付き合えば必ず衝突はするものです。

なんの衝突もなくうまくいくとは言えません。

付き合ってるといえ、スタートはただの他人なんですから。
 

喧嘩の度合いはカップルごとに異なるでしょう。

カップルによってそんぐらいで喧嘩といえるのかというものもあれば、一大事と考えることもあります。


普段あまり喧嘩しないタイプだと大喧嘩になったときの対処法がなかなか難しいですよね。

ここでは、そんな時にどのように解決するのかをご紹介します。

スポンサーリンク


距離を置きいろいろ整理する

大喧嘩に発展したということはなにかしらお互いの考えの不一致があったのでしょう。

そして、それはどうしてもその場で解決できないもの。

前述した通り元は他人なのでその不一致を埋め合わし、尊重し合う関係が「お付き合い」です。


喧嘩があまりないカップルはその関係がうまくいっている証拠ですね。

それなりに軽い言いあいはするが、納得し、尊重し、前に進んでいるというパターンです。


しかし、突然現れた大喧嘩。

それは今までの関係を振り返る一つの機会なのではないでしょうか?


もしかしたら、今までうまくいっていたことも実はうまくいってなくて、貯まっていたものがあるのかもしれません。
 
そういう時は一定期間距離を置くのをオススメします。


一度感情を整理しましょう。

どんな内容で喧嘩したのかをまず分析し、自分の非はなんだったのかを喧嘩の内容から導きましょう。

それには意外と時間がかかるものです。すぐに仲直りしようと焦ったらせっかく築いてきた関係が崩れるかもしれません。

引き続きお付き合いしたいという強い気持ちがあるのなら、なおさら連絡もとらずに、一定期間の距離を置いてみましょう!

スポンサーリンク


整理した内容を一時的にメールで送る

連絡もせずに距離を置いているともしかしたら相手側から連絡がくるかもしれません。

その時に自分の気持ちが整理でき、前向きになっているのならメールを返せばいいのですが、そうでないのなら返すのはやめましょう。


無視するのは感じ悪いので、「もう少し時間をください」ぐらいのメッセージは送るようにしましょう。

そして自分の気持ちが整理できたらメールを送りましょう。

内容は以下の通りで整理してみましょう。

  1. 何故喧嘩になったのかの自分なりの理由
  2. 一番許せなかった部分
  3. 自分の何が悪かったのかの反省
  4. そしてこれからの関係について
3はとても重要です!やはり謝らなきゃダメです。

喧嘩ですからお互いごめんで終わるのが一番です。そして4に関しては自分次第になります。


仲直りしたいなら素直にそう言えばいいですが、もしかしたらもう無理かもしれないという答えになるかもしれません。


共通の友達と緊密な連携をとり解決策を模索する。

これは実はもっとも重要です。

共通の友達がいるのなら是非協力してもらいましょう!


あなたが真摯に向き合って、自分の感情を整理している最中、相手側がなんと思っていなかったらあなたの気持ちは一つも響きません。

相手が今どのような状態にいるのか把握するのはかなり重要です。

その協力者がかなり信頼できるのならうまく取り持ってくれるはずです。

相手側も自分と同じような感情であれば話は解決の方向に向くでしょう。
 

しかし、一番困難なのが相手と自分の温度差がある時です。そのような状態でメールのやりとりをしたり、直接会ったりしたら関係がよりこじれ、別れの原因になる恐れもあります。

大喧嘩と思うのであれば第3者の協力をもらって確実に解決できる方法を考えるべきでしょう!

まとめ

仲直りしたいという気持ちが強ければ必ず大丈夫!

相手、もしくは自分が冷めている状態なら別れ時かもしれませんね。


誠意をつくして、大喧嘩を機会に関係をより一層深めようとポジティブに考えましょう!

喧嘩は決して悪い事だけではないです。

喧嘩をして初めて相手の知らなかった一面、気持ちを確認できます。
 

今まで喧嘩をあまりしてこなかったのなら、今回の大喧嘩は二人の関係が深まる大きな一歩、最大のチャンスかもしれません!!

仲直りすることだけを考え、落ち着いて行動しましょう!

お互い思い合っているのなら絶対に元通りに戻りますよ。

スポンサーリンク