カミソリ


夜にきれいさっぱり取り去ったはずのムダ毛…翌朝になったらもうチクチク生えてきた!とショックを受けた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

人よりもなんだかムダ毛が伸びるスピードが早い気がする…そんな方のための対策と、ムダ毛の豆知識についてご紹介していきたいと思います。

毛周期について

体毛は、
  • 毛が生え始める「成長初期」
  • 一番毛が長い状態の「成長期」
  • だんだんと毛が細くなって弱くなる「退行期」
  • そして抜け落ちる「休止期」
の4つの周期を常に繰り返しています。

この周期は、体毛の部位によって期間がそれぞれ異なっています。

頭髪は、成長期が2~6年ととても長く、1日にほんの少しずつ、0.3~0.4 mmほどしか伸びません。

長い成長期のあと、3~4ヶ月退行期が続きます。


その後抜け落ちた毛は、約4ヶ月ほどで再び生え始めます。

だいたい1日に50本も自然に抜け落ちているのですが、成長期が長いため、生え変わりを実感することはあまりないでしょう。


関連記事:髪の毛が汗臭い原因は?体の内側から改善する方法4つ!

脇毛は、成長期が3~5ヶ月程度で、1日にだいたい0.3 mm伸びます。

休止期は3~5ヶ月程度で、その後抜け落ち、約4ヶ月程度で再び生え始めます。

腕や足

腕や足の毛は、脇と同様、成長期が3~5ヶ月程度で、休止期は4~5ヶ月程度です。

Vライン

アンダーヘアは、成長期が1~2年と長めで、1日に0.2 mm程度ずつ伸びます。

休止期は1年ほどと長めで、抜け落ちてから再び生え始めるまで約4ヶ月程度となっています。

スポンサーリンク


処理後すぐに毛が生える不思議

ご紹介したように、どの部位であっても、休止期はだいたい4ヶ月です。

にも関わらずどうしてすぐに毛が生えてきてしまうのでしょうか。


それは、全ての体毛が同じ周期で成長しているわけではなく、1本1本がそれぞれのタイミンで成長しているからなのです。

処理した毛が退行期の毛であれば、4ヶ月生えてこないのですが、成長期の毛だった場合には、処理してもすぐ伸びてきてしまうのです。

また、肌表面に見えている毛は、実はたったの30%であり、その他の70%の毛は肌の内側に潜んでいるのです。

ですから、処理時に表面に見えていなかった毛であっても、成長期でぐんぐん伸びている途中の毛であれば、肌の内側から顔を出してきてしまうのです。

スポンサーリンク


すぐ生えるムダ毛対策

では、人よりもムダ毛が伸びるスピードが早くなってしまうのではどうしてなのでしょうか。

原因はホルモンバランスの乱れにあります。

体毛には、髭や胸毛、手足の毛などの「男性毛」、脇毛、アンダーヘアなどの「両性毛」、まつ毛、産毛などの「無性毛」の3種類があります。

このうち、男性毛、両性毛にあたるムダ毛は、男性ホルモンが多いと濃く・太い毛がぐんぐん生えてきてしまうのです。

ではどのように対策していけば良いのでしょうか。

生活習慣を整える

食生活の乱れやストレス、睡眠不足は、ホルモンバランスを乱し、通常全体の10%程度にとどまるはずの男性ホルモンを増やしてしまいます。

栄養バランスの取れた食事を意識し、リフレッシュする時間を作って上手にストレスを発散するように努めましょう。

また、夜10時~深夜2時は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれる時間です。この時間にしっかり熟睡するようにしましょう。

女性ホルモンを増やす

女性ホルモンであるエストロゲンと同じ作用を持つ、イソフラボンを含む食材を積極的に摂取することで、女性ホルモンを増やすと良いでしょう。

イソフラボンは、納豆や豆腐に含まれていますが、成分がぎゅっと凝縮されたサプリメントでの摂取もおすすめです。

脱毛サロンに通う

これはムダ毛の生えるスピードに関係なく、ムダ毛を根本的に無くすことができる手段なので、一番有効な対策です。

ただし、毛周期の問題で、毎日脱毛サロンに通ったからといってすぐにムダ毛をなくすことはできません。

成長期の毛根を狙ってレーザーを当てる必要がありますので、休止期間である4ヶ月おきに脱毛した方がかえって効率よく脱毛できるのです。

そのため、ムダ毛全体をなくすには、非常に長期間を要しますので、費用もさることながら、根気も必要になります。

いかがでしたか。

生活習慣を整えて女性ホルモンを増やすことは、ムダ毛への効果だけでなく、美容にも非常に効果的なので一石二鳥です。

是非今日から実践してみてくださいね。

スポンサーリンク