女性


様々なダイエットを試しているのに、下半身のむくみやポッコリお腹が直らないという人はもしかすると骨盤の歪みが原因かもしれません。


悪い姿勢や出産などによって骨盤が開いてしまうことで、内臓が下にずれたり下半身や腰回りの血行が悪くなったりすることで様々な支障をきたしてしまいます。


そうなってしまうと、今までの食事制限や運動などの単純なダイエットでは痩せられなくなってしまうのです。

この記事では、そんな骨盤の歪む詳しい原因やダイエットとの関係、骨盤矯正の正しい方法、最近話題の「骨盤ダイエット」について、気になる情報をご紹介します。

骨盤の歪みが及ぼす体への影響

人の体は骨格に沿って贅肉が付きます。

骨盤が歪んで横に広がっていると、その分余計に贅肉が付いてしまいます。

また、骨盤が横に広がることで、内臓も本来ある位置より下に下がってきてしまいます。

内臓が適切な位置にないと、上手く機能することができなくなり、代謝が下がってしまいます。

さらに、内臓が下に下がって血管やリンパを圧迫することにより、血液やリンパの流れも滞ってしまうので、むくみやすくなってしまいます。

このように骨盤が歪んで横に開いてしまうことで、体に様々な悪影響がでてしまうのです。

スポンサーリンク


骨盤が歪む原因

冒頭でもあった通り、猫背などの悪い姿勢の人や出産の経験がある人は骨盤が開きやすい傾向にあります。


しかし、それだけではなく重心が偏っている人や脚を組む癖のある人、関係がないように思われる頬杖をつく癖やサイズの合わない下着なども骨盤が歪む原因となります。


全身が映る鏡を見た時、肩や腰の位置が左右で異なっているようであれば骨盤が歪んでいる可能性があり、O脚やX脚になったり悪化すると肩こりや腰痛になったりすることもあります。

骨盤の歪み解消の効果

ダイエットにも良いとされている骨盤矯正ですが、主に以下のような効果が期待できます。

  • 腰回り、お尻、下っ腹の脂肪が落ちてすっきりする。
  • ずれていた内臓が正しい位置に戻ることで内臓機能が改善され、消化吸収がよくなる。
  • 血行やリンパの流れが良くなって代謝がよくなる。

このように、骨盤矯正には骨盤の歪みによってもたらされていた悪影響がなくなり、体質までも改善されるという驚きの効果があります。

血行がよくなるので女性に多い冷え性の悩みにも併せて効果が見られることでしょう。


また、内臓から子宮への負担もなくなるので生理不順や生理痛の改善にも繋がります。

こんなにいいこと尽くしの骨盤矯正、やってみない手はありません。


関連記事:セルライトが固いのは冷えが原因?揉むと痛い女性の解消法!

スポンサーリンク


骨盤矯正方法

基本的に開いてしまった骨盤を引き締めることになりますが、自己流の誤った方法では腰を痛めてしまったり骨盤の歪みが悪化したりしてしまう恐れもあります。

安全に改善していくためにも、正しい方法を学んで実践してみましょう。

お尻歩き運動

障害物の少ない広めの部屋などで行います。

床に座った状態で足を揃えて真っ直ぐに伸ばしたら、手を胸の前でクロスさせて反対側の肩をそれぞれ掴むようにします。

そのままお尻で歩くように交互に動かしましょう。

10歩進んで10歩下がるといったようにすると限られたスペースでできます。

慣れるまでは自分のペースで、5分ほどしてみましょう。

足振り体操

布団や絨毯など柔らかい床に仰向けで寝て行います。

両足を揃えて床と直角になるくらいに持ち上げ、そこから足を揃えたまま左に倒します。


このとき上半身は仰向けのまま、固定しておきましょう。

左に倒した後は上まで戻って右に倒す、この動きを3分ほど続けます。

就寝前などに布団の上で行うと良いでしょう。

腰上げストレッチ

布団や絨毯の上で仰向けに寝た状態で揃えた両足を上に上げます。

両手を腰に当てて支えながら、お尻と腰を上げて5秒キープしましょう。

足を下すときは振り下ろさないよう注意して腰、お尻の順に優しく下ろします。

最初どうしても姿勢が保てないときは壁などを利用して足を支えておくと良いでしょう。

腰を支える大腰筋の筋肉ストレッチ

悪い座り方などで緩んでしまった、腰の奥にある大腰筋を鍛えられるストレッチです。

子どものころした体操のアキレス腱伸ばしのようなもので、片足を大きく前に出した状態で体重を乗せてもう片方の足を延ばします。

前に出した足の膝が直角になるくらいまで曲げて行いましょう。

これを左右交互して行うだけです。


関連記事:横から見たら脚が太い原因は?簡単に細くする方法4つ!

スポンサーリンク


骨盤ダイエットは安全?

「骨盤ダイエット」というダイエット方法を耳にしたことがあるかと思います。

よく、寝るだけ簡単!骨盤を正しい位置に戻してあげることで、簡単にお腹まわりをすっきりさせることができると耳にしますが、本当なのでしょうか?

「骨盤ダイエット」は注意点を守って行わないと失敗してしまうこともありますので、これからしっかりと確認していきましょう。

骨盤ダイエットの提唱者

骨盤ダイエットを提唱しているのは、「日本の名医50人」にも選ばれている福辻 鋭記先生です。

骨盤ダイエットについての著書「寝るだけ骨盤枕ダイエット」は、発売年の売上ランキング1位になった大ヒットダイエット本で、現在も売り上げを伸ばし続けているのです。

骨盤枕ダイエットの効果のある方法

基本的な骨盤ダイエットの方法を、効果を出すためのコツと一緒にご紹介していきたいと思います。

事前準備

用意するものはバスタオル2枚とひも1本だけです。

まず、バスタオル2枚を重ね合わせます。

次に横半分に折り、さらにもう半分に折りたたんでください。

これで1/4サイズの大きさになりますね。この状態で端からタオルをクルクル巻いていきます。


丸い筒状の形をキープしたいので、空気が入らないようなイメージできつく巻いていくようにしてください。

巻き終わったらひもで巻いて固定してください。これで準備完了です。

骨盤枕ダイエットの手順

①水平な床やたたみの上でおへその真下に先ほど作った枕を置いて横になり、お腹をへこませます。

※コツその1:この時ベッドなど、やわらかくて体が沈んでしまうような物の上で行うと骨盤矯正になりませんので避けるようにしましょう!



②足を腰と同じくらいの幅に開きます。

つま先どうしをくっつけるようにして、カタカナの「ハ」を作ります。

両腕は伸びをするようにぐっと頭上に伸ばし、小指と小指をくっつけた状態で床に手をつけます。この状態で5分キープしましょう。

※コツその2:この時、目線はまっすぐ天井をみるようにするとより骨盤矯正に力が働きます。

足先や頭のほうに目線が行かないように注意しましょう。

※コツその3:5分キープが難しい場合には、1分やって10秒休憩を5回繰り返してみるようにしましょう。

無理に5分続けても、ちんと体勢が維持できないと骨盤矯正の効果が出ません。



③5分たったら、まずは体を横に向けて、ひじを使って体を支えながら起きてきてください。

これで骨盤枕ダイエットは終了です。

※コツその4:起き上がってくるときに、お腹の腹筋を使って起きてこないようにしましょう。

せっかく矯正した骨盤がまた歪んでしまいます。

※コツその5:効果を早く出したいからといって、5分以上キープし続けたり、1日に何回も行うとかえって逆効果です。

慣れるまでは1~2分からはじめて、最長でも1回あたりの継続時間は5分まで。1日に行う回数は最大で3回までにとどめるようにしましょう。


関連記事:股下比率の正しい測り方!モデルのように見せる裏ワザ!

骨盤枕ダイエットの注意点

骨盤枕ダイエットは即効性があります。

1回行うだけで、ウエストやヒップのサイズが落ち、すぐに効果が感じられるでしょう。

しかし、しばらく時間が経つと、日ごろの姿勢や癖によってふたたび骨盤が歪んできてしまい、たちまち元のサイズに戻ってしまいます。

ですから、細いウエストやひきしまったヒップをキープするには毎日毎日骨盤枕ダイエットを継続して、骨盤の位置が正しい位置に癖づくまで行わなければならないのです。

骨盤枕ダイエットはとても簡単なので、根気強く継続していくようにしましょう。


また、骨盤枕ダイエットは、人によっては腰に負荷がかかり過ぎてしまうこともあります。

持病がある方は医師に相談してから行うようにしましょう。また、妊娠中や妊娠の可能性のある方も控えたほうがよいでしょう。


関連記事:間食しても太らない人の特徴!痩せてる人の秘密を紹介!

最後に

骨盤の歪みはその場所にとどまることなく体中に様々な影響を及ぼします。

単純に痩せにくい、というだけでなく肩こり、腰痛、冷えなどの原因にもなりかねません。

今回は自宅で簡単に行える方法をご紹介しましたが、整体で診てもらうのも手です。


骨盤の歪みが強制され、美しく引き締まることで様々な体の問題が改善し、調子も良くなることでしょう。

まずは悪い癖や習慣を直し、今回紹介した方法を地道に毎日コツコツと続けていくことから始めてみましょう。


関連記事:ウエストを短期間で絞る方法と肉がつきやすい原因を解説!

スポンサーリンク