女性


留学と聞くと、英語が話せるようになるのはもちろんのこと、社会人であれば職業にあったことを海外で学んでくるという目的があると思います。

しかし、話を聞いていたり、インターネットで留学について調べていたりするとどうも、留学が全て成功するというわけではなく、少なからず失敗してしまう例があるということに気づくと思います。

留学にはお金と時間をかけるので、できるだけ失敗したくないです。

そこでここでは、留学で失敗をしてしまう人の特徴について、成功する人との違いを見ていきます。

スポンサーリンク


留学先でも日本語の環境に長くいてしまう

これが原因で留学しても英語が話せないという失敗例が一番多いのではないでしょうか。

留学しているのにも関わらず、同じような日本人とばかり一緒にいると、英語はなかなか話せるようにはなりません。

簡単でわかりきっていることなのですが、なかなか難しいのが語学留学です。

周囲に日本人がいるという環境自体は悪いことではありません。

たまに、留学したら日本人とは話すなという人もいますが、それはコミュニケーションを拒否するということなので、とても不自然です。

同じ日本人であればなおさらです。

ですが、留学中は慣れない土地での生活や英語の実力がなかなか伸びないことに対する不安や悩みが多いので、英語を話す必要がない日本人同士の交流に逃げてしまいがちです。

同じ悩みを持つ日本人同士で行動しがちになるといった方がいいでしょうか。

そうなってしまうと、もはや留学に対するモチベーションがなくなってしまい、日本人と海外で一緒に過ごしたという思い出にしかなりません。

これを解決するには、その輪の中に外国人留学生を入れるという方法があります。

同じような不安や悩みを持っている外国人留学生を仲間に入れることで日本人の場合と同じような環境にはなりますが、使う言語は英語になるので上記のようなデメリットが軽減されます。

そして次第にネイティブとも話せるようになってくるでしょう。

留学自体に慣れて、怠けてしまう

今この記事を読んでいる方のほとんどは、これからの留学に向けて気持ちがかなり高く、やる気に満ちていると思われます。

実際、留学に行くと途中から海外での生活に慣れてしまいなんとなくでも生活が不自由なく送れるようになってしまうと、それまでのやる気がどこかへ行ってしまって英語の勉強を怠けるようになってしまいます。

特に長期間留学をする人は要注意です。

短期間であれば帰国が近づいてくるのに伴って気を引き締めることができますが1年や2年など長ければ長いほどダラダラと過ごしてしまいがちです。

もしだらけてきたなという風に感じたら、留学を考えた理由やここにきて何をしたかったのかというようなことを思い出すなどの自分なりのモチベーションアップを図りましょう。

スポンサーリンク


元々の英語力がなさすぎる

留学をするということである程度の英語は身についていると思われますが、実際に生活をしてみると、それでも全然十分ではないというケースが結構あります。

留学の目的にもよりますが、語学留学であれば日常会話ができるようになった程度で満足しているとネイティブとの少し踏み込んだ話はまだできない場合が多いです。

また、専門性の高いことを対象にした留学であれば日常的によく使う表現などをあまり知らなければ相手に気に入られることもできませんし、コミュニケーションにも影響が出てしまいます。

特に挨拶などは第1印象を決める大事なものなので、覚えておかなければいけないでしょう。


関連記事:日常英会話をお金をかけないでマスターする方法3選!

留学を旅行と勘違いしている

留学を考えている人の中には、目的がはっきりとせず、留学とはいうものの中身が旅行になってしまっている人というのが少なからずいます。

このパターンでは、「英語が話せる自分かっこいい」とか、「留学してる私すごい」という風にしか留学を捉えておらず、全く身を結ばないものになってしまっています。

そもそもの意識が違いますので、多少は英語ができるようになるかもしれませんが、留学をしていたと言えるレベルには到達せずに帰国します。

そして、留学先から帰国して、いざ、日本国内で外国人と話をしようとすると全く話せなくて落ち込んでしまうというのが典型的なパターンです。

この記事を読まれた方には、このようになってほしくないので、今一度留学をする本当の目的を明らかにして、留学中に達成するべき目標をいくつか掲げておくと良いでしょう。


関連記事:シングリッシュが意味不明!聞き取れないときの対処法5つ!

まとめ

留学というのは自分だけが大変なのではなく、資金を援助してくれる親や留学中にお世話になるホームステイ先もある程度の負担をしています。

ですので、留学に行くからにはあまり怠けることなく、本来の目的を忘れずに生活していくことが重要となってきます。

そのためには、時に自分に厳しくしていかなければいけないので、日本にいるうちから自分を律することに慣れておくと良いでしょう。

また、モチベーションを保つために自分なりの方法を考えておきたいです。

スポンサーリンク