女性


女性であればオシャレな服を着て外出をしたいと思うのは当然です。

寒い冬以外の季節であれば、腕を見せるデザインの服を着る機会も多いかと思います。

私服はさることながら制服が半袖になっている場合などは、必然的に腕が露出されてしまいます。


しかし、二の腕が太いことがコンプレックスで、半袖などの腕を出す服を着ることに抵抗がある人は多いです。

ダイエットに成功しても、二の腕だけ太いままで細くならない女性も多くいて、二の腕を細くすることは意外と難しいです。


そこでこの記事では、二の腕が太くなってしまう原因や対策などを解説していきます。

スポンサーリンク


二の腕が太くなる原因は?

皮膚がたるんで太く見える

二の腕は、上腕二頭筋という筋肉と、上腕三頭筋という二つの筋肉があり、この筋肉が二の腕の大部分を占めています。

この二つの筋肉は、それぞれ使われるときが違っていて、役割分担のようなものがあります。


上腕二頭筋を使う動作は、何かを持ったり引っ張ったり、腕を胴体側に引くときによく使います。

腕を曲げて力を入れるとできる力こぶも、この上腕二頭筋が影響しています。


これに対し上腕三頭筋は、腕を伸ばしたり、何かを押すというように身体の外側へ力を働かせるときに使うことが多く、日常生活の範囲ではあまり使うことのない筋肉<です。


力こぶがある人は多くいます。

それは、日常生活でも買い物をしたときに荷物を持ったり、通勤などでカバンを持つなどの動作を毎日当然のように行っているからです。


日常生活の動作で、自然と上腕二頭筋が鍛えられていると言えます。


しかし、荷物を頭の上で持って移動したり、荷物などを身体の後ろ側で持つことは少ないです。そのため、上腕三頭筋は日常の動きだけでは、鍛えられない部位と言えます。


二の腕の皮膚がたるんでいるのは、上腕三頭筋が鍛えられていないからです。


なかなか使われることのない筋肉は、当然力がついて引き締まることはないため、筋肉よりも脂肪が多くついてしまいます。

そして、ついた脂肪はなかなか燃焼されません。

この状態が、皮膚がたるんでしまう原因となります。


関連記事:部分痩せはありえない?無理だと諦める前に確認したいこと!

脂肪が溜まっている

痩せている人は、全体的に脂肪量が少ないですが、太っている人は当然全身の脂肪量は多いです。


また、痩せていても上でも書いた通り、二の腕の筋肉はあまり使われないので二の腕に脂肪が付きやすい状態になっている可能性があります。


そして厄介なことに、この二の腕は、身体の別の部分と比較してみると、とても脂肪燃焼率が悪い部位です。

つまり、太りやすく痩せにくいという性質を持ち合わせている部位であると言えます。


太りやすい食生活などを送っている人などは、お腹や足などはある程度脂肪燃焼が行われるために、太くなることを阻止したりすることができますが、二の腕だけは太くなることを阻止しにくく、脂肪が溜まりやすくなります。

その結果、二の腕だけ特に太ってしまいます。

スポンサーリンク


セルライトによるもの

上記で述べたように、上腕三頭筋は鍛えられにくく、脂肪がつきやすい部分です。

また動作を行うことが少ない部位であるために、当然老廃物などが溜まりやすくもなります。


老廃物が溜まるということは、その分リンパの流れが滞っており、当然二の腕はパンパンにむくみやすくなります。

この状態だと二の腕に脂肪がくっついてしまい、セルライトが生成されてしまいます。


セルライトが生成されると、二の腕の老廃物をどんどん吸収して大きくなり、肌が見た目からして太くなります。


また、半袖でエアコンが効いた部屋などにいて、何気なく二の腕を触ると二の腕が冷たいことはありませんか?

これは、冷えている証拠であり、冷えはセルライトができやすくなるため、身体を冷やすのは禁物です。


関連記事:手首が太いと悩んでいる女性必見!簡単に細くする方法!


関連記事:肩幅が広いのは骨格が原因?他にも色々な理由がある!

二の腕だけを細くする方法はある?

電車のつり革を使ったトレーニング

電車移動の人などが出来る方法です。

特に朝の出勤時の電車内だと、座ることは少ないでしょう。


そんなとき、つり革の前に立ち、つり革を掴みます。そして、つり革を下に引っ張るように力を入れてみてください。

これだけで、上腕三頭筋が刺激され、良いトレーニングとなります。


二の腕は、激しい筋肉トレーニングだと、筋肉が太くなることに伴い、二の腕も太くなってしまいます。

そのため、つり革を軽く下に引っ張る程度の力で十分良い刺激となります。


これなら、二の腕を細くしたい人は、通勤時間を利用して出来るために、良いトレーニングとなります。


ここでは、電車のつり革で説明をしましたが、同じような動きになれば良いので日常生活で取り入れることができないかを考えてみて下さい。

スポンサーリンク


椅子を使ったトレーニング

椅子に座っている状態なら、いつもでできる方法です。

まず姿勢を伸ばして座ります。


そして、二の腕を背もたれに押し当てて、腕で後ろ側を強く押してみてください。

これを5秒ほどしてから、その後はゆっくり力を抜きリラックスします。

これを数回繰り返すだけで、二の腕が刺激されて、良い感じに上腕二頭筋が鍛えられます。


これは、電車で座っているとき、会議中などでもできるような簡単なことですので、明日からでも取り入れられそうです。


関連記事:二の腕は肉がつきやすい?簡単で効果のある落とし方3つ!

まとめ

二の腕が太くなる原因は、上腕三頭筋の筋力不足であると言えます。

そのため、上腕三頭筋を鍛える必要がありますが、あまりにも鍛えすぎると筋肉が太くなるため余計に太くなります。


ダンベルを使った筋トレなどは、力加減が難しくなかなか毎日は続けられません。

ここでご紹介した2つの方法ならいつでもどこでもできるため、気軽に始めることが可能です。

毎日継続していると効果期待できますので、頑張って細い二の腕を手に入れてください。

スポンサーリンク