トイレ


トイレには神様がいる…なんてよく聞きます。

実際に、トイレは神聖な場所としてとらえている人も多く、中には「トイレの中で考え事をする」なんて人もいるのではないでしょうか?

長時間は居座らなくても、汚れが気になるときれいにしたくなるのがトイレです。


ここでは、そんなトイレの床に黄ばみを発見したときに、綺麗に掃除して汚れを落とす方法をご紹介します。

トイレの床の黄ばみって何?

トイレの床に気が付いたらできている黄ばみは、基本的には便器に入らず飛んでしまった尿です。


男性は、立ったまま尿を足す人が多いので、どうしても尿が便器を跳ねてしまったりすることがあります。

そうなると、跳ねて飛んだ尿が床に付着し、気が付けば黄ばみとなってしまうのです。

床だけでなく、便器内でも、掃除を怠っていると黄ばんでしまうことがあります。

スポンサーリンク


トイレの床の黄ばみを取るには?

トイレの床の黄ばみを取るには、専用の洗剤を使用することがいいでしょう。

剥離剤と言われているものは、根本から汚れを剥がし取るため、頑固な汚れにもオススメです。


しかし、剥離剤は、非常に強力な液なので、床の素材によっては床自体を傷めてしまうことがあります。

持ち家ならまだしも賃貸物件の場合は、床を傷つけることはできません。そのため、床にも負担なく汚れを取りたいので少し掘り下げて見ていきます。

クッションフロアの場合

クッションフロアの場合、床の黄ばみを落とすことは非常に難しいです。

黄ばみ汚れが発生しないために、毎日綺麗に拭き掃除したり、トイレマットを使用することで回避(予防)することが一番です。


しかし、時すでに遅く、既にクッションフロアに黄ばみが付いてしまっている場合は、汚れたクッションフロアの上からさらに新しいクッションフロアを敷いてしまう方法があります。

少し足元の感覚が異なってしまう気にもなりますが、床を傷つけることなく綺麗にするなら、この方法が一番いいでしょう。


直接、汚れを落とす方法というのはどうしても難しいので、業者に頼むか、クッションフロアを張り替えるなどの方法がベストのようです。

フローリングやタイルの場合

フローリングやタイルの場合、重曹を水で薄めてスプレーボトルの中に入れ、吹きかけて使用することで、かなりの汚れ落ちが期待できそうです。


フローリングの場合は、木材が傷ついてしまう可能性があるので、できるだけゴシゴシと擦らないよう心がけましょう。


重曹なら、フローリングが色落ちすることが少ないので、賃貸物件でも気軽に使えます。

しかし、あまり多くの量を吹きかけたり、黄ばんでいないところまで重曹で掃除すると、傷ついてしまいフローリングが痛むのでその点は注意が必要です。


重曹を使用した後は、しっかり綺麗にふき取ることも忘れずに行いましょう。

スポンサーリンク


クエン酸を使用したトイレ掃除

クエン酸を使用したトイレ掃除は非常に有名です。

トイレの汚れは、なかなか頑固なもので、一度付着した汚れは簡単には取れません。

そこで登場するのがクエン酸です。


クエン酸を水で薄めて混ぜた液をトイレの黄ばみ部分に振りかけることで、気になる黄ばみが結構綺麗に取れそうです。


クエン酸は重曹と同様に人体に害を及ぼすことがないので、トイレなどの狭い空間でも安心して使用できます。


掃除の方法も簡単で、クエン酸をトイレットペーパーに吹きかけ、そのまま汚れの上に置いて10分程度置いておく→トイレットペーパーを取り、綺麗に床を拭けば、頑固な汚れも落ちるといった感じです。

トイレの床がタイルの場合

トイレの床がタイルの場合は、だれでも知っている「サンポール」が良いでしょう。

ずばり水回りの掃除にはサンポールですから、トイレでも問題なく使えます。


しかし、トイレは狭い空間ですからしっかり換気しましょう。


できれば、トイレのドアを開けっぱなしで掃除することが良いです。密室での使用は危険ですから避けましょう。


また掃除の際には、必ず手袋を使用し、直接素手では取り扱わないよう心がけましょう。

お酢を使った掃除

どの家庭にもある、お酢は非常に掃除に役立つアイテムです。


お酢を6割くらい水を4割くらいに薄めて、黄ばみを取るように拭くと綺麗に取れます。

お酢の臭いが苦手な人は、換気をしておけば、数時間もすれば臭いは綺麗に取れます。


関連記事:トイレの便器の黒い汚れはカビが原因?掃除の方法も紹介!

最後に

トイレの床の黄ばみ汚れは、一度見つけるととにかく気になります。

できれば尿を足すとき、座ってするのが理想ですが、面倒だと感じる男性も多いでしょう。

そんな時は、できれば毎日綺麗に床を拭いたり、気になる部分にはお酢のスプレーを振りかけてふき取っておくと、黄ばみ汚れが発生しにくくなりそうです。

スポンサーリンク