腕


夏になると二の腕を出して半袖で外出する機会が多くなります。

そんなとき、ふと鏡を見ると二の腕にブツブツが出来ていることはありませんか。

ニキビに似ているけれど、範囲が広いしブツブツが多いし…。

赤いブツブツの肌を見せて外を歩くのは少し抵抗がありそうです。

そんな二の腕に出来る赤いブツブツは一体なんでしょう。

この記事では二の腕にできる赤いブツブツの原因や治す方法をご紹介します。

二の腕の赤いブツブツの正体は?

ある時急に二の腕に赤いブツブツが出来ることがあります。

これは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)や毛孔角化症といわれるものである可能性が高いです。

これは、主に毛穴のある皮膚に角質が溜まることで、ブツブツとしたものを発生させます。

痛みなどの自覚症状がほとんどないために自分では気が付きにくいです。

そのため、半袖を着る夏場などに多く発見されることが多いのです。

スポンサーリンク


二の腕に赤いブツブツが出来る原因は?

毛孔性苔癬が出来る原因は、はっきりと解明されていませんが、いくつか原因はあるようです。

遺伝によるもの

ある研究で、家族内に毛孔性苔癬の人がいる場合は、かなり高確率で子供も発症すると言われます。

しかし、具体的にどの部分が遺伝による影響を受けているのかということに関しては、まだ研究が進んでおらず、解明されていません。

しかし、家族の誰かが毛孔性苔癬である場合は、自分にもなりうる可能性があるということを認識することが出来ます。

ビタミン不足によるもの

毛孔性苔癬によらず、毛穴トラブルにはビタミン不足が大きく関係していることが非常に多いです。

例えば大人ニキビなどは、ビタミン不足が大きな要因を占めていることが多く、ビタミンを積極的に摂取することでビタミン不足が解消され毛穴のトラブルが軽減します。


ビタミン不足は、皮脂を過剰に分泌したり、肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

特にビタミンB群は、皮脂の分泌に大きく影響するものですので、積極的に摂取することで余分な皮脂の分泌を抑えられることが期待できます。

中でも特にビタミンB6は、肌の再生を手助けするために必要なものですので、ビタミンB6が不足していると、肌のターンオーバーが乱れることがあります。


関連記事:胸元に赤いブツブツができてかゆい!跡が残らない治し方!

乾燥によるもの

乾燥は肌の天敵と言われるほど、肌にとって乾燥は恐ろしいものです。

毛孔性苔癬も例外ではなく、乾燥により毛穴詰まりが起こりやすくなります。

毛穴が詰まると当然、毛穴から分泌されるものが詰まっているために正常に出てこなくなり、毛穴の中で大きくなり、皮膚を押し上げてしまい、ニキビのようにブツブツになってしまいます。


肌が乾燥すると皮脂も乾燥するような感じに思われがちですが、肌が乾燥すると毛穴の収縮力が低下するために、毛穴の中にある皮脂や外部から付着した汚れなどを綺麗に外へ押し出す力が無くなり、結果としてブツブツになります。

つまり乾燥は、高確率でブツブツになってしまう可能性があるということです。

ターンオーバー乱れによるもの

肌は、約一か月弱のペースで毎月新しく生まれ変わっています。

この活動を総称して「ターンオーバー」などと言います。


肌のターンオーバーは、肌を修復し、必要な分はきっちり再生するための活動のため、身体には必要不可欠なものです。

しかし、肌のターンオーバーに乱れが生じると、身体は正常に肌を回復・再生することが出来なくなります。

例えば、ストレスや睡眠不足、食事内容が偏っている、喫煙や過度な飲酒など、ターンオーバーが乱れる原因はたくさんあります。

これらの原因をしっかり解消させなければ、肌のターンオーバーを期待することは難しいと言えそうです。


関連記事:肌のターンオーバーが乱れる原因3つ!こんな症状に注意!

皮脂分泌が多い場合によるもの

皮脂の分泌が普段から多い人は、皮脂分泌活動が活発な証拠です。

このような場合は、特に毛穴詰まりが多くみられがちです。

肌を外部刺激から守ったりするために皮脂の分泌は非常に大切ですが、過剰に皮脂が分泌されるのも問題があります。

あまりにも皮脂分泌が多い場合は、毛穴の中が渋滞状態となるために、毛穴詰まりが起こりやすくなってしまうために、肌がブツブツになりがちです。

スポンサーリンク


二の腕を綺麗にするには?

二の腕を綺麗にしたいと思うのは当然です。

ここからは、二の腕にできた赤いブツブツの対策を確認していきます。

優しく洗う

単なる毛穴詰まりや、毛孔性苔癬は不潔が原因で起こるものではなく、むしろ洗いすぎにより起こることが多くあります。

そのため、出来るだけ肌をゴシゴシと洗うことは避けましょう。

ゴシゴシ洗わなくても、優しく洗うだけで十分身体の汚れを落とすことが出来ます。

保湿

赤いブツブツが出来る部分を、しっかり保湿することで乾燥を防ぎましょう。

乾燥することが毛穴詰まりの原因となったり、角質層がパサパサになり白っぽい粉のようなもので肌が荒れがちになります。

乾燥は肌の状態を非常に悪くするため、乾燥だけは絶対に避けるようにすることが非常に大切です。

肌トラブル改善は乾燥予防からです。


関連記事:肌が粉っぽいときはクリームでOK?粉ふき肌でやばい時の対策!

そっとしておく

ブツブツしているから潰そうとする人がいますが、絶対に潰さないようにしましょう。

もしブツブツを指などでつぶしたりしてしまうと、潰したことにより炎症を引き起こしてしまう恐れがあります。

炎症を起こしてしまうと色素沈着などの問題も生じてしまい、結果的にどんどんブツブツしてきます。


関連記事:ひざ下の黒ずみケアの方法!クリームのマッサージ効果は?

まとめ

二の腕の赤いブツブツは、体の後ろ側なので気が付きにくいですが、過度に触って刺激を与えたりせず、しっかり乾燥対策を行うことで、かなりの改善効果や予防効果が期待できます。

半袖やノースリーブを着る季節の前に二の腕をきりにして、オシャレを楽しむようにしましょう。

スポンサーリンク