ネイル


爪を綺麗に伸ばしてネイルしたいと思う女性は多いです。

仕事柄、爪を伸ばすことが出来ない人もいますが、オシャレをしたいとき、爪を長く伸ばして綺麗にしたいです。

しかし、ただ爪を伸ばせば綺麗になるわけではなく、やはり綺麗にするために爪のケアが必要です。

中には、深爪のため、綺麗に爪を伸ばせず困っている人もいます。

この記事では、綺麗に爪を伸ばすコツと、深爪にならない方法をご紹介します。

深爪とは?

爪を伸ばしたくても仕事柄爪を伸ばせない人もいれば、深爪で綺麗に爪を伸ばすことが出来ないために爪を短くしている人もいます。

そもそも深爪とはいったいどのような状態をいうのでしょうか?まずは深爪について確認しましょう。


深爪とは、爪を指先の皮膚が見える程度まで爪を短く切ってしまったり、爪の下にある皮膚が見えるほど爪が短い状態を言います。

スポンサーリンク


深爪の原因は?

爪を噛む癖がある

時々、爪を噛む人がいます。これは一種の癖であると考えられます。

意識的に爪を噛んでしまう人もいますし、無意識のうちに爪を噛んでいる人もいます。


意識的に爪を噛む人は、単に「爪を噛む」という行為が癖として身に沁みついてしまっている可能性がありますが、意識して爪を噛まないようにすることが出来ますが、無意識のうちに爪を噛んでしまう人は、ストレスが関係していると考えられます。


爪を噛む行為で、ストレスにより感じている緊張状態を緩和させようとしてることが多いです。

爪を噛んでいる人は、ストレスを感じやすい人であったり、内向的な人が多かったりします。

爪を短く切ってしまう

爪を短く切ってしまう人も、深爪になりやすいです。

特に仕事柄、爪を伸ばすことが出来ない人はこのパターンが非常に多いです。

飲食業や医療福祉職、その他爪を伸ばすことが業務に悪影響を及ぼすような仕事をしている人は、爪を伸ばすことがあまりできません。


また中には、爪を伸ばすことは出来るけれど、爪を伸ばすことで妙に気持ちが悪く感じる人もいるようです。

綺麗好きで潔癖症気味の人などは、少しでも爪や爪と皮膚の間が汚れることが嫌なので、爪の汚れを気にしないように初めから爪を短く切りそろえる人もいます。

しかし、爪を短く切ってしまう人の中にも、綺麗に爪を伸ばすことが出来たら、ネイルをしたいと思っている人は多くいます。


関連記事:ネイルができない仕事(職場)でも爪を綺麗に見せる裏ワザ!

スポンサーリンク


爪を綺麗にするためには?

深爪の人は、多くが爪の形が良くない状態であったり、爪のケア方法が分からないために、爪がガタガタになってしまう場合が多いです。

しかし、爪を綺麗にする方法を知っていれば、綺麗に爪を伸ばすことが出来ます。

爪の切り方

爪の切り方一つで、爪を綺麗に伸ばすことができます。

爪を切る時、何も考えずにバチンバチンとただ切るだけなら、爪が伸びてきたときに形が綺麗ではありません。

そのため、爪が伸びてきたとき、爪が引っかかって割れてしまうことがあったり、伸びた爪で怪我をすることもあります。


爪は、指先の形に合わせて丸く切りがちですが、爪を綺麗に伸ばしたい場合は、爪を四角くなるように切ることがポイントです。


爪の先は、平になるように切り、爪の両角は、引っかからない程度に軽く削る程度でいいです。

丸く爪を切るよりも四角く爪を切る方が、爪が伸びてきたときに、綺麗に見えます。

また、爪が伸びてきて、新たに爪を切る時、丸く切っていると爪の形が良くないため、またそのまま丸く切りそうですが、爪が四角い場合は、不要な部分の爪のみを切ることで、綺麗な爪を維持することが出来ます。


長さとしては、適度に爪を残し「もうちょっと切った方がいいかな?」と思う程度が一番いい状態です。

爪を噛む癖を止める

爪を噛む癖がある人は、爪を噛む癖を止める努力をしましょう。

とはいっても、癖ですので気が付けば爪を噛んでしまうものです。

そのため、マニュキアを塗ってみたり、時には指先にテーピングを巻いて爪を噛むことが出来ないような状況を作ることで、爪を噛む習慣を絶つことが出来ます。


癖を治すには、努力と我慢が必要です。

また癖が治らないうちは、ストレスが溜まりそうですが、綺麗な爪になってくると、自然と爪を噛む癖もなくなりそうです。


関連記事:爪の甘皮が汚い原因!なぜ甘皮ができるのかも気になる!

爪を保護する

爪や指先を保護することで、爪が伸びてきたときに、爪が簡単に割れてしまったり、爪の形が悪いことを防ぐことが出来ます。

爪を保護するというのは、イメージが付きにくいですが、常に爪を清潔に保ち、爪や指先に菌が付着して炎症を起こさないようにしましょう。

爪の保護方法

爪を保護するためには、ネイルサロンへ行くといろいろな方法を教えてくれたり、時には保護するための液を紹介してくれたりします。


しかし、ネイルサロンは費用的にも大変そうだし敷居が高い気もします。ネイルサロンに行く前に自分でできる方法が無いかと考えるのは当然のことです。


自分で爪の保護をするには、爪を補強します。

爪の補強方法は、まず爪にベースとなるマニュキアを塗ります。

ベースが完全に乾いたら、その上からトップコートと呼ばれる、透明のマニュキアを塗ります。

ベースのマニュキアだけだったら、気付かぬうちにベースが剥げてしまって余計に汚く見えることもあるため、ベースがはがれないように上からトップコートで保護するイメージです。

ある程度爪が伸びてきたら、余分な爪だけを切り、爪を綺麗に整えます。そして、指先を清潔にし、根気よく爪を伸ばしましょう。


爪を綺麗に整えたら、爪先が乾燥しないように、しっかりハンドクリームなどを使用して爪や指先を保湿しましょう。

爪が乾燥すると、爪が割れてしまう原因となりますので、しっかり保湿を行い、爪や指先が乾燥しないように心掛けることが大切です。


爪を作る栄養素を摂取する

爪が綺麗に伸びるためには、爪に必要な栄養素が必要です。

爪は健康のバロメーターと言われるほどに、爪と栄養は密接に関係しています。

そのため、栄養が偏った食事だったり、爪に必要な栄養を摂取していなければ、爪は簡単に割れてしまったり、爪が綺麗に伸ばせなくなります。


爪に必要な栄養素は、タンパク質です。

動物性たんぱく質は爪に弾力が出て、植物性たんぱく質は爪が割れたり傷ついたりしないように丈夫にします。

特にこの二つは積極的に摂取したいです。

そして、カルシウムやミネラルなども、爪を作るために必要な栄養素ですので、出来るだけ摂取したいです。

栄養バランスの整った食事は身体を健康にします。

身体が健康になれば、爪は自然と綺麗になります。まさに「爪は健康のバロメーター」ということです。


関連記事:短い爪の整え方!ネイル無しでも綺麗に見える方法!

まとめ

爪を綺麗に見せるコツは、ずばり正しいケアと正しい爪切り方法、そして栄養の摂取です。

簡単なことですが、意外とできていないものです。

忙しいからと疎かにしていたケアや食事が、こんなところで爪に影響するとは夢にも思いませんが、爪はそれだけ繊細な部分なのです。


爪を綺麗にしたいという気持ちで、規則正しい生活とバランスの良い食事を行うことにより、自健康的になり、爪も綺麗になるのですから、一石二鳥です。

爪は、オシャレの第一歩です。綺麗な爪を目指して、頑張りましょう。

スポンサーリンク