七五三


子供の成長をお祝いする行事の一つに七五三があります。

これは、男の子の場合と女の子の場合と、それぞれ七五三を行う時期が異なります。

例えば、姉がいて、姉の時と同じ年齢で弟の七五三をする…というわけではありません。

男女で年齢時期が異なるのです。

この記事ではは、男の子の七五三について、ご紹介します。

スポンサーリンク


七五三って何?どうして男女で違うの?

七五三は、3歳、5歳、7歳の時にそれぞれ、子供の成長を喜びお祝いする行事を言います。

日本では昔、子供が成長する前に亡くなってしまうことが多く、子供が年を重ねて成長することは何よりの喜びでした。

子供が亡くならず元気に生きていけるように!という願いを込めて儀式のようなものが行われ始めたのが由来と言われています。

主に公家や武家など、上流社会で行われていた儀式が一般化したようです。

 
現在でも七五三の文化は非常に根強く残っています。

もともとは子供が亡くならないように願うための儀式が、今では成長を喜ぶ儀式になっています。

基本的には、子供が着物や袴を着てフォトスタジオで記念撮影を行い、そのまま移動して神社で参拝した後に家族や親戚たちで食事を楽しむ、という流れが一般的となっています。


七五三は、男の子だと3歳時期と5歳時期、女の子だと3歳時期と7歳時期にすることが多いです。

なぜ男女で違いがあるのか?と言いますと、それは年齢に基づく意味合いが異なるためです。

3歳

3歳時期は、数え年で3歳です。

つまり満2歳になるときにお祝いします。

これは、男女ともにお祝いします。時は遡ること江戸時代には、3歳まで子供の髪の毛は剃っていました。

3歳から伸ばし始めると健康な髪の毛が生えてくるという言い伝えが信じられていたので、髪の毛を伸ばし始める3歳時期は、男女ともにお祝いをしていたようです。

5歳

5歳時期は、数え年で5歳です。満4歳になるときにお祝いします。

この時は、女の子はお祝いせず、男の子だけがお祝いします。

男の子は、5歳になると時期に人生で初めての正装を着用することで、男として生まれ男として育っていく…という意識を芽生えさせ、周囲も男として社会の一員になったことを認識する、という意味合いが多かったようです。


江戸時代、男の子は大きくなると、武士になって将軍の元へ行ったり、一家の大黒柱として権限を持って強くたくましく生きなければいけなかった、という文化からきているのかもしれません。

7歳

7歳時期は、数え年で7歳、満6歳を迎える時期です。

この年では、女の子のみがお祝いします。

7歳になると女の子は初めて正装を行い、女性として生まれ女性として生きていく…という意識を芽生えさせることがあったようです。

そして、男の子の5歳のお祝い時と同様に、周囲の人に女として認められるようにすする意味があったようです。


男の子が7歳時期にお祝いすることがないのは、既に5歳の時に社会の一員になっているからです。

もう社会の一員として周囲の人に認められているので、7歳時期に再度儀式を行う必要がなかったからだと言われています。

スポンサーリンク


男の子の七五三はいつやるの?

男の子の七五三は、3歳と5歳を祝います。

しかし、必ず3歳と5歳の時にお祝いしなければいけないというわけではなく、地域によっては5歳の時だけお祝いすることがあるようで、実際に地域に関係なく、5歳の時のみお祝いすることが多くなっているようです。
 
時期的に、七五三は11月15日に行われる行事です。

旧暦の11月15日がとてもいい日であったことや、江戸時代に徳川5代将軍が11月15日に長男の健康を祈ったから11月15日になった…ということなど、いろいろな説があります。


現在は、両親が共働きであることや、祖父母との距離が遠いなど家庭的な事情から、11月15日に必ず七五三を行う家庭は減っており、大体10月頃から11月頃で、大安の日や先勝の日、または家族の都合が合う週末などに行われることが多いようです。

しかし、フォトスタジオの予約などの関係もあるので、今では大安の日や先勝の日以外でも七五三を行っているところはたくさんあります。

早生まれの場合はどうする?

早生まれのこの場合、いつすればいいのか?と疑問に思います。

実は早生まれでも七五三に関係はあまりないです。

社会的なルールや価値観が大きく変化してきている現在は、早生まれの場合でも、子供の状態や家族の都合などを考えていることが多いようです。

例えば、子供が間もなく七五三時期だけど下の子がまだ生まれたばかりで動きにくい…という場合は、一年先延ばしにしても良いですし、上の子が手のかからないうちに…ということで早生まれだけど、該当する年にお祝いすることもあります。

要は気持ちが大切だという風習になってきているようです。

最後に

七五三時は、子供にとっては苦しくてしんどいだけの日になるかもしれません。

でも、美味しい飴を貰って皆に注目されてうれしいと思う子供もいるかもしれません。

七五三は、あくまでも子供が主体のお祝いする事ですから、大人の都合やルールで決めず、子供の様子をしっかりした見た上で決めるのがベストでしょう。

スポンサーリンク



↓関連記事

お年玉はどの範囲まであげる?いつからあげる立場になる?

おみくじは神社に結ぶ?持って帰る?それぞれに意味がある!

おみくじを二回引くのはあり?違う神社だと御利益も違う?

獅子舞が頭を噛む理由は?起源や由来についても気になる!

絵馬に願い事を書くのは裏表どっち?名前は書いた方が良い?