常に関係が円満でそのまま結婚なんてパターンもあれば、そうでないパターンもあります。

それが「お付き合い」。人それぞれです。

しかし、後者の方がこの世の中圧倒的に多いでしょう。


やはり他人として出会って関係が深まる中でお付き合いしたもののその人の全てを知るまではかなりの時間がかかります。

一生を共にするパートナーなのかどうなのかを見極めるのはとても大事です。

見極めたつもりでも、離婚する人がいるという事は、それほど「お付き合い」するというは難しいもの。


生活環境の変化などで感情がすれ違いだんだん冷めていくということもあるでしょう。

そんなすれ違い期間に確認しておきたいことをご紹介します!

スポンサーリンク


連絡の頻度はどう?その内容についての気持ちを確認!

仕事が忙しい理由でなかなか連絡をとれず、今相手が何をしているかも把握するのが困難なときってたくさんありますよね。


忙しくなってくるとお付き合いしている相手より優先しなければいけないことは正直たくさんあります。

どんなときも相手を優先するというのは無理です。

それができる社会ならどんなに幸せなことでしょう。

それができないことも承知で付き合っているカップルが長続きする世の中なのです。


それではそんな時期にまず確認しておきたいものは連絡の頻度はどのくらいのものなのかです。

学生の時や、それほど忙しくない余裕のある時期に比べてどれほど減っているのかです。

毎日連絡取り合ってたけど週に1回、月に1回と減っていればそれほど相手に割く時間、意識が薄れている証拠でしょう。
 

たとえ毎日連絡していたとしても、内容がお互いそっけなかったり、適当だったり、業務的になっていないかなどの確認も大事ですね。
 

そして連絡を取り合っていない現状、以前のような連絡ではなくなったという現状に対しての自分の気持ちが、このままじゃダメだと思って努力しようという前向きな気持ちであればセーフですが、こんなもんでいいや、めんどいしぐらいの気持ちなら正直もうお付き合いの限界がきているでしょう。

共通の友達の助けをまずもらうべき

別れる前に必ず共通の友達を頼りにしましょう!

お付き合いするって当たり前じゃないですからね。

他人同士が一度は愛を育んだことは奇跡的なものです。


そんな大事な経験を共にした相手ならまずは今の現状の改善点を模索する努力はするべきです。努力して納得する答えをだすべきです。


もしかしたら共通の友達から本当に忙しくて連絡とれないのを申し訳なそうにしていた、会えなくてとても寂しそうだよなどの嬉しい言葉をもらうかもしれません。

距離を感じてすれ違いが起きている時点で自己判断ほど無謀なものはありません。

時には誰かの助けをもらいながらお付き合いを深めていくのも重要ですよ!

スポンサーリンク


一回別れるのも一つの手段です

正直別れてみるのが一番効果的です。

お互いまずこの現状について良くないと思っているのなら大胆にお付き合いをやめましょう。

連絡しないのが普通、気にかけないのが普通の出合う前に一度リセットするのです。


初期はやはり寂しさは心に残るでしょう。

しかし、いつまでもずるずるとお付き合いして、すれ違いのせいで喧嘩して、ストレスに感じてとなるとマイナスなことしか起きません。もしかしたら相手のことを嫌いになってしまうかもしれません。


出会えたことにまず感謝し、お互いのためを思って一度別れるという大きな決断も時には必要です。

人は失って気付くことが本当にたくさんあります。

自分のパートナーと思っていた人が突然そうではなくなり、なにか心にぽっかりと穴が空いて日常生活にもなんらかの支障がでてくるようであればまた復縁するかもしれません。


しかし、ここで重要なのはすぐに復縁しないこと。

すぐに復縁してはせっかく別れた意味がありません。

最初は誰でも寂しいです。その寂しさに負けてしまったらまた同じことの繰り返しになります。

しっかりと別れてお互いが本当に必要なパートナーだと思えた時に復縁しましょう。

 
一つ困難を乗り越えたカップルはとても強い絆で結ばれます。

そしてそれを何回か繰り返していく過程で一生のパートナーに発展するのではないでしょうか。

まとめ

すれ違いはどのカップルにもあります。

それにどう向き合うかは様々です。


しっかりと向き合おうと思うならそれほど大事にしているパートナーということです。

だったらなおさら簡単には終わらせずに、じっくり考えて行動し、どうにか乗り越えて良いお付き合いをするようにしましょう。

スポンサーリンク