日焼け


「サンバーン」と聞いてピンとくる人はそういないですが、実はこれ、いわゆる「日焼け」のことです。

将来シミなどの肌トラブルの原因ともなってしまうサンバーン、日焼け止めを塗る以外にもできることがあればしっかりと予防しておきたいとは思いませんか。

そんな多くの悩める方々のために、この記事では気になる日焼け対策をお伝えしていきます。

サンバーンとは

サンバーン、そして日焼けとは、そもそも日光を浴び続けることで起こる紫外線(UV-B)による火傷です。

別名「日光皮膚炎」とも呼ばれ、皮膚が赤くなったりヒリヒリとした痛み、かゆみ、時には水膨れができたりします。

数日経つとサンバーンになった部分の皮膚がめくれ、症状が落ち着いてきます。


また、日焼けによる皮膚が褐色に変色する現象を「サンタンといい、これは日焼けした肌を守るために生成されたメラニンが真皮で色素沈着を起してしまうからです。

シミやそばかす、皮膚がんなどの原因にもなるため予防、対策をしっかりとしておきましょう。

スポンサーリンク


サンバーン予防

日差しのきつい日や暑い夏の時期は、サンバーンになりやすいので日頃から予防をしておきましょう。

日焼け止めを塗るだけでは安心できないという方にも必見です。

紫外線を受けにくい服装でサンバーン対策

そもそも肌に日光が当たらないのであればサンバーンにはなりません。

長時間外でいることが分かっている外出時にはUVカットの加工がされている服や肌の露出を控えた長袖、長ズボンや薄手の上着などがあれば心強いです。

帽子やストールで顔や首元の保護も忘れないようにしましょう。

屋内でも油断できないサンバーン対策

外出時には当然日焼け対策をする方も多いですが、屋内で過ごすときにも気を付けている方は少ないでしょう。

屋内や日影は屋外と比べて確かに紫外線の量は少ないですが、窓をすり抜けて入ってくる紫外線や地面や建物から反射するものもあります。


屋内にいる場合はUVカット効果のある遮光カーテンや紫外線を吸収する植物を置いたり、屋内や日影でも日焼け止めを塗ったりしてサンバーン対策をしておきましょう。


関連記事:うっかり日焼けした!紫外線ダメージを内側からのケアする!

食べて行うサンバーン対策

外から肌を守るだけではなく、内側からも紫外線によるダメージを和らげることができます。

肌の健康を保つために必要不可欠なビタミンA、ビタミンC、ビタミンEはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の分泌を抑えるほか、肌の老化の原因である酸化に対して抗酸化作用も期待できます。

毎日の食事やサプリメントなどでこれらのビタミンをとり、内側からサンバーンになりにくい体を作っていきましょう。

寝るだけ簡単サンバーン対策

睡眠は体の健康を維持する上で人間にとってとても重要な役割を持っていますが、お肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯があるくらい、肌にとっても大きな役割を担っています。

質の良い睡眠を毎日規則正しくとることで、肌のダメージを修復してくれる成長ホルモンの分泌が良好になります。

関係ないように思われる睡眠も、夜のうちに私たちの肌を守ってくれているのです。


関連記事:肌がきれいな人に多い共通点は睡眠!白雪姫みたいな美白の秘訣!

スポンサーリンク


もしもサンバーンになってしまったら

いくら気を付けて予防していても日に焼けてしまうことはあります。

そんなとき、日焼けした後のちょっとしたケアで肌のダメージを軽減させることができます。

日焼け直後にできる対処法を知って適切な応急処置ができるようにしましょう。

まず、サンバーンは皮膚が日光により火傷を負っている状態なのでなによりも冷やすことが大切です。

冷やし過ぎて低温やけどをしないように冷水で濡らしたタオルや、タオルに包んだ保冷剤で患部包んで冷やします。


また、サンバーンによって患部の皮膚は乾燥状態になっているため、低刺激のローションで保湿することも必要です。

刺激の強いものや肌に合っていない美容液などは、ヒリヒリと痛みだすこともあるので注意しましょう。


患部の皮がめくれてきたときも無理にめくらず、ローションでケアしながら自然に剥けるのを待ちます。


また、もし水膨れができてしまったときはサンバーンがかなり重症なときなので水膨れを潰してしまわない様に気を付けて、病院で診てもらうと良いでしょう。

無理に水膨れを潰して傷から細菌が入り込んでしまった場合、傷になったり跡が残ってしまうこともあるので大変です。


関連記事:美人に見える美肌を手に入れる!毎日続けられる習慣6つ!

まとめ

天気の良い日や暖かい季節はやはり外で元気に遊びたくなってしまいますが、無防備な肌を日光に晒してしまわないよう気を付けなければいけません。

今ここで紫外線対策をしておくかどうかで10年後、20年後の肌に差が出てきます。

遊んだ後に肌に深刻なダメージを残してしまわない様、しっかりと予防、アフターケアをしておきましょう。

スポンサーリンク



↓関連記事
美人に見える美肌を手に入れる!毎日続けられる習慣6つ!

夜だけの肌断食は効果ある?どれくらいの期間で綺麗になる?

肌がきれいな人に多い共通点は睡眠!白雪姫みたいな美白の秘訣!

肌のターンオーバーが乱れる原因3つ!こんな症状に注意!

あぶらとり紙はよくない?使いすぎるとテカテカになる?