女性


しっかり睡眠をとった翌日は、なんだか肌がきれいに感じたり化粧ノリがよく感じたりしませんか。

反対に、睡眠不足が続くと肌荒れを起こしたり化粧ノリがよくないと感じることもあります。

このことからも、睡眠と肌の関係は根深いものであると分かるかと思います。

この記事では、睡眠が肌に与える影響や睡眠で美肌を手に入れる方法をお伝えしていきます。

睡眠は肌だけではなく体の様々な部分に良い効果をもたらしてくれますので、じっくりと読み進めて下さい。

睡眠と肌の関係は?

睡眠中は、体の様々な部分を修復する作用があります。

よく寝ると元気になると言いますが、これはあながち間違いではなく、睡眠によって健康状態が左右されることが多くあります。


肌の状態も同様に、質の高い睡眠により肌が綺麗になったり、睡眠不足だと肌荒れしたり…というように、睡眠の影響はとても大きいです。

スポンサーリンク


睡眠中に何が起こっているの?

睡眠中に人間の体には何が起こっているのでしょうか?

肌に関していえば、睡眠中に、肌にある細胞が新しく生まれ変わっていきます。

いわゆる成長ホルモンの影響により肌の奥底にある細胞がどんどん生まれ変わり、新しく綺麗な肌を維持しようとします。

この一連の流れがいわゆる肌のターンオーバーと呼ばれたりします。

肌のターンオーバーと睡眠

肌をきちんとターンオーバーさせるには、成長ホルモンが欠かせません。

しかし、この成長ホルモンは睡眠中は必ず分泌されるわけではありません。

また、睡眠中でもずっと分泌され続けているわけではありません。


そのため、睡眠をとったからといって、必ず成長ホルモンが分泌され肌のターンオーバーが行われるわけではないのです。


関連記事:オイリー肌は水分と油分のバランスが原因!改善する方法は?

睡眠と成長ホルモン

成長ホルモンは、睡眠時でも特に眠りが深いときにのみ分泌されます。

人は寝入ってから、約3時間後に深い眠りに入ると言われています。

この3時間以内に何か外部からの刺激があったり、何か眠りの妨げになるようなことがあれば、深い眠りに入る前に睡眠が妨害され覚醒してしまうことがあります。

そのため、この深い眠りに入るまでが重要と言えます。

よく「22時から深夜2時までが肌のゴールデンタイム」と言われますが、実はこのようなことはなく、寝入ってから3時間しっかり眠ることが出来れば、成長ホルモンはしっかり分泌されるため、眠る時間などはあまり問題ありません。

スポンサーリンク


睡眠と美肌の関係は?

つまり睡眠をしっかりとっている人は、美肌になるということは、間違いではありません。

しかし、単に睡眠をとっていても意味はなく、しっかり深い眠りに入ることが大切です。

そして、成長ホルモンがしっかり分泌できるような睡眠環境を整えてあげることが重要です。

また睡眠は、体の様々な部分の不調を整える作用がありますので、特に便秘気味の人や下痢が続いているなど、腸内環境が良くない人はしっかり睡眠を意識しましょう。

睡眠には成長ホルモンが期待でき、腸内環境が良くなれば肌の調子もよくなります。


関連記事:すぐに顔が真っ赤になるのが恥ずかしい?女性なら可愛いけど…

腸内環境と肌の関係

腸内環境と肌は、あまり接点がないように感じますが、実は特に密接に関わっているのです。

特に腸内環境が悪く便秘気味の場合は、便が出にくいです。

便は有害物質を発生させます。

便がしっかり出る場合は、この有害な物質が出る前に体外へ排出されるために問題ありませんが、便が腸内に残っているままになっていると、便が発生させた有害物質を腸が吸収してしまいます。

腸が吸収した有害物質は、腸からどんどん身体の中を隅々まで巡ります。

こうなると、老廃物などは肌へと押されていき、肌にデキモノが出来たり肌が荒れたりしてしまいます。

腸内環境と美肌がどう睡眠と関係あるの?

睡眠不足だった場合、成長ホルモンが正常に分泌されないだけでなく、腸内環境が悪化するため、便秘になってしまう可能性があります。

すると、便秘になって腸内環境が悪化したことにより、身体の老廃物が正常に体外へ排出されずに肌荒れを引き起こします。


つまり、しっかりと睡眠をとっていることが出来れば、成長ホルモンの分泌が正常に行われます。

睡眠をとっていることにより身体機能も低下することはないため、腸内環境が悪化しにくくなります。

すると便がきちんと出るために身体の老廃物もしっかり排出されます。正常に腸内が活動することで肌荒れが起こりにくくなるというわけです。

腸内環境の整え方

腸内環境を整えるためには、しっかり睡眠をとり、身体に必要な休息をとることです。

そのうえで、一日三食をしっかり食べて、特に水分はしっかりとりましょう。


水分不足も便秘の原因となりますので要注意です。

そして、乳製品などを積極的に摂取することで、乳酸菌を増やし、腸内活動の手助けを行いましょう。


乳酸菌は、腸内環境を整える役割があり、またストレス解消にもある程度効果が期待できるものですので、特に積極的な摂取が望ましいです。


次に生活リズムを出来るだけ整えましょう。

睡眠時間は深い眠りに入るまでの3時間以上は必ず確保し、起床時間も一定にするように心掛けることが大切です。


便を出す時間を決めることで、便秘になりにくい体を手に入れることが出来ます。

ストレスなどで腸内環境が悪くなることが大いに考えられますので、出来るだけストレスは溜め込まないように発散することが大切です。


関連記事:美人に見える美肌を手に入れる!毎日続けられる習慣6つ!

まとめ

肌がきれいな人は、寝入ってから3時間後の成長ホルモン分泌までの時間をしっかり確保し、かつ、睡眠時間内に身体の回復をしっかり行うために腸内環境も整っています。

仮にどうしても長い時間の睡眠が確保できなくても大丈夫です。


成長ホルモンの分泌が行えるような睡眠時間(3時間)をしっかり守るようにすれば、深い眠りの後の浅い眠りの時に起きても、睡眠時間は約4時間半は確保できているということになります(睡眠のサイクルが90分で計算した場合)。


6時間眠ることが正しいとか、8時間眠らなければならないと言いますが、自分に合った睡眠時間さえきっちりと確保できていれば、短時間睡眠でも美肌を手に入れたり、整った腸内環境を手に入れることは十分可能ですので忙しい人でも質の高い睡眠時間を確保しましょう。

スポンサーリンク



↓関連記事
あぶらとり紙はよくない?使いすぎるとテカテカになる?

顔が急に老けた?急激な劣化を食い止めて回復させる方法!

洗顔後にピリピリするのはなぜ?ゴシゴシ洗いすぎる人要注意!

顔がテカテカする!油っぽいTゾーンを何とかしたい時どうする?

デコルテのしわが深くてネックレスみたいに見える!予防方法は?