腕


ある時気が付くと、身体に赤いほくろのようなものがあったという経験はありませんか。


普通、ほくろというと「黒子」と書くくらいですし、黒いものか、または茶色いものが一般的なように思います。

しかし身体には赤いものがぽつぽつとある・・・一体これは何なんでしょうか。

ここでは、赤いほくろの正体やできる原因・対処法などを解説していきます。

赤いほくろっていったい何?

そもそもほくろ自体は、基本的には黒い又は茶色いもので、そのほくろに痛みや痒みなどの症状は一切ありません。


しかし赤いほくろの場合、痒みがあり気になってみると、そこに赤いほくろがあったというような状況で発見することが多いです。

赤いほくろは、そもそもほくろではなく、毛細血管の一部が異常に増殖して、それが皮膚を通じて表面に見えている状態が「赤いほくろ」に見えるのです。


そのため、赤いほくろの正体は、ほくろではなく血管が固まっている血管腫であることが非常に高いです。

中でも、赤いほくろがある場合には、それは老人性血管腫が疑われます。

老人性血管腫とは?

老人性血管腫とは聞き慣れない名前ですが、これは年齢を重ねるごとに引き起こされるものです。

老人性血管腫が起こる原因は主に、紫外線によるものです。


老人性血管腫は、赤いほくろがあることが特徴的ですが、これは赤いほくろではなく、毛細血管が拡張したり、増殖することによって、皮膚から透けて見えるものです。

赤いほくろの部分は、血管が固まっていることが多いですが、それにより血管障害を引き起こし命にかかわるということはありません。

スポンサーリンク


老人性血管腫が出来る原因は?

加齢によるもの

老人性と言われるほどですので、やはり老人に多いです。

これは年齢により身体の内側が知らない間に老化してしまい、その時血管も老化することから、今まで受けてきた紫外線などの影響を受けて、赤いほくろろのようなものが出来てしまうことが多くあります。


よく祖父母の手などを見ると、赤いほくろのようなものがあることを発見した記憶はありませんか。

これはまさに老人性血管腫であることが多いです。

ストレスによるもの

ストレスによる影響は大きいです。

ストレスは、特に身体のどの部分にでも影響を及ぼします。

当然肌にも及ぼします。


過度なストレスがかかると、肌の抵抗力が弱まります。そんな時、身体に赤いほくろのようなものが現れることがあります。


関連記事:肘がカサカサして黒い時のケア方法!原因や予防法も確認!

遺伝によるもの

祖父母に赤いほくろのようなものを見たことがある場合、それが両親のどちらかに発症することがあります。

老人性血管腫は、特に遺伝性が強いと言われており、祖父母に老人性血管腫があった場合は、自分にも老人性血管腫が起こる可能性があると考えられます。

ホルモンバランスによるもの

特に女性に多いのですが、ホルモンバランスが乱れることで肌に様々な影響を及ぼします。

よくあるのが、生理前になると肌荒れがあったり、メイク乗りが悪くなったりします。

これもホルモンバランスが影響しています。

若いうちはホルモンバランスが乱れてもすぐに元に戻るため、そんなに大きな影響を受けていないように感じますが、加齢によりホルモンバランスが自然と乱れるようになると、肌の調子が悪くなってしまい、老人性血管腫を引き起こすことがあります。


関連記事:二の腕の肌荒れを解消する方法!小さい赤いブツブツの原因!

皮膚の炎症によるもの

皮膚や肌に外的刺激が加わると、炎症を引き起こします。

この炎症が原因で老人性血管湯を引き起こすことがあります。


老人性と言われるために若いときはならないように思われがちですが、皮膚に強い刺激などが掛かることで炎症を起こすと、若い人でも老人性血管腫を引き起こすことが十分に考えられます。

紫外線によるもの

老人性血管腫は、腕は顔などに多く見られ、胴体部分などはあまり見られません。

これには、やはり紫外線の影響を受けているということが分かります。


特に夏場など、肌を露出しやすい季節に老人性血管腫がみられると、この紫外線が非常に強く関係していそうです。

老人性血管腫以外にもある

実は、老人性血管腫に良く似た症状で、老人性血管腫ではないものがいくつかありますので、ご紹介します。

単純性血管腫

これは先天性の赤いあざを言います。

皮膚が盛り上がっている場合もありますし、皮膚が盛り上がっていない場合もありますが、生まれた時からアザ部分とそうでない皮膚の部分の境界線がクッキリしていることが特徴的です。


特に幼児期には問題のあるものではありませんが、成人するにつれ色が濃くなったり、皮膚が厚くなるにつれ隆起が目立つこともありそうです。

この単純性血管腫自体は、特に危険なものではありませんが、単純性血管腫と非常によく似た症状で、中には危険な病気が隠れている場合もあるため、基本的には幼児期から成人までの間に治療を行うことが多いです。


また単純性血管腫だと思っていたが、実は違うものだったという時、その違うものが危険性のある腫瘍だったりすることが多くあるため、単純性血管腫だったとしても治療を行っておくことで、危険性を減らすこともできます。


関連記事:お尻のブツブツはニキビだけじゃない!予防法と治し方は?

いちご状血管腫

これは出産時の赤ん坊に見られる症状です。

新生児は、生まれてきてもまだ身体のどの部分も非常に未熟です。


そのため生まれた赤ん坊の毛細血管が異常繁殖してしまうことで、皮膚を透けて血管腫がみられることがあります。

いちご状と言われるのは、血管腫がまるでいちごのように鮮明な色をしており、生まれて数週間程度でいちごのように赤いブツブツが目立つようになります。

基本的に、7歳になる頃までにはその75%が自然治癒します。


急いで治療を行い、肌に治療痕が残ることもあるので、出生時に検査を行い問題がなければ、自然に治癒することを待つことが良いです。

しかし、場合によっては呼吸困難などの身体的機能障害を引き起こすことがあるために、このような場合は治療が必要です。

スポンサーリンク


老人性血管腫の治し方ってある?

ずばり老人性血管腫を発見しても、自分でつぶそうとしたりすることは絶対に避けましょう。

老人性血管腫自体は別に放置していても特に大きなもんだはありませんが、潰すことで血管腫が大きくなったり、感染症を引き起こすこともあります。

行くべき病院はどこ?

老人性血管腫がある場合、病院へ行くとしたら皮膚科か美容外科がオススメです。

特に治療の必要がない場合は、そのままでも良さそうです。治療を行う場合は、しっかり専門医の元で適切な治療を行いましょう。

しっかり納得がいくような話を聞き、適切な治療を行うことが大切です。


関連記事:美人に見える美肌を手に入れる!毎日続けられる習慣6つ!

最後に

老人性血管腫は、誰にでも起こりうる可能性がありますが、特に肌の色が白く紫外線尾影響を受けやすい人が発症しやすいと言われます。

日頃からストレスを溜めず、しっかり紫外線対策を行うことで発症を防ぐことが出来そうです。


また若いうちからしっかり対策を行うことで、老人性血管腫を防ぐこともできます。

その中には服用するサプリメントで、身体の内側から紫外線対策を行ってくれるものがあります。

いろいろなものを有効的に活用し、しっかり対策を行いたいです。

スポンサーリンク