じ込めておきましょう。

シミ対策

夏の間に受けた紫外線のダメージは、表面では見えなくてもシミ予備軍として肌の奥で眠っています。

日差しが落ち着いた冬のうちに、予備軍である内から対策しておきましょう。


目の周りや頬など、シミのできやすいところはより入念に美白美容液などでお手入れしておくとよいでしょう。

また、シミの予防に効果のあるビタミンCが多く含まれた食品を食べるのも良いでしょう。


ビタミンCは熱によって壊れてしまう性質があるため、加熱調理されたものなどはあまり効果を発揮できませんが、冬は特にみかんや柿などのフルーツが美味しいので、フルーツやサプリメントから摂取すると良いでしょう。


関連記事:肌のターンオーバーが乱れる原因3つ!こんな症状に注意!

紫外線対策

冬と言っても目に見えない紫外線は降り注いでいます。

夏よりも弱いものの、長時間浴び続ければ日焼けや肌荒れ、シミなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

また、スキーやスノボなどのウィンタースポーツでは、真っ白な雪に日差しが反射することで、服に覆われていない顔や手などが夏のように日焼けすることがあります。

窓から差し込む日光にも油断できません。


このように、冬だからと言って手を抜くのではなく、日焼け止めクリームや帽子などでしっかりと冬の紫外線を予防しましょう。

スポンサーリンク


冷え対策

厳しい寒さが続く冬には、体が冷えて血管が収縮してしまいがちです。

これによって肌の代謝機能が衰え、皮脂の分泌も少なくなってしまうため乾燥などに陥りやすくなります。

女性は特に体を冷やしやすいため、上着を着るだけではなくマフラーや帽子でしっかりと防寒するようにしましょう。


また、入浴の際は湯船につかって体の芯までしっかりと温まり、蒸しタオルなどを顔に当ててから洗顔したり化粧水などをつけたりすると、毛穴の奥までしっかりと洗ってケアできるのでおすすめです。


関連記事:美人に見える美肌を手に入れる!毎日続けられる習慣6つ!

最後に

以上、冬に行うべき正しいスキンケアでした。

これで冬のスキンケアもばっちりできるでしょう。一年を通して移り変わる季節に合わせて、私たちの環境も変化していきます。


花粉が多く飛散する春や暑い日が続き紫外線の気になる夏、1日の気温の変化が激しい秋に乾燥と厳しい寒さが続く冬、それぞれの季節に合ったスキンケアで1年中美しい肌をキープできるようがんばりましょう。

スポンサーリンク



↓関連記事
あぶらとり紙はよくない?使いすぎるとテカテカになる?

メイクの汚れが毛穴に詰まる!クレンジング選びで失敗しないコツ

肌が粉っぽいときはクリームでOK?粉ふき肌でやばい時の対策!

地黒で美白になりたい人が毎日取り入れたいちょっとした方法4つ!