女性


脱毛や除毛など、お手入れの欠かせない「脇」。

暖かい季節には薄手になるので人の目に入ることもあるため、お出かけ前には特に念入りにチェックする方も多いかと思います。

そんな時にふと自分の脇の黒ずみが気になったことはないでしょうか。

黒ずんだ脇は恥ずかしくて人には見せられません。大切な時に失敗してしまわないためにも、今からしておくべき脇のケア方法を紹介します。

スポンサーリンク


脇の黒ずみの原因

脇が黒ずんでしまう原因として考えられるのは主に「メラニン色素の沈着」「古い角質や皮脂による毛穴の詰まり」の二つです。

滅多に日焼けすることのない脇に、どうしてメラニン色素が沈着してしまうかというと、摩擦が深く関係しています。


元々脇の部分の皮膚は他の皮膚に比べて薄く、太い毛が生えやすい部分になっています。

ムダ毛の処理も頻繁に行うこともあり、カミソリなどから受ける刺激もメラニン色素の沈着を促してしまうことがあります。

綺麗にするつもりでしていた毛の処理が、脇を黒ずませる原因になっていたとも考えられるのです。

そして脇は汗をかきやすく、衣服に覆われていることが多いので皮脂や古い角質などの汚れが溜まりやすい部分でもあります。


制汗剤やケア用品を脇に使用される方も多いですが、しっかり洗い流せていないと汚れとなって脇を黒くしてしまうのです。

このように刺激しても放置していても黒ずんでしまうため、正しいケア方法を知っておかなければ中々この黒ずみは消えてくれないでしょう。


関連記事:女子で膝が黒い原因は?保育士さんなどの職業でなりやすい?

脇の黒ずみ解消に秘密のケア方法

今すぐ消したい脇の黒ずみに、とっておきの方法をいくつかご紹介します。

クレンジングで毛穴を綺麗に

主に顔に使用するクレンジング、脇に使用したことがある方はいるでしょうか。

毛穴の黒ずみが目立ち脇が黒くなっている場合はオイルタイプのクレンジングで毛穴の汚れや皮脂、古い角質を一斉に綺麗にしてしまいましょう。

クレンジングオイルを使用するときは、まず脇を綺麗なタオルで拭いておきましょう。

最後は汚れやクレンジングオイルを洗い残しておかないよう、ぬるま湯でしっかり洗い流します。

たまにするスクラブで古い角質とさよならする

角質と言えばスクラブです。

つぶつぶが肌に付いている古い角質を少しずつ削ってくれます。


ただし、続けて使用するとデリケートな脇には強すぎる刺激で新たな黒ずみの原因ともなりかねないので注意が必要です。

ある程度間隔を空け、使用の際には強く擦り過ぎないよう気を付けておきましょう。


関連記事:二の腕の肌荒れを解消する方法!小さい赤いブツブツの原因!

正しいムダ毛の処理を行う

自己判断で間違った毛の処理を行っている人は、実は結構います。

カミソリや毛抜きでムダ毛の処理を続けていると、黒ずみだけでなく埋没毛の原因にもなりかねません。

毛の処理のおすすめとして一番は、サロンなどで専門の知識のある人の手によって脱毛するのが良いでしょう。


ただし、費用が掛かるためなんとか自宅で済ませたいと考えている人には皮膚に刺激を与えにくい電気シェーバーがおすすめです。


関連記事:カミソリ負けでヒリヒリする女性必見!原因と簡単な治し方!

脇もしっかりスキンケア

脇のデリケートな皮膚にはスキンケアが欠かせませんが、意識して毎日行っている人は中々いないのではないでしょうか。


乾燥や衣服の摩擦によって肌にダメージが蓄積されると、正常なターンオーバーが行われなくなってしまい古い角質が溜まりやすくなります。

特に毛の処理を行った後は肌が乾燥しやすく、またダメージも負っているのでいつもより念入りに化粧水などで保湿をしておきましょう。

最後に冷やしたタオルなどで毛穴を引き締めておくとより効果的です。

スポンサーリンク


失敗したくない日の隠し方

どうしても気になる脇の黒ずみ、出かける直前などにどうにかしたいと思ったときはウォータープルーフのファンデーションなどで一時的に隠してしまうのも一つの手です。


非常に汗をかきやすい場所のため、通常のファンデーションだとすぐに崩れてしまって衣服を汚してしまうこともあるので注意が必要です。

もちろん、帰宅した際には汚れと化粧をきちんとクレンジングで洗い残しがないようオフしましょう。


関連記事:埋もれ毛の放置はNG?できる原因や治し方も気になる!

最後に

薄着になる夏はもちろん、服に隠れて蒸れやすい冬にも脇のお手入れは欠かさず行わなければいけません。

普段は人目につかない場所だからと言って油断していると、大切な時に黒ずんだ脇を人目に晒してしまうことになりかねません。


今回紹介した方法は即効でできるものもありますが、間違ったケア方法を続けていては意味がありません。

正しいケアの方法で、いつ、誰に見られても心配のない美しい脇に大変身しちゃいましょう。

スポンサーリンク