体重計


いつ会っても「ダイエットしている」という人はいませんか。

いったいいつになればダイエットが終わるのか・・・とても疑問に感じます。

その人は、いつもダイエットを頑張っているようですが、一体そのダイエットに終わりがあるのか、心配にもなりそうです。

しかし、いつもダイエット中の人は、きっとダイエットに失敗していしまう原因ばかりを作っていて、ダイエットに成功しないのかもしれません。


そこでこの記事では、無理な食事制限や過度な運動などで挫折をしないで、少しずつでもダイエットができることを目的とした解説をしていきます。

即効性のあるダイエット法を知りたい方には参考にならない記事だと思いますが、何度もダイエットに失敗してい方は一度しっかりと読んでみて下さい。

ダイエットに失敗する原因は?

ダイエットに失敗する人に多く共通する点として「我慢しなければならない」とか「諦めてはいけない」という部分が強すぎる点にあります。

というのも、もし仮に我慢や諦めない意思が強ければ、何度もダイエットする必要はなく、そもそも太る前にセーブすることが出来ます。


またダイエットはとてもきつく修行のようなものだと捉えている人も、ダイエットに失敗する原因となります。

ダイエット自体は難しいものなのかもしれませんし、我慢もある程度必要なのかもしれません。

しかしその気持ちがあまりにも強すぎると、かえってストレスとなり間食が増えてしまったり、面倒になってダイエットをしなくなる・・・という状態になります。

スポンサーリンク


ダイエットに失敗する原因を排除しよう

体重を気にしない

体重を気にすることは、ダイエットには必要です。

しかしほんの100gの増減で一喜一憂しているようでは、ストレスになりやすく長期的なダイエットが難しいです。

人の身体は一日の内ある程度の体重変動は通常です。

例えば食事前に体重を測定して、食後に体重測定を行うと、当然食べたことにより体重は増えます。

具体的には1~2㎏の体重増減は、人間の身体上当然だと考え、体重の数字を気にしすぎないようにしましょう。

無理な運動をしない

ダイエット番組などを見ると、とても過酷な運動を行っている様子があります。

しかし実際に過酷な運動を行うことはできますか?

日常生活において、ストイックで過酷な、まるでどこかの軍隊の訓練のような運動は、かえってダイエットには逆効果です。


確かに過酷な運動によりダイエットは出来ますが、体を壊します。

時には入院しなければならないような状態に陥ってしまうことも十分に考えられます。

無理な運動よりも、毎日継続して出来る簡単な運動が良いでしょう。


関連記事:酵素不足で体重が増える?減少する原因と上手な摂取方法!

鏡を毎日見る

太っていると自分の体型に自信がない人が多く、全身が映る鏡を見ない人が多いです。

しかし、太っていると思っているなら特に意識して鏡を見るようにしましょう。

そして、鏡を見て、痩せた姿や理想の体型を思い浮かべましょう。


ここでNGなのは「あーどうしてこんな体型なんだろう・・・」とネガティブに考えることです。

ネガティブな気持ちはストレスとなりますので、「よし!頑張るぞ!目指せ、理想体型!」というようにポジティブに考えることが大切です。

食生活を大幅に変化させない

よくダイエットには「好きなケーキを食べない」とか「焼肉を止める」といったストイックな食事制限が見られます。

しかし好きな食べ物を我慢して手に入れた体型で、本当にその体系を維持し続けることが出来るでしょうか。


ダイエットに成功して好きなものを食べると、我慢していた分たくさん食べてしまいがちになります。

するとみるみる痩せた分が元に戻ってしまいます。いわゆる気が抜けてリバウンドした状態です。

こんなことが起こらないよう、ダイエット中も普段の食生活を大きく変化させないように注意しましょう。


今の食生活の一つを少し変えることがお勧めです。


例えば、牛肉を鶏のササミ肉に変更するとか、サーモンをイカに変更するなど、少しずつ食事内容を変更しましょう。


関連記事:ウエストを短期間で絞る方法と肉がつきやすい原因を解説!

目標設定は低めに

「三か月以内に10㎏の体重を落とす」とか「一日1500キロカロリー以上摂取しない」などというように目標が異常に高い人がいます。

これは、ダイエット挫折の大きな原因です。

目標は高い方が奮闘しますが、無理してしまうことが多くストレスが増え過食気味になったり睡眠不足などから体調を崩したり・・・いいことがあまりありません。


良いダイエットは、自分に出来る範囲の事を自分が出来るときに出来る分だけ行いながら、気が付けば理想体型・理想体重になっていた・・・ということです。

「とりあえず5㎏痩せてから後のことを考えよう」くらいに軽く目標を持つ方が、意外とダイエットには成功することが多いです。

スポンサーリンク


「ながら」方法を取り入れる

忙しい日常生活内に「ダイエットをする時間」を設けることは難しいです。

そのため、日常生活内でダイエットを取り入れてみましょう。


ダイエットに失敗する人には「夜の1時間は運動する」とか「朝起きてから30分歩く」などダイエットのために時間を設ける人が多いです。


これでは急な予定が入った時にダイエットのための時間が設けられないことにストレスを感じます。

また一日忘れると、その次の日からはしない、なんてことも多くあります。


例えば、出勤時に一駅手前で降りて歩くと、「朝起きて30分歩く」という時間が省けます。

夜洗濯しながら足を上げてみるとか、掃除のときにちょっと大げさに動いてみる、などのように「何かをしながらダイエットのための運動を取り入れる」ということは、とても自然に日常生活内にダイエットを取り入れることが出来て、継続しやすいです。

細かなルールを作らない

ダイエットにありがちな一日のスケジュールを細かく設定したり、特に禁止ルールを作るなどということは、ダイエットにはNGです。


細かなルールは、その分従わなければならないという義務が多く発生しますので、ストレスが多くかかります。

ルールなどを作らずに、気楽にのんびり自分のペースで取り組みましょう。


関連記事:ぽっちゃり女子は色気がある?男性ウケがいい理由は?

最後に

いかがでしたでしょうか。

ダイエットに失敗する原因は、多くありますが、これらの方法の逆を考えると、ダイエットするために目標を高く設定し、そのために無理な運動を行い、無理な食事制限をしていたり・・・ダイエットに失敗する原因は結局「自分にある」ということです。


やり方一つ、視点一つを変えることで、万年ダイエッターから簡単に卒業することが出来るのです。


関連記事:ストレスで痩せる人と太る人の違いは?タイプ別の対策は?

スポンサーリンク