爪


本当はマニキュアやジェルでネイルを楽しみたいけれど、職場で禁止されてるから短い爪のままでつまらない…という女性は多いです。


そんな短い自爪でもきちんとお手入れすれば綺麗な指先を演出できるんです!


この記事では、爪を伸ばせない人でも爪を綺麗に見せる方法についてご紹介していきたいと思います。

爪のケアの基本

爪を綺麗に見せるためには、トラブルのない爪を保つことがとても大切です。

普段使っているハンドクリームを指先までしっかり塗って、爪の乾燥を防ぎましょう。


爪だけでなく、爪を支える爪の周りの皮膚にもしっかり塗り込むと良いでしょう。

特に爪の乾燥が気になる場合は、爪専用のオイル(キューティクルオイル)やネイルエッセンスを使用するのもおすすめです。

スポンサーリンク


爪を綺麗に見せる方法

次に、爪を綺麗に見せる方法についてご紹介していきたいと思います。

爪の形を整える

まずは爪の形を丁寧に整えましょう。

爪が柔らかくなるお風呂あがりに行うのがおすすめです。


爪切りを使って、爪の端から数回に分けて爪を切っていきます。

爪の中央部分から切り始めると、爪が割れてしまうことがあるので避けるようにしてください。


爪切りで切ったあとは爪やすりで整えましょう。

爪を傷めてしまいますので、やすりは必ず一方向からのみかけるように注意してください。

甘皮を処理する

次に甘皮をしっかり処理していきます。

まずはボウルにぬるま湯を用意し、指の先端をしばらく浸けて、甘皮をふやかして処理しやすくしていきます。


甘皮がふやけたら、ウッドスティックで甘皮を押し上げて除去していきましょう。

ウッドスティックは鉛筆を持つように持ち、滑らせるようにすると上手に除去することができます。

この時、上手く除去できないからといって爪にウッドスティックを強く押し付けすぎて、爪を傷めないように注意してください。


関連記事:甘皮のケアをさぼると爪が汚くなる!自宅でできる方法!

ネイルサロンで定期的にケアする

ネイルサロンで定期的に自爪をケアしてあげると、より美しい爪を保つことができるのでおすすめです。

自分ではケアしきれていない部分も、プロの施術で補うことができます。

また、プロのやり方をよく観察して、日ごろのケアの参考にするのも良いでしょう。

スポンサーリンク


よくある爪トラブル対処法

よくある爪のトラブルに対処法についてもご紹介していきたいと思います。

ささくれ

ささくれは乾燥や、甘皮処理のしすぎによって起こりやすくなります。

キューティクルオイルで念入りにケアしたり、甘皮処理が間違っていないかよく確認するようにしてささくれが出来ないように気を配りましょう。


できてしまったささくれは、まずハサミでカットしてしまいましょう。

眉毛用のハサミやネイル専用のキューティクルニッパーの使用がおすすめです。

切ったあとは、雑菌が入らないように液体絆創膏などで保護してあげましょう。

二枚爪

二枚爪は、爪がもろくなっていることにより、三層からなる爪の一番上の層が剥れてしまっている状態です。


マニキュアを頻繁に塗ったり落としたりする方は、除光液によって爪が乾燥し、二枚爪を起こしやすくなりますので注意が必要です。

二枚爪の状態は、爪が非常に弱いので、衝撃が加わらないように気を付けましょう。


できてしまった二枚爪は、爪切りではなく、やすりで慎重に削って処理しましょう。

ささくれのケアと同様に、キューティクルオイルで念入りにケアしてあげると良いでしょう。


関連記事:ネイルができない仕事(職場)でも爪を綺麗に見せる裏ワザ!

最後に

美しい爪作りのためには日ごろの食事も重要です。

ささくれ予防にはビタミンCが豊富な柑橘類やトマト、ピーマンを摂取すると良いでしょう。


また、丈夫な爪作りには、たんぱく質が豊富な肉類や魚介類、卵、乳製品、ビタミンB群が豊富な豚肉やレバー、大豆が欠かせません。

バランスよく、きちんと摂取すると良いでしょう。


さらに、爪のツヤにはビタミンEが関係しています。

ビタミンEが豊富なアーモンドやアボカド、ほうれんそうも積極的に摂取するのがおすすめです。

毎日の食事に、これらの食品を上手に取り入れることで、ネイルをしていなくても十分に美しい自爪を作りあげることが可能です。

綺麗な指先を手に入れて、気分を上げていきましょう。


関連記事:爪が小さい原因は?実は短く切り過ぎてるだけかも!

スポンサーリンク