女性


外側に大きく張り出した太もも、何とかしたいとは思いませんか。

足の太さが際立ってしまうスキニージーンズやショートパンツを綺麗に着こなしたいと思っていても太ももが外側に太いせいで足が短く、不格好に見えてしまいます。

今回はそんな太ももの外側の悩みを抱えている人に朗報です。

人によって太ももの太り方はそれぞれ異なりますが、太もも全体や内側ではなく、外側に集中して太りやすくなってしまうのは一体どんな原因があるのでしょうか。

この記事では、太ももの外側が太くなってしまう原因や痩せ方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク


太ももの外側が太ってしまう原因

太ももの外側が太りやすくなる原因は実は「骨盤」と「股関節」にあります。

骨盤が後ろに傾いていたり股関節がねじれていたりすると、太ももの外側の筋肉が固まって内側の筋肉が衰えてしまい、自然と外側重心になります。


外側重心でいると両足が外側へ張り出してしまうだけでなく、太ももの外側の筋肉だけが必要以上に発達してしまうので硬く太くなるのです。

筋肉ではなく脂肪が付く場合もありますが、セルライトや老廃物と結びついて筋肉と間違えてしまうような硬い脂肪に変化していきます。


捻じれた足ではリンパの流れも滞りやすく、老廃物が溜まってむくみの原因になることもあるので食事制限や運動をしても思うように痩せなくなってしまいます。

また、外側重心の人はO脚や靴の外側の底が減りやすいなどといった特徴があります。


関連記事:痩せてるのに脚が太い?特に内太ももが気になる女性はどうする?

太ももの外側太りの解消法

姿勢の悪さによって関節の捻じれや骨盤の傾き、リンパ液の滞りで太くなってしまった外側の太ももは、食事制限や運動といった普通のダイエットだけでは痩せることができません。

いつまでたっても減ることのない太ももの外側についてしまったお肉を減らす方法は、次の4つのことがポイントになります。

内股改善で筋肉の緊張を緩める

女性に多いのですが、立つときや歩くときについつい足首を内側に捻じれさせて「内股」になっていませんか。

足を内側に捻じって歩いていると太ももの外側の筋肉にストレスがかかり、緊張して硬く膨らんでしまうことがあります。


また、立っているときや歩くときだけではなく、座るとき、寝るときも足を内側に捻じってしまうことはないでしょうか。

座るときに膝と膝をくっつけたり、寝るときに足のつま先が自然に外側へ向かずに上や内側に向いたりすることも足の筋肉の緊張を招きます。

習慣となっている「内股」を改善し、足の捻じれを正すことで凝り固まった足の筋肉の緊張を解いてあげましょう。

足の捻じれを解消するとともに、引き締まった太ももを手に入れられます。


関連記事:足首の細い女性が毎日やっている運動!簡単にできる方法!

硬くなった太ももの筋肉をほぐす

硬くなってしまった太ももの筋肉をほぐしてあげましょう。

張っている太ももの緊張がほぐれ、動きがスムーズになり引き締まった足になります。


必要な道具はテニスボールだけです。

テニスボールを床に置いたらその上に太ももを乗せるように寝転びます。

体重をひじにかけてひじで体を前後に動かし、床に置いたボールの上を太ももが沿うようにするだけです。

太ももの外側のセルライトにはマッサージ

太ももの外側に付いた脂肪がセルライトとなってしまったとき、無理に手や指でつまんだり力任せにマッサージしたりしていると内出血やあざになってしまいます。

専用のコロコロのマッサージの器具を使用するのも適度にセルライトを解してくれるため良いですが、一番効率の良いエステでのマッサージをおすすめします。

脂肪と筋肉がある太ももを効率よく痩せるためには付いてしまった余分な脂肪やセルライトをまずはプロの手で一度綺麗に解してもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク


太ももの外張りに効くリンパ流し

むくみの原因にもなるリンパの流れの滞りですが、ゆっくりとお風呂に浸かっているときやお風呂上がりの体が温まっているときにすると効果的な方法があります。


まず最初に膝裏をマッサージし、詰まったリンパ管をほぐします。

次に太ももの外側を膝上から足の付け根までを指の腹を使って揉み上げます。

このとき、内出血やあざができるほどの力は加えなくても良いので、じっくり硬くなった足を柔らかくほぐすイメージで揉み上げてください。

最後に、手をグーの形にしたら膝上から足の付け根まで老廃物やリンパ液を流すように押し当てます。


流す前に硬くなった足をじっくりしっかり柔らかくなるまでほぐしておくのがポイントです。

最初は硬かった太ももも、続けていくうちにどんどん柔らかくなっていきます。


関連記事:理想の脚の形は?細いだけでは綺麗とは言えない?

最後に

太ももの外側が太くなってしまうと正面から見た時に目立ちやすく、不格好になってしまいがちです。

ダイエットしているのに太ももの外側が痩せない、全体的に痩せているのに太ももの外側ばかり太ってしまう、という方もただの肥満ではなく歩き方や姿勢に問題があるのかもしれません。


捻じれた関節や傾いた骨盤がリンパの流れを悪くし、筋肉を緊張させて固まらせてしまい、太ももの外側を太りやすくしてしまっているのではないでしょうか。

食生活や運動を気遣うことはもちろんとても大切ですが、一度視点を変えてみて、整体などで正しい姿勢を教えてもらうのも良いでしょう。

歩き方や立ち方から真っすぐ美しく振舞うことを心がけましょう。


関連記事:横から見たら脚が太い原因は?簡単に細くする方法4つ!

スポンサーリンク