女性


近年、東南アジア諸国は目覚しい成長を遂げていてシンガポールに赴任するという方も少なくないでしょう。

シンガポールの公用語は、英語と中国語ですか、少し調べてみるとコミュニケーションが難しいという意見が多く見られます。

シンガポールの英語はシングリッシュと言われ、普段生活をする上でお店の人や町の人々と会話をする時には、悩みの種になります。

そこでここでは、シングリッシュを聞き取るもしくは聞き取れない時の対処法について紹介していきたいと思います。

語尾に「ラー」「ロー」を付けまくる

シンガポールでは英語と中国語が公用語になっています。そのため、両者が合わさったような言葉を耳にすることがとても多いです。

その代表的なものが語尾につく「ラー(lah)」や「ロー(loh)」で、これは中国語で「~だよ」、というような強調表現が由来になっています。

ですので、英語としての意味はほとんどなく、これに惑わされるとシングリッシュがよくわからないとなってしまう原因になってしまいます。

スポンサーリンク


語尾に「マ?」「メ?」を付ける

最近の日本の若者言葉のように見えますが、シンガポールでは語尾に「マ?」「メ?」を付けることで疑問形を表現しています。

これだけでも外国人にとってはわかりづらいのに、シングリッシュでは疑問文なのにも関わらず普通の文章の語順になっていたり、過去形や未来形といった時制についてもあまり気にされていません。

didやwillをつけていなくても雰囲気で感じ取って!といったところでしょうか。

コミュニケーションをするのに、本当に必要最低限な単語だけが選ばれて、話されているように感じます。

アメリカやイギリスの英語のように疑問形の言葉がはじめに出てきませんし、語順も普通の分と一緒なので、シングリッシュ特有の疑問文を聞き取る時には、日本語の「~だよね?」という風な聞き方をされていると考えておくといいかもしれません。


関連記事:英会話の勉強で効率的な順番は?リスニングが先か文法が先か?

とにかく省略

シングリッシュで特徴的なのはとにかく省略するということです。

「レシートは要らないです」という時であれば「No need.」と言ったり、「どこに行こうか」という時なら「So where?」と言ったり、といった感じです。

どちらの表現も普通の英語であれば4~5語程度の文章になるはずですが、シングリッシュではたったの2語で済まされてしまいます。

特に5W1Hに代表される疑問詞より後の文章は会話の流れであったり、話している内容の雰囲気で伝わるので省略されることが多いです。

この表現に慣れるためには、英語を勉強し始めて間もない頃に、豊富ではない語彙で頑張って外国人と会話しようとした時のことを思い出すとよいでしょう。

つまり、少ない単語で自分が思っていることを相手に伝えようとしているのと同じようにして話されていると考えることで、相手が話している言葉に込められた意味を感じ取ることができるようになるでしょう。

OKであればとにかく「Can」

シングリッシュではOKの意味であれば、とにかくCanで返事をすることが多いです。

街を歩いていると、あちこちで犬が吠えているのかと思うくらいCanという単語を耳にするでしょう。

ペンを使ってよければ、Canだし、お店で服を試着していい場合もCanになります。

「もちろん」という表現もCanにとって代わられます。

逆に質問をする側が「ペンを使っていいですか」と聞いたり「試着をしていいですか」という時にCanと言ったりしても通じます。

お店でいい大人がキャンキャン言い合っている光景は始めのうちは面白い風に見えるかもしれません。

OKやSure、availableなどはCanで伝わると考えておいてよいでしょう。

スポンサーリンク


わからなかったら必ず聞き返す

これは特に日本人であれば気をつけなければいけないことのように思います。

日本人同士で会話をしていると、たとえ相手の言っていたことが聞き取れなかったり、内容がわからなかったりしても、相手に聞き返すと失礼だというように思って、話している内容の理解が進んでいないままに会話をしてしまうということがあります。

しかし、この行為はシンガポールにおいては、コミュニケーションを取る気がないと思われてしまい、逆に相手には失礼になるようです。

シングリッシュはイギリス人やアメリカ人でも聞き取れないことが多いですし、シンガポール国内には中国系やマレー系、インド系といった様々な人種の人たちがいて、それぞれの英語はイントネーションが全く異なりいわば方言のようになっています。

ですのでシンガポール人同士であっても、相手が言ったことがわからなければ聞き返すことは日常的にあることです。

相手が言ったことがわからなければ、必ず納得のいくまで何回も聞き返すようにしましょう。


関連記事:日常英会話をお金をかけないでマスターする方法3選!

まとめ

シングリッシュは慣れるまで大変ですが、今回紹介した五つのことに注意をすると、コミュニケーションは以前よりも格段に円滑に進むようになると思います。

スポンサーリンク