歯


歯が綺麗な人は白い歯の人というイメージが非常に強く、実際テレビなどを見ていると芸能人のほとんどの人はとても歯が白くて綺麗です。

自分も白くて綺麗な歯を手に入れたいと思うい一生懸命に歯磨きをしてもやっぱり、黄色い…。

やはりお金を掛けて何かをやらないと綺麗な歯は手に入らないのか?と落ち込んでしまう気持ちも分かります。

そこでこの記事では、歯が黄色い原因と、簡単にできる歯を白くする方法を解説します。

スポンサーリンク


歯が黄色い理由は?

歯が黄色いのは、歯が黄色くなってしまっているというよりも、黄色く見えることが多いです。

そして、歯が黄色く見えるのにはは、原因があります。

まずは、改善方法の前に、歯が黄色見える原因について解説をしていきたいと思います。

着色汚れ

歯が黄色く見える一番多い原因は、着色による歯の汚れです。

コーヒーなどをよく飲んでいると歯が茶色くなったりすると言います。

このように着色が強い色の濃い飲み物をよく飲んでいたり、何度も食事をする人は、その分歯に汚れが付きやすくなります。

汚れの中でも、飲食により色が付くのは、ステインといわれる色素による汚れが非常に多いです。

ステインという色素は、飲食することにより付着する汚れを言いますが、このステインは一度歯に付着すると、普段自分でで行っている歯磨きでは綺麗に落とすことが出来ないほど、強力なものす。

ステイン自体が強力と言うより、ステインの汚れが非常に強力と言った方が適切かもしれません。


例えばコーヒーや紅茶、赤ワインやココアなどの濃い色(着色料の多く含んでいるもの)の飲み物はステイン汚れが多くなります。

こういったものは、合成着色料が使われていることが多く、その分歯に汚れが付着しやすく、単なる歯磨きでは落ちにくいものになります。


また、喫煙などもタバコに含まれる成分が歯に付着すると、それが黄色くなる原因である汚れに繋がります。

スポンサーリンク



歯石

歯石というものを聞いたことがありますか。

歯石とは、歯磨き時の磨き残しが原因で、歯垢が集まり、どんどん硬くなって石のような硬さになるものを言います。

歯石が出来ると、とても歯が汚れているように見えます。

黄色っぽく見えるときもありますし、歯石が妙に白く見えるときもあります。どちらにせよ、綺麗に見えるものではありません。

歯石は、歯だけでなく歯茎にも悪い影響を及ぼし、口臭の原因となったり、酷いと歯周病の原因にもなります。

年齢によるもの

どれだけ綺麗に歯を磨いて、きちんと歯科医院で手入れを行っていても、どうしても年齢と共に歯が黄色くなってしまいます。

歯は、象牙質というものの上にエナメル質がついていて、歯が白く見えるのはこのエナメル質が影響しています。

しかし、年齢と共にこのエナメル質は自然と薄くなってしまい、象牙質が透けて見えるようになります。

この象牙質は元々黄色っぽいために、象牙質が透けて見えると歯が黄色っぽく見えるようになってしまいます。

歯磨きのし過ぎ

歯磨きをすることは非常に大切ですが、歯磨きをし過ぎると歯磨き粉に含まれている研磨剤の成分でエナメル質が削れてしまい象牙質が見えるようになってしまいます。

そうなると、黄色い象牙質が見えるわけですから、当然歯は黄色っぽく見えます。

スポンサーリンク


歯を白くする方法はある?

ここまでは歯が黄色くなる原因について見てきました。

これらの原因を理解した上で、歯を白くする方法があるのか?と疑問に思ってしまう人がいると思います。

ここからは、歯を白くする方法について解説をしていきます。

歯石や着色汚れを除去する

歯石や着色汚れは、一度歯に付いてしまうと、自宅で取り除くことは極めて困難です。

そのため、歯の汚れや歯石が気になる人は、歯科医院などで除去してもらいましょう。

あまりにもひどい状態だと、上の歯と下の歯を2回に分けて綺麗にしますが、歯石や着色汚れがそこまで酷くない場合は、一度の治療で全て取り除いてくれます。

歯石も着色汚れも、歯ブラシの仕方に問題があるため、きちんと正しい歯磨き方法を教わりましょう。

ホワイトニング

ホワイトニングという言葉は有名です。

これは、加齢による黄ばみなどの場合に効果的です。

加齢により歯が黄色くなってしまうのは、象牙質が見えていることが原因であるため、ホワイトニングという方法を使って、歯を白くすることが出来ます。

簡単に続けられるホワイトニング

ここまで見ても、白くて綺麗は歯を手に入れることはそれなりに難しいことが分かったかと思います。

それでも白く輝く歯を手に入れたいと思うのは当然です。

その様な場合はアイテムに頼るのもアリかと思います。

例えば毎日の使う歯磨き粉を変えるだけで、効果が期待できるなら誰にでも簡単にできるかと思います。


アイテムを選ぶ際には、研磨剤が入っていないか?オーガニックの成分か?なども気にしながら選ぶと良いです。

芸能人のような綺麗な歯を手に入れたい!

芸能人のような白い歯を手に入れたいと思う人は多いです。

しかし、芸能品はほとんどが人に見られる職業柄、特に歯に念入りにお金をかけています。

そのため、自宅やいつもの歯磨きなどでは芸能人のような白い歯になることは正直難しいです。

白い歯を手に入れたいなら、歯科医院で定期的にホワイトニングを行うか、歯の表面を削り、自分の歯をかたどって、その上にセラミックの型を付ける方法などがあります。

しかしこれらは、相当な金額が必要となるため、ただ歯を白くしたいだけでは金銭的に厳しいものがあります。

お金と時間に余裕のある人は、歯科医院で相談してみてください。芸能人のように白い歯を手に入れることは、絶対に不可能ではありません。

歯を白くしすぎると危険?

歯を白くするために、歯石や着色汚れなどを取ることは、歯茎などの影響などを考えると大切です。

しかし、何度も頻繁にホワイトニングなどを行い、歯を白くする治療を行いすぎると、知覚過敏になる恐れがあります。

また、歯を白くするホワイトニングは、歯専用の漂白液を使用して歯を漂白し、かつ歯を研磨して綺麗に白くします。

そのため、歯にかかるダメージが大きいことが問題となります。

そのため、歯を白くしたいという気持ちはあっても、歯がどれだけ白くなるかということは、個人差がありますので、やりすぎには注意してください。

まとめ

歯が白いと綺麗に見えますので女性は気になるかと思います。

歯が白く綺麗な状態であることはとても素晴らしいことですが、ホワイトニングもやりすぎると歯に異常が生じることもあります。

あくまでもホワイトニングなどは、人為的に歯に不用意に手を加えるということを忘れずに、歯を白くしたい人は、正しい歯磨きを行うようにしましょう。

スポンサーリンク