掃除機


掃除機を使用している時、急に掃除機の吸引力が低下してしまった経験はありませんか?

故障に繋がるようなものは吸っていないのに、掃除機の吸引力が落ちてしまうと、掃除が思ったように働かず、イライラしてしまいます。

この記事では、そんな掃除機の低下した吸引力を回復させる方法をご紹介します。

スポンサーリンク


掃除機の吸引力が低下する原因は?

掃除機の吸引力が低下すると非常に困りますし、掃除途中に中断するのは少しイライラしてしまいます。

なぜ掃除機の吸引力が低下することがあるのでしょうか。

フィルターが汚れている

掃除機はサイクロン式であっても紙パック式であっても、別でフィルターがあります。

サイクロン式掃除機を使用している人は、ゴミが一杯になって捨てても、綺麗にフィルターまで掃除する人は意外と少ないかもしれません。


掃除機の中にある物自体、汚い認識を持っていますから、あえてフィルターを触って掃除する気にはなれそうにありません。

しかし、このフィルターには、私たちが想像している以上に小さなごみが付着しています。

こういうものが溜まっていくと、フィルターが詰まり始めてしまい、吸引力の低下につながります。

掃除機のホースに詰まりがある

掃除機のホースは案外もろいというのはご存知ですか?とても頑丈そうに見えるホースですが、つまようじの1本でも簡単に破れてしまいます。


大きくホースが破損してしまったらすぐに気が付きますが、小さな穴程度なら気が付かないこともあります。

気が付かないうちにホースが破損して、空気が漏れることで吸引力が低下してしまうことがあります。

掃除機の吸引口に何か詰まりがある

これは案外多いです。

輪ゴムやクリップ、ヘアピンや小さなおもちゃなど、掃除機で吸い込んでしまった経験がある人が多いでしょう。

このようなものが時折、吸引口に詰まってしまい、吸引力が低下することが多くあります。

スポンサーリンク


本体の寿命も原因の一つになる

掃除機自体が寿命を迎えてしまったことが原因で、吸引力が低下することは十分にあります。


掃除機はかなり長持ちすると思われがちですが、基本的に電化製品だけでなく形あるものはいつか必ず寿命が来ます。

掃除機の平均的な寿命は、7年程度と言われており、急に壊れることは少ないようです。

掃除機が壊れる前兆としては、使用中にいつもとは違う変な音がするようになったり、吸引力が低下して何をしても回復しない、回転ブラシが動かなくなったり、掃除機の使用中に急に止まる、などがあります。


このような場合は、吸引力の低下を考えるよりも、修理や買い替えも考える必要が出てきます。

掃除機の吸引力を回復させる方法は?

掃除機の吸引力が低下したとき、すぐにでも吸引力を回復させたいです。

掃除して人を迎え入れる前だったらなおさらです。

掃除機の吸引力が低下してしまった場合に、できる改善方法をご紹介します。

紙パックの交換またはゴミを捨てる

サイクロン式掃除機の場合、中身が見えるタイプのものが多いので、ゴミの捨て忘れは少ないでしょう。

しかし、紙パック式掃除機の場合、中身が見えないことが多いので、ゴミを捨てずにそのままにしてしまうことがあります。


気が付けば紙パック内はパンパンになっているのに、そのまま掃除機を使用しても吸引力が低下するので、定期的に必ず掃除機内のゴミを綺麗に捨てましょう。


紙パックは、もったいないから…と思いがちですが、ゴミが溜まりすぎてフィルターが詰まったりするともっと困るので、1か月に1回程度は紙パックを交換するように心がけましょう。

サイクロン式掃除機は、使用後に必ずゴミを捨てるよう心がけることが大切です。

フィルターの手入れ

掃除機のフィルターは、意外と詰まりやすいです。

そのため、不定期的にフィルターを取り外し、綺麗に掃除しましょう。

掃除機の取扱説明書をよく読んでから慎重にフィルターを取り外し、水洗いしましょう。

水洗い後は完全に乾くまで付けず、よく乾かしてから本体に付けましょう。

ホースや吸引口の手入れ

ホースの中は、食べ物のカスや髪の毛が多く詰まりっていることがあります。

手の届く範囲では手で取り除き、届かない場合は、先の丸い安全な棒などを入れて綺麗にしましょう。

吸引口は、慎重に鋏を使って取り除き、最後に柔らかい歯ブラシなどを使って綺麗にしましょう。

部品の交換または修理

それでも吸引力が低下している場合は、故障が考えられますので、購入した店に問い合わせるか、メーカーに問い合わせ修理依頼をしましょう。

保証期間が過ぎている場合は修理料金が発生することがありますから、そんな時は新しい掃除機の購入を考えてもいいでしょう。

最後に

掃除機は、吸引力があってこそのものです。

頻繁に吸引力が低下するとイライラしますので、掃除をする気にもなりません。

基本的にはフィルターなどをしっかり手入れすることで、吸引力の低下はある程度予防できますので、こまめにフィルターの掃除をすると良いです。

スポンサーリンク