男女ともに傷付く言葉は共通している部分があります。

人は認めてもらいたい、好かれたいという感情を誰しもが持っているためそこを否定された傷付きます。

特に、プライドが高い男性だとその傾向は強いはずです。

しかし、何気ない一言というものは防げないもの。

言った本人は傷つけるつもりがいっさいないわけで、それを防げたらみんな穏やかな暮らしをしています。
 
その「何気ない一言」は受け止める側で認識が変わります。人によって様々ですし、男女でそれも変わってきます。
 
ここでは、男性が傷付くであろう何気ない一言をご紹介します。

スポンサーリンク


ストレートな表現はやはり傷付く

誰でもストレートな表現は傷付きますよね。

例えば「きもい」、「うざい」、「嫌い」など。

このような言葉はいくら冗談だとしても言われたら嫌ですよね。

その場は笑って過ごしていても心の奥底では気になっているものです。

それは男女ともに共通していると思います。

やはり言葉遣いには常に気を付けたいものです。

それでは男性に向けての何気ない一言で実は傷付き、自信喪失するような表現とはどのようなものなのかを具体的に見ていきます。

くさい

男性は臭いに対してかなり敏感です。

女性もだと思いますが、男性の中で女性は良い匂いがするものだと思っています。

だからこそ女性に臭いの指摘をされたらかなり気にします。

香水などをつけて良い香りを身にまとう努力はしますが、汗臭さなどはあまり消えないものです。

香水を付ける男性は自分の臭いについてかなり気にしている人です。

一生懸命努力しているのに冗談やノリで「なんかくさい」と言われたらかなり傷付きます。

男性に向けて臭いの指摘は控えましょう。

もちろん逆に「すごく良い匂いするね」と言ってあげたらこの世の全ての男性は嬉しいです!

つまらない

女性の中で良い男の条件の覧に常にランクインしているのが「面白い人」です。

男性は女性をリードしようと努力します。

それは男性の本能的なものです。男が女を引っ張っていくものだという古くから染みついた男性本能です。

したがって会話、その場の雰囲気など目に見えない部分で男性はどうにかその場を盛り上げようと努力します。

しかし、そんな時に「話がつまらない」、「つまらないから静かにしてて」と、冗談まじりで言ったら男性は少なからず傷付くでしょう。

すごく面白いと言われるだけで男性は嬉しいのです。

それなのに、ストレートにつまらないという表現がきたらショックです。

可愛い

意外かもしれませんが、可愛いも男性が傷つきやすい言葉の一つdす。

男としての認識を持ってほしい!と思っている男性からすると、男らしさに欠けると認識しやすい言葉です。

良くありがちなのが褒めてるつもりが、受けとる人はなんか嫌な気持ちになるということ。

可愛いというのはどこらへんがそう思うのかと男性は気になるものです。

ふとした笑顔、言動、考えなどいろいろとあると思います。

しかし、男性は「可愛い」と言われてものすごく嫌なわけではないんですが、時と場合によっては傷付く場合があります。

「可愛い」と「かっこいい」の境界線は女性には理解し難いものかもしれません。

しかし、男性の中ではそこがかなり重要なのです。

可愛いと言われるよりかっこいいと言われた方が何十、何百倍も嬉しいです。

可愛いと言われたら男性は男として認識してもらえてないのかと気になるものです。

それが好きな人からの一言であればもっと気になります。

「可愛いね」とはよく言われるが、「かっこいいね」とは言われたことがないと脈なしなのかと思ってしまいます。

キャラ的に愛されキャラで、可愛い感じの男性はいるでしょう。

しかし、そんな男性もやはりかっこいいと言われたいものです。

男性への一番の褒め言葉はかっこいいでうすからね。

可愛いと一緒に「すてき」、「男らしい」、「頼りになる」という言葉がちらほらでれば問題はないでしょう。

「可愛い」だけでは男性としての自信を失う恐れがあるので要注意です。

スポンサーリンク


他の男性との比較は絶対NG!

これは女性も一緒だと思います。

男性にとって一番比較してほしくなのは「感情」の部分です。

「あの人すごく面白い」、「あの人すごく頼りになる」など、他の男性の評価をしてしまうととても気になります。

自分と比較されての発言なのかと受け取る傾向が強いでしょう。

男性は顔に関しては意外となんとも思ってないものです。

「あの人かっこいい」と言っていても少なからずムッとはなると思いますが、別になんともないです。

男性はやはり守ってあげなきゃという本能が強いので、外見以外の部分での比較が一番傷付きます。

常に相手にとってナンバーワンでいたのです。

一番の理解者、頼りになれる人でいることによって男性は優越感を持ちます。

もし、好きな人が悩みを違う男性に相談していて、それを好きな男性に言ったら、その男性は頼りにされてないと認識し落ち込みます。

事柄によって相談できる人が変わってくるのは仕方ないですが、男性は常に頼りにされていたいので、そういう部分でいろいろと比較されたら自信喪失するでしょう。
 

まとめ

男心もかなり複雑なのです。

男性と女性とではやはり、思考の仕方が違うのです。

それを埋め合わせる作業こそが男女間の友情を深めることであり、恋愛へと発展するのです。

基本は男性も女性も相手を尊重し、思いやる気持ちをもって接すればなんの問題もないでしょう。

「何気ない一言」にはこれからも気を付けましょう!

スポンサーリンク