女性


冬場、汗はほとんどかかないのに、なんだか頭皮が臭うかも…夏の汗臭さとはなんだか違う…毎日ちゃんとシャンプーで洗っているのに!?、なんてお悩みの方、人にはなかなか相談できないし、困りものですよね。


一度気になりだすと、通勤中の電車内で後ろに人が立ったり、職場で人と接近して話す際など、臭わないか、そわそわしてしまいます。

そこでこの記事では、頭が臭くなる原因と対処法についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


頭が臭くなる原因&対処法

シャンプー選びに失敗している

頭が臭くなる最大の原因…それは頭皮に良くないシャンプーの使用です。

頭皮に良くないシャンプーとは、市販の安物シャンプーを指します。


安物シャンプーには、洗浄力や脱脂力が強力な硫酸系成分である、「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」が含まれているからです。

お顔などと同様に、頭皮にもある程度の皮脂が必要です。


しかし、この硫酸系成分は必要な皮脂までも落とし切ってしまうので、体は皮脂が足りないと判断し、過剰に皮脂を分泌してしまいます。

この過剰な皮脂が頭皮の毛穴に詰まってしまうことによって、なんとそこに雑菌が繁殖し、臭いを発生してしまうのです!

また、硫酸系成分は頭皮への刺激も強いため、フケやかゆみの原因ともなり、頭皮環境をさらに悪化させてしまうのです。


では、どのようなシャンプーが頭皮に良いのでしょうか。


体質は人それぞれなので一概には言えませんが、一般的に頭皮の良いとされるのは、ノンシリコンのシャンプーです。

シリコン入りとノンシリコンの違い

最近よく耳にするノンシリコンシャンプー。

シリコン入りとノンシリコンではどのような違いがあるかご存知でしょうか。

シリコン入りシャンプーはシリコンが髪をコーティングするので、洗った後のギシギシ感がなく、一見ツヤツヤで指通りの良い美しい髪に仕上がったように感じます。

その仕上がりの反面、洗浄力が落ちたり、毛穴が詰まりやすくなったりするのです。


ですから、ノンシリコンのシャンプーが頭皮に良いのですが、ノンシリコンと一口に言っても多数の商品が販売されています。

一体どの種類が頭皮に最適なのでしょうか。

おすすめなのは、お肌とほとんど同じ成分で作られている、アミノ酸系シャンプーです。お肌と同じ成分なので、頭皮にほとんど刺激を与えません。


また、ほどよい洗浄力を持ち、ほとんど髪を傷つけることなく余分な汚れだけをしっかり落としてくれるので、頭皮ケアに最適なシャンプーであるといえるのです。

この注意点を守って、正しいシャンプーの仕方を今日から実践していきましょう。


関連記事:シャンプーが合わないと頭皮が乾燥する?白いフケの原因は?

シャンプーの仕方が間違っている

どんなに頭皮に最適なシャンプーを使っていたとしても、洗い方が間違っていてはせっかくのシャンプーの効果が半減してしまいます。

ではどのような洗い方が頭皮にとって最適なのでしょうか。正しいシャンプーの仕方を、順を追って説明してみます。

  1. 髪をブラッシングし、絡まりをとる

  2. シャンプーをする前に、ぬるま湯だけで予洗いする

  3. 適量のシャンプー(だいたい100円玉くらいの量)を手に取りよく泡立てる

  4. 泡立てたシャンプーを頭皮に乗せ、指の腹を使って適度な力でマッサージする

  5. ぬるま湯でシャンプーをしっかりと洗い流す(しっかり!がとても重要)

  6. 少し低めの温度のお湯(水)で洗い流し、あたたまって開いた毛穴を引き締める
以上です。

あれ?髪は洗わなくていいの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、頭皮を洗い流す際にシャンプーが髪をつたい落ちる際に髪の汚れは落ちるので心配しなくても大丈夫です。


注意点としては、頭皮をマッサージする際に爪を立てて頭皮を刺激しないようにすること、また、シャンプーのあとにリンスやコンディショナーをする際は、髪の毛先を中心につけるようにして、頭皮には絶対に!つけないことです。


関連記事:ノンシリコンシャンプーで頭から加齢臭がする?特に女性は注意?

スポンサーリンク


髪の乾かし方が不十分

洋服の生乾きは臭いますよね。実は頭皮も同じなのです。

どんなに頭皮に最適なシャンプーを使って正しくシャンプーをしても、最後の乾かしが不十分だと丁寧なシャンプーも水の泡です。

お風呂からあがったら、自然乾燥ではなく必ずドライヤーを使って乾かすようにしましょう。


最適な乾かし方は、まずドライヤーの温風モードで8割程度乾かし、その後冷風モードで9割程度かわかします。

そのあと自然乾燥させましょう。

ドライヤーの温風で完全に乾燥させてしまうと、髪の水分奪われてパサパサな髪になってしまいます。

温風8割、冷風1割、自然乾燥で1割。この程度が頭皮にとっても髪にとってもちょうどよい割合なのです。


関連記事:茶髪より黒髪が似合う美人の特徴!

まとめ

いかがでしたか。

頭の臭いは気になる部分です、人によっては身長に違いはありますが、男性と並んで立つと自分の頭の部分が男性の鼻付近に位置する場合もあり、神経質になりやすいかもしれません。

そんな頭皮の臭いも、少し気を付けるだけで劇的に改善できます!今日から早速実践してみてくださいね。

スポンサーリンク