スキンケア


お酒を飲んだわけでもなく火照っているわけでもない、それなのに顔が赤くなってテカリが目立つという症状にお悩みの方は結構いるかと思います。

顔の赤みとテカリとは深い関係があり、同じ原因によって二つの症状が引き起こされたり、片方がもう片方の症状を引き起こす原因となったりしていることもあります。


赤ら顔とテカリは厄介ですが、ここで紹介する正しいケアの方法で治すことも予防することも可能です。

まずは切っても切り離せない二つの症状について詳しく解説し、気になる情報をまとめてみました。

赤ら顔とテカリの関係は?

まず赤ら顔とテカリの症状が一緒に出ている場合は、脂性肌によって顔がテカリ脂漏性皮膚炎によって顔が赤らんでいることが多いです。


脂性肌は乾燥やストレスなどの何らかの理由によって皮脂の分泌が異常に増えている状態で、毛穴に詰まった皮脂が赤ニキビとなって赤ら顔になったり、分泌された皮脂を餌にしてカビの一種であるマラセチアが増殖して脂漏性皮膚炎を引き起こしたりしやすい傾向にあります。


このように、赤ら顔とテカリは「脂性肌」というひとつの原因が元で引き起こされる症状であり、一緒に治療していかなければいけません。

スポンサーリンク


二つの症状の治療方法・予防方法

赤ら顔とテカリの引き金となる脂性肌、主に過剰な皮脂の分泌やその洗い残しなどが注意すべき点です。

脂性肌は乾燥や誤ったスキンケア、ストレスなどが原因でなることがあり、改善には自身の生活習慣や洗顔方法などのスキンケアの見直しが必要となります。

これから紹介する基本的な方法をおさらいし、顔の赤みやテカリの治療法、予防法を知っておきましょう。

洗顔方法

脂性肌、脂漏性皮膚炎にとって洗顔方法はとても重要です。

脂漏性皮膚炎で肌が刺激に対して敏感になっているときは、使用する洗顔料は低刺激のものを選びましょう。

手でよく泡立たせ、皮脂の分泌の多いTゾーンから優しく泡で包むように洗います。


乾燥が気になる場所はあまりしつこく洗いすぎないよう注意しましょう。


また、洗顔するときはぬるめのお湯で洗顔し、最後は洗い残しがないようしっかりと流しておきます。

毛穴の汚れが気になる場合は、洗顔前に蒸しタオルなどで毛穴を開いておくのも良いでしょう。


注意しておきたいのが、熱いお湯で洗顔したりゴシゴシとしつこく洗ったりしてしまうと乾燥や肌のダメージになり、かえって皮脂の分泌が増えてしまう原因になってしまいます。

正しい洗顔方法を守り、肌を清潔に保っておきましょう。

スキンケア

肌にとって天敵である乾燥、脂性肌も一見乾燥とは無縁のように思われますが、実は乾燥した肌が水分の蒸発を防ぐために皮脂を過剰に分泌していることもあります。


また、乾燥していると肌のターンオーバーが正常に機能しなくなってしまうこともあるため、健康な肌でいるためには肌の水分補給と保湿を心がけましょう。

特に洗顔後は肌が乾燥状態になるため早急なケアが必要です。

化粧水や美容液を使用した後は、油分を含んでいる保湿クリームなどで潤い成分が逃げないようにしっかりと蓋をしておきましょう。


関連記事:夜だけの肌断食は効果ある?どれくらいの期間で綺麗になる?

スポンサーリンク


睡眠

見たいテレビがあったり出かけたり、大事な睡眠時間を削ってまで夜遅くまで起きていませんか。

午後10時~午前2時ごろの間に睡眠を取っていると肌の健康に欠かすことのできない成長ホルモンが分泌されます。

裏を返せばこの時間に夜更かしをして起きていると、肌の代謝が悪くなり、健康状態が悪くなってしまうということです。


仕事などの関係でどうしても起きていけなければいけないときもありますが、できるだけ早寝早起きを心がけて規則正しい生活を目指しましょう。


関連記事:肌がきれいな人に多い共通点は睡眠!白雪姫みたいな美白の秘訣!

食事

好きな食べ物を食べているときは最高に幸せですが、糖質や脂質の多い食品ばかり食べていると皮脂が多くなったり赤ニキビができやすくなったりしてしまいます。


好き嫌いせずに野菜などもバランスよく食べ、コンビニのお弁当などの添加物の多い食べ物はできるだけ控えるようにしましょう。

肌の健康状態を保つ役割のあるビタミンCを多く拭くむ食材ややビタミンC誘導体のサプリメントなどを食べるのも良いでしょう。

スポンサーリンク


してはいけないこと

赤ら顔やテカリを気にするあまり、しつこい洗顔や一日に何度もする洗顔はNGです。

すっきりとした気分にはなれますが、肌の潤いを保つのに必要な皮脂まで流れてしまうことになります。

刺激の強すぎる洗顔料や、肌に合わないと感じたケア用品は使用を控えるようにしましょう。


また、喫煙やストレスを抱えることも肌にとっては良くありません。

生活習慣を変えることは容易ではありませんが、無理のない範囲で継続させていくことが大切です。


関連記事:美人に見える美肌を手に入れる!毎日続けられる習慣6つ!

最後に

顔の赤みとテカリ、同時に症状が出てしまうと化粧でも隠しにくくとても厄介です。

さらに放っておくと悪い習慣が重なって悪化することもあるので根本から改善していく必要があります。

まずは小さなことから、今まで正しいと思っていたケア方法、気にもしていなかった生活習慣を改め、規則正しい生活でお肌の健康も守っていきましょう。

スポンサーリンク