女性


鏡を見た時に歯が黄ばんでいたり、汚れが見えると、気になると思います。TVに出ているモデルや女優さんみたいな白い歯まではいかなくても、少しでも白い歯にしたいと思います。


ステインを除去することで、歯の汚れからくる黄ばみや黒ずみなどをなくし、本来の歯の色にすることができます。

けれどこれは、本来の歯よりも白くするための方法ではありません。

本来の色よりも白くするためには、少し金額はかかってしまいますが、歯科で行う本格的なホワイトニングをする必要があります。


この記事では、ステインを除去して本来の歯の色に戻す方法、さらにもっと白い歯を手にいれるための方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク


ステインとは

ステインというのは、黄ばみや汚れのことを言い、コーヒーなど色のついた飲み物や食べ物、ニコチンが長期に渡って歯に沈着し、着色されてしまうのです。


もちろん、それらを長期間摂取すると必ず沈着されるわけではなく、きちんと歯を磨くことで防ぐことができます。(煙草などは禁煙することも必要になってきます。)


色素が沈着しやすいものとしては、コーヒーの他にはココア、赤ワインなどもあります。

食べ物では緑黄色野菜、ニンニク、チョコレートなどです。


それらに含まれているカルシウムやニコチンなどが、唾液から作られるペクリルという物質と結びついてしまうことでステインができます。


ペクリルは、歯をツルツルにするエナメル質に膜を作って保護する役割があります。

このペクリルにカルシウムなどが結びついて、それが繰り返されると徐々にエナメル質に付着してしまい、黄ばみや黒ずみなどになります。

ステインに当てはまらない黄ばみとして、加齢によるものがありますので、加齢が原因の場合はステイン除去だけでは白くならない場合もあります。


汚れを落とすために、ゴシゴシと歯を擦ってしまう方もいると思うのですが、普通の歯磨き粉には研磨剤が入っているものが多いので、それによって歯の表面に傷がついてしまい、かえって汚れがつきやすくなってしまいます。


関連記事:黄色い歯を白くする方法はある?芸能人みたいにピカピカにしたい

白い歯を手に入れる方法4選!(+特選ベスト3!)


ホワイトニング作用のある歯磨き粉を使う

ステインを除去するには、ホワイトニング作用のある歯磨き粉を使うことです。

普通の歯磨きではステインの除去は難しく、前述の通り、かえって汚れのつきやすい歯になってしまうこともあります。

ホワイトニング作用のある歯磨き粉でステインを浮かせて取り除きます。

塩の入っている歯磨き粉を使う

江戸時代では歯は塩で磨いていたという話は有名だと思います。

塩には、タンニンと結びつく作用があります。お茶やワインなどでできた着色ではこちらを使ってみましょう。

歯の再石灰化を促す作用のある歯磨き粉を使う

歯を強く擦ってしまい、傷がついてしまったためにできた着色では、歯の再石灰化を促す歯磨き粉を使いましょう。

例としては、骨と同じ化学組成をもつハイドロキシアパタイトが入っている歯磨き粉などがあるので、それを使ってみるなどです。

マニキュアを塗る

歯に塗るマニキュアというものがあります。

どうしてもすぐに白くしたいという方はこちらを使ってみるのもいいでしょう。

爪のマニキュアとイメージ的には同じで、コーティングするものです。

汚れをとったり、着色した歯を綺麗にするわけではないので、あくまでも応急処置的な使用法に留めておきましょう。


ただ、使い慣れてないとムラが出たり、自然な白さにならなかったりするので、事前に練習しておくか、あとは歯医者さんにお願いするのが一番です。


また、市販のものだと、8時間くらいで取れてしまい、1日もたなかったりするものもあります。

歯医者さんで行うマニキュアをホワイトコートといい、これは1~3か月くらいもちます。ただ最大の欠点は、いつどのようにして剥がれるかがハッキリとは分からないことです。


特に市販のものは、食べている最中、飲み物を飲んでいる最中など自分では取れているかどうかが分からないのです。

メリットデメリットを加味した上で、使ってみるかを検討しなければいけない方法です。

スポンサーリンク


特選ベスト3!(順不同)

以上に挙げたものが自分でできる方法ですが、あくまでも元の色に戻すだけなので、それよりも白くしたい場合にはお金はかなりかかりますが、歯医者さんで行うホワイトニングを行うのが良いです。

オフィスホワイトニング

歯医者さんでやってもらう方法なので、一回で終わります。

早く白くしたい人に向いていますが、健康保険が使えないため、実費負担になります。

安くても数万円かかりますし、場合によっては10万円ほどかかる場合もあります。

更にこちらのデメリットは、白さが抜けるのが他のものよりも早いことです。

ホームホワイトニング

一度歯医者さんに行ってマウスピースを作ってもらい、何日かかけて家でその中にホワイトニング剤を入れていきます。

こちらはオフィスホワイトニングよりも少しは安く済みますが、時間がかかるのがデメリットです。

けれど、自分の望む色の歯に調節できるのと、オフィスホワイトニングよりも白さが長持ちします。

マウスピースの値段が病院によって違うようなので、よく確認しておいたほうがいいでしょう。

デュアルホワイトニング

こちらはオフィスホワイトニングを行ってから、補助的にホームホワイトニングを行う方法です。一週間後にメンテナンスのために再度受診します。


オフィスホワイトニングを行っているので、早く白くなりますし、ホームホワイトニングも行うので白くなった歯はオフィスホワイトニングよりも長持ちします。

けれど、費用はこの三つの中で一番高く、10万を超えることもあります。

まとめ

白い歯を手に入れる方法をいくつか挙げてみましたが、どうでしょうか?

自分に良さそうなものを選んで行ってみてください。


けれど一番気を付けなくてはならないのが、日ごろのメンテナンスです。歯医者さんで行うホワイトニングも、そんなにはもちません。

正しい方法で歯磨きを行うために、実際に一度くらいは歯医者さんで歯磨き指導を受けてみましょう。

正しく行われていないと、せっかくやっていることが無駄になってしまっていたり、逆に悪影響を及ぼしてしまっている可能性もあるのです。

歯磨き指導や歯石取りだけでも受診できます。もしかしたらこれが、今回の一番のお勧めかもしれません。

スポンサーリンク