恋愛が苦手な人はたくさんいます。

結果独身のまま一生を終えるという事もあるでしょう。


恋愛が苦手な人も実は内心では恋愛をしてみたいと考えている人が多いそうです!


もしも恋愛が苦手な異性と出会い、その人にアプローチをする時はどうすればいいのか。

ここでは恋愛が苦手な女性に対して、どのようにアプローチするのが効果的かを解説していきます。

恋愛が苦手な女性の主な理由

恋愛が苦手な女性の理由は以下の3つほどをあげることができます。

自分に自信がないネガティブ女子

自分に自信がないあまり、「どうせ私なんか」という感情が先立ってしまいます。

結果自ら身を引いてしまいます。

周りがいくら褒めても素直に受け入れる事ができません。


相当自信がないネガティブ女子なら褒める事が逆効果の恐れあります。

(なんでこんなに褒めるんだろう)、(この人は私の事を何もわかってない)、(どうせお世辞なんでしょ)という感じで、気に入られようと褒めすぎると逆に警戒されるでしょう。


だから恋愛経験が持てず、いつまでたっても恋愛が苦手な自分から抜け出せないのです。

そして、ネガティブ女子は自分に自信がない、自分をあまり好きじゃないからこそ、相手の事もあまり好きになれない、信頼できない傾向もあります。

スポンサーリンク


仕事バリバリキャリアウーマン女子

これは社会人のみならず、学生時代も言えますね。

学生の頃、勉強ばっかりしている女子いませんでしたか?

ここでひとつ確認しておきたいのことは勉強ばかりすることは決して悪い事ではないですよ。


勉強を愛し、勉強をして将来の自分を描く。

仕事を愛し、仕事をバリバリこなすことで会社に貢献し、自分の地位を高め、収入も増やす。

このような女性はそもそも恋愛なんてする余裕がないのです。

いざ恋愛をしてみようと思ってもそれより大事なことがあるので、なかなか良い恋愛に発展しないものです。


そして、そのような女性は理想が高い傾向にあります。

自分の人生と相手を照らし合わせて考えてしまうのです。

恋愛をメリット、デメリットで判断してしまうのです。

悪い男につかまった恋愛不信女子

こういう人って結構いるんです。

恋愛経験はあるが、どれも良い恋愛とは言えず、しかもかなり悪い記憶として残っていて次の恋愛に前向きになれない、恋愛をしたくないという感じです。


結果恋愛が苦手になっていき、自分から恋愛を遠ざけ、恋愛の仕方すら忘れていくタイプの女性を落とすのはかなりデリケートで難しいですね。

スポンサーリンク


まずは恋愛感情を持ってないアピール!親密なお友達から!

恋愛が苦手な女性ほど相手の下心や、恋愛意識に敏感なものです。

そして苦手なのでそのような感情をチラつかせる男性を避けます。

 
男性側からすれば落とす気まんまんな気持ちはわかりますが、それが漏れてしまってはダメです。

まずは普通に会話ができる程度までで良いでしょう。

それ以上を急に求めるのはNG!

例えば今度一緒に食事にいこうなどのデート感がでるものですね。


恋愛感情がない感じで誘うなら複数を心掛けてください。

そして、その誘いもできれば直接ではなく間接がいいでしょう。

誰か自分の気持ちを知っている女友達を介して誘えればベストでしょう。


ある程度仲が深まれば、会話の流れから直接複数の食事を誘えるようになれます。


決して二人の食事などの二人の空間を早まってはダメです。

恋愛が苦手な女性にもなにかしたの理由があります。

まずは相手を全面的に尊重する紳士な姿勢を持ちましょう!

相手を喜ばすさりげない言動を心掛けよう!

これはどの場面でも心掛けてください。

興味のないふりをして接している日常を送りながら常に相手が喜びそうな言動を考えましょう。


例えば普通に会話をしていても相手の話が面白くて、とても共感できることを常に伝えることです。

やはり自分の考えを共感してくれる人、話をしていて常に笑ってくれる人は一緒にいて居心地がいいですからね。「居心地の良さ」こそが一番大事でしょう!


恋愛感情がチラついてしまったら一緒にいて緊張したり、気を使ったりしてしまいます。

そういうのが面倒になり距離をおかれることでしょう。


一緒にいて自然体でいれるような関係、そして楽しいと思わせるのが一番大事です。

そうするためにはさりげい一言、行動というのがとても大事になってきます。

あまりにも意識しすぎて過度な言動になることは注意してください。

まとめ

恋愛が苦手な女性はなにか絶対に理由があります。

その女性を落とすのならまずは理解、そして尊重です。

 
自分のものにしたいという自分本位な願望を押し付けるようなら絶対に振り向いてくれないでしょう。

常に相手のことを考え、配慮し、相手のペースに付き合ってあげる大きな度量を持ちましょう!

スポンサーリンク