年賀状


年賀状が送られてくる正月を年に一度の楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

せっかくの送られてきた年賀状、かわいいデザインや素敵な文章に年明けから幸せな気持ちになれます。


しかし、そんな年賀状も毎年保存していくと、気が付けば年賀状がたくさんあって困ってしまうということになります。


今では、電話やメール、SNSなどで簡単に新年の挨拶を済ます傾向になりつつありますし、そもそも年賀状を書くことが面倒だと感じる人も増えつつあります。

ここでは、そんな年賀状を減らす方法や年賀状の保存方法、捨てる時の方法をご紹介します。

なかなか減らせない年賀状の断捨離

はじめは良くてもどんどん面倒になるのが年賀状です。

忙しい年末に、年賀状の文章を考えたりデザインを作ったりするのは確かに面倒ではあります。

この際、電話やメールで済ましたいと思っている人や、どうせ年明けすぐに合うんだからその時に挨拶すればいい!と思っている人も多いです。


そんな年賀状も、断捨離をしなければいつまでも年賀状を出し続けなければいけませんし、年賀状を貰い続けなければいけません。
 

まずは、年賀状を出す人と出さない人に分ける

年賀状を出す人には、大きく分けて
  • 仕事上付き合いのある人
  • 近況を知らせたい人
  • 身内などで年賀状を出しておいたほうが良いと感じる人
に分けられます。

一言で言ってしまえば、ここに当てはまらない人達とは、年賀状のやり取りをしなくても支障が出ないことが多いです。

具体的に年賀状を出さなくても支障がない人は、

  • 毎年印刷だけで特にメッセージのない人
  • こちらから年賀状を出さなければ来ない人
  • 頻度高く会っている人
  • すでに付き合いがない人
は、出すのが面倒かもしれません。


年賀状を毎年出す人には、今年も出しておおき、出さない人にはあえさ何も触れず出さないことにすると枚数を制限することができます。

もしかすると相手も、年賀状をやめたいと感じているかもしれません。


関連記事:年賀状を返信しない?出していない人から届いたときの書き方

スポンサーリンク


年賀状って何がきっかけで生まれたの?

年賀状というものが生まれたのは、江戸時代だといわれています。

昔は、新年にいろんな人の家に足を運び、挨拶をしたことが「新年の挨拶」となって、どうしても会えない距離にいる人には「はがき」を送ったのが、年賀状の始まりのようです。


確かに当時は、移動手段もままならない状態ですし、電話などの便利なものもありません。

遠方に行くとなれば、それは大変な旅路になったでしょうし、時には命の危機にさらされることもあったかもしれません。


当時の趣旨からすれば、現在の年賀状は形式的なものになっていることが多いです。


つまり、年賀状は江戸時代の風習が残っているだけであり、別に出さなければいけない決まりなどは一切ありませんし、年賀状を出さないことが社会的ルール違反になることもありません。

届いた年賀状っていつまで保管すればいいの?

届いた年賀状は、すぐに処分してしまっても問題ありません。

しかし、今の年賀状は郵便局のお年玉宝くじが付いているので、数か月は手元に置いておく人が多いです。


しかし、年始がスタートしてから気が付けば年賀状のお年玉も忘れてしまい、気が付けば1年がたっていた…なんてこともあります。


基本的に年賀状を保管することにルールはないですから、自分で決めましょう。

貰ってすぐに処分してもいいですし、来年のために1年だけ保管して新しい年賀状と交換に、去年の年賀状を処分する人もいます。

付き合いの多い人は、大体3年を目安に保管している人が多いようです。

スポンサーリンク


年賀状ってそのまま捨てていいの?

年賀状をそのまま捨てるのはちょっと待ってください。

表面には、住所などの個人情報が書かれていますし、裏に写真があればそれも情報になります。


処分する際は、住所や名前の部分をマジックなどで黒く塗りつぶして見えなくしましょう。

個人情報を消すことが出来るスタンプなども売っていますから、そういったものを使うのもいいでしょう。


ある程度住所面が隠れたら、シュレッダーにかけて、完全にわからないようにしてから処分しましょう。


シュレッダーにかけるのは罪悪感があるという人の中には、燃やす人もいるようです。別に処分方法に決まりはありませんから、安全を配慮した上で燃やすのも問題ないです。

年賀状はデジタル保管でスッキリさせる

年賀状をすべて置いておくのは面倒だけど、捨ててしまうと住所がわからなくなる…という場合は、年賀状を写真で取ったり、スキャンしてデジタル化させて保管すれば、場所も取りませんし、検索もしやすいです。

デジタル化すれば、処分するときも簡単ですから、オススメの方法です。


関連記事:年賀状が遅い人は失礼?出すなら元旦に届くようにすべき?

最後に

どうしても電話やメール、SNSで挨拶を済ましてしまう人が多いのが現在の世の中です。

中には年賀状の書き方が分からないという人もいるのではないでしょうか?

今は年賀状などいらないと思っている人も多いですから、今年から年賀状の処分を行い、すっきりさせるのも一つの考え方です。

ただ、人間付き合いですから今は必要ないと判断しても、数年後にはまだ連絡を取っておけば…といったこともありえますので、嫌だと感じる人以外には年賀状を出していて損は無いと思います。

↓関連記事

お年玉はどの範囲まであげる?いつからあげる立場になる?

おみくじは神社に結ぶ?持って帰る?それぞれに意味がある!

おみくじを二回引くのはあり?違う神社だと御利益も違う?

獅子舞が頭を噛む理由は?起源や由来についても気になる!

絵馬に願い事を書くのは裏表どっち?名前は書いた方が良い?

スポンサーリンク