女性


オシャレ女子にとって、ピアスは欠かせないアイテムですよね!可愛いピアスをあれこれ毎日付け替えて…ふと気が付くとピアスの穴がなんだか臭い…なんてことありませんか。

せっかくの楽しい気分が台無しになってしまいますよね。

ここでは、ピアスの穴が臭くなってしまう原因と掃除の仕方について、ご紹介していきたいと思います。

ピアスの穴の臭いの原因

ピアスの穴の臭いは、ピアスの穴の内側に溜まった老廃物が原因で発生します。

不衛生な手でピアスの穴に触れたり、不衛生なピアスを付けたり、ピアスの穴をきちんと洗っていなかったり、また、ピアスを長時間付けっぱなしにしたりした場合に老廃物がピアスの穴に溜まってしまいます。

この老廃物に、雑菌が繁殖してしまうことで臭いが発生するのです。

スポンサーリンク


ピアスの穴に起こるトラブル

ピアスの穴が臭いにも関わらず、きちんとケアせず放置してしまうと、ピアスの穴の状態がさらに悪化して次のようなトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

症状がひどい場合には、皮膚科を受診する必要がありますので自分のピアスの穴の状態をよくチェックしてみましょう。


ピアスの穴の状態が悪化すると、臭いだけでなく、白い液体が穴から出てくることがあります。

この白い液体の正体は、皮脂が混じった体液か、化膿した粉瘤(アテローム)の中身が染み出してきたもののどちらかです。

皮脂が混じった体液が原因の場合は、塊となって白いカスのようなものが、ピアスの穴に付着することもあります。

これは、体から出た皮脂が十分に洗浄されずにピアスの穴に残り、そこに汗や垢、シャンプーの洗い残しなどが混ざって固まってしまった状態です。


化膿した粉瘤の場合も同様に、ピアスの穴が不衛生な状態であったために、皮脂や雑菌がピアスの穴に溜まって、皮膚の下にしこりができてしまった状態です。

しこりを除去したい場合には皮膚科での切除手術が必要になります。


このような症状があるにも関わらず、さらにピアスの穴を不衛生な状態で放置して、悪化させると、腫れたり、痛みや熱を生じ、皮膚炎を起こす可能性があります。

皮膚炎を起こしてしまった場合には、直ちにピアスの使用は中止して、速やかに皮膚科を受診しましょう。

スポンサーリンク


ピアスの穴の掃除の仕方

ピアスの穴を清潔に保ち、臭いを予防するためにはどのようにすればよいのでしょうか。

適切な掃除の仕方についてご紹介していきたいと思います。

まずは、毎日欠かさず、耳を泡立てた石鹸でよく洗いましょう。

耳の裏側は指を使って丁寧に洗ってください。


耳の表側は形が複雑で指では洗いにくいので、タオルや綿棒などを利用して、凸凹したところも満遍なく洗うようにしてください。


耳の穴については、自浄作用で耳垢は自然と排出されるので、掃除は1か月に1~2回で問題ありません。

耳の穴を傷つけたり、耳垢を逆に穴の奥に押し込むことがないように、優しく掃除しましょう。

耳垢が乾燥している方は耳かき、耳垢が湿っている方は綿棒を使うと良いでしょう。


次にピアスの穴の掃除です。

掃除には、ピアスの穴掃除専用の「ピアスフロス」を用いると良いでしょう。

和紙でできたフロス(糸)をピアスの穴に通すことで、老廃物をきれいに取り去ることができます。

ピアスの穴が安定している方は、仕上げに、消毒液をピアスの穴付近に塗って殺菌しましょう。

消毒液は、皮膚への刺激が少なく、垂れにくい、ピアスの穴専用の消毒液「ピアスジェル」の使用がおすすめです。

ピアスの穴がまだ安定していない方は、かえって逆効果になることがありますので、消毒は不要です。


関連記事:手の指の匂いが取れない!消す方法は意外と簡単!

ピアスの洗浄

ピアス自体が不衛生では、せっかく耳やピアスの穴を清潔に保っても意味がありません。

ピアスを使用した後は、消毒液で汚れをしっかり取りましょう。

コットンに消毒液を染み込ませて行うのがおすすめです。


ただし、あまりにも消毒しすぎると、ピアスが傷んでしまいますので注意しましょう。

また、ピアスが錆びている場合には、炭酸水を含ませ布で拭き取って除去するようにしましょう。


関連記事:足の指がチーズ臭いときの解消法!原因も理解しよう!

まとめ

いかがでしたか。

ピアスのオシャレには気を使っていても、ピアスの穴やピアスのお手入れはおろそかにしがちですよね!

きちんとケアして、臭いなんて気にせずオシャレを楽しめるようにしましょう!

スポンサーリンク