ピアス


ファッションとしてピアスを楽しむ人は多いです。

初めてピアスの穴を開けるときは、とても緊張します。

ピアスの穴を開けて何事もなくファッションを楽しむことが出来たらいいのですが、中にはピアスのの穴が汚くなってしまいファッションどころではない人もいます。

いったいなぜ、ピアスの穴が汚くなってしまうのでしょうか?

ここではピアスの穴が汚くなる原因と、ピアスの穴を化膿させずにファッションを楽しむための予防法を解説します。

ピアスの穴が化膿する原因は?

ピアスの穴が化膿してしまう原因として、以下のようなものが挙げられます。
  • 手を洗わずにピアスの穴を触ったり、ピアスを持ったりする
  • 毎日ピアスの穴のケアを行わない
  • 他人が一度使用したピアスを使用する
  • ピアスの穴を、過剰に消毒しすぎる
  • ピアスの穴が完成する前にピアスを取り外したり付けたりする
  • ピアスの穴を開けるとき、耳たぶなどをきっちり消毒していなかった
  • 入浴時や海、プールなどでピアスの穴を水につける
  • ピアスの穴が完成していないのにカットやヘアカラー、パーマなどをした
  • ピアスの穴を化粧やテープなどで隠した
これらの行為は、どれもピアスの穴を化膿させてしまう原因となります。

というのも、ピアスの穴は、皮膚に穴を開けるということで一種の傷と同じものです。

そのため傷口を不潔な手で触ったり、消毒しなかったり、外部刺激を与えたりすると、どうしても傷口から細菌が侵入しやすくなります。

ピアスの穴も、完成するまでは傷口と同じですので、上記のような行動はピアスの穴に細菌を侵入させてしまう可能性が高い行為です。

いわゆる細菌感染は、患部が炎症を起こし腫れあがります。そして細菌を排出させようとするために化膿して膿を出したりしますので汚くなってしまいます。

上記の行為だけでなく、風邪を引いているとき、女性なら生理前後など、体の免疫力が低下しているときは、ピアスの穴が汚く見えてしまうことがあります。


関連記事:ピアスの穴が臭いのはなぜ?原因と掃除の仕方を紹介!

スポンサーリンク


化膿した時に試したい対処法!

化膿しているが膿が出てこなさそうな時

化膿しているけれど、膿が出てこなさそうな場合には無理矢理、膿を出さないようにしましょう。

膿は身体によくないものですので、不要なら自然と出てくることがほとんどです。

ピアスの穴は、膿が出る場所が既に存在していますから、膿が皮膚の中で留まることはあまりありません。

そのため、膿が自然に出てこない、または少し抑えても膿が出てこなさそうな場合は、無理に出さないよう気を付けましょう。

ピアスの穴が化膿していると、その中に溜まっているものを出したくなりますが、無理に出そうとすると周辺の皮膚や組織を傷付けてしまったり、炎症が悪化し広がってしまう恐れもあります。

化膿していて膿が出てくる時

膿が自然に出てくる場合は、清潔なガーゼなどを使って、優しく取り除きましょう。

この時に注意したいのが、力強く患部を刺激しないことです。

軽く押さえて出てきそうな膿も、ガーゼやティッシュなどを用いて患部の上から優しく抑えて取り除いてしまいましょう。

力を入れてしまうと、症状が悪化する可能性がありますので、少し膿が残っていても、それが簡単に出せないようなら、自然に出てくるのも待つ方法も有効です。

スポンサーリンク


ピアスの穴を綺麗に保つ方法!

ピアスの穴の消毒

ピアスの穴は、開けてから完成するまでは傷口と同じように扱ってください。

とはいっても、消毒液などの使用は避けましょう。

例えばよくピアスの穴に消毒液を使用してケアを使用とする人がいますが、これは実は危険な行為です。

消毒液は、消毒・殺菌に非常に強い効果がありますが、傷口が治るために必要な常在菌などまで殺してしまうのです。

そのため消毒液を使用してケアを行うと、ピアスの穴の完成までに時間がかかったり、逆に細菌が侵入しやすくなってしまいます。

またアルコール消毒なども怪我などには有効ですが、ピアスの穴にはアルコール消毒なども避けるようにしましょう。

アルコール成分自体が非常に強いもので、刺激に弱い耳たぶなどは炎症を起こしたりただれてしまう可能性があります。

ピアスの穴の消毒には、弱めのシャワーなどで軽く汚れを洗い流すだけで十分です。

毎日忘れずに行えば、シャワーの水でも十分にケアできています。

シャワーの水なら、必要な常在菌まで落ちることはないですし、患部を余計に刺激することもありません。

軟膏を使用する

ピアスの穴が化膿してしまいそうだったりする場合は、軟膏を使用することも効果的です。

軟膏でも、単なるものではなく、出来るだけ抗生物質入りの軟膏がオススメです。

家に一つはありそうなオロナイン軟膏も良いですが、オススメなのはドルマイシン軟膏やゲンタシン軟膏です。

特にドルマイシン軟膏は、比較的デリケートな部分にも使用できるため、肌が弱い人でも使用することが出来ます。

また値段も高くはなく、手軽に手に入れられるものですので、一つ常備薬として持っていても損はありません。

ドルマイシン軟膏は、オロナイン軟膏に比べ臭いも少ないので、周囲の人の目を気にせず使用できそうです。

軟膏を使用するタイミングは?

軟膏をいつ塗ればいいのか?という疑問が多いです。

これはピアスの穴を綺麗に洗浄した後に、完全に乾ききってから塗るのが正解です。

入浴後、すぐに塗りたくなりますが、表面は乾いていてもピアスの穴の内部はまだ乾いていません。

そのため、入浴後30分から1時間ほど経過してから使用するのが、ベストなタイミングです。


関連記事:耳たぶが小さい・薄い女子でも似合うピアスの選び方!

まとめ

オシャレにピアスを楽しむためには、ピアスの穴が完成するまでの間、多少の苦労が必要かもしれません。

病院でピアスの穴を開けても、結局は消毒などをしに行かなければなりませんから、自宅でできる正しいケアを知って、何も気にせずオシャレを楽しみたいです。

スポンサーリンク