年賀状


お正月になれば、ポストにたくさんの年賀状が届きます。

毎年、年賀状を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

遠方に住んでいる友達や親せきが、元気に過ごしていると知ることもできますので、年賀状だけのやり取りだけになっていても、苦にならずに続けて行きたいと思える人も多いはずです。


しかし、ある年賀状の差出人を見てみると、出していない人からの年賀状で驚いた経験もあるでしょう。

年賀状を出していない人から、年賀状が届いた場合にどうすればいいのか、出す場合の書き方などをご紹介します。

スポンサーリンク


年賀状を出していない人から届いた場合の返信

文章編

年賀状を出していない人から届く場合は、元日に知ることが多いです。

もし、郵便の収集の日付が「1月1日」に間に合う時間帯であれば、年賀状の日付欄には「〇年元日」や「〇年元旦」と記載できます。


しかし、年賀状を見たのが元日の夜だったり、1月2日以降だったら、すでに元日は過ぎていますから、「〇年吉日」というように書いたり、「〇年正月」というような記載にしましょう。

時期編

1月7日までに、相手に年賀状が届くなら、それは「年賀」となります。

しかし、旅行中などで、年賀状を確認したのが1月7日以降だった場合、すでにもう「年賀」ではありません。

この場合は「年賀」ではなく「寒中見舞い」となります。

年賀 1月1日から7日まで
寒中見舞い 1月8日から2月4日まで
余寒見舞い 2月5日以降

年賀状の消印と、相手に届く時期を逆算して考えましょう。


もし1月7日に出す場合、年賀になりますが、相手に届くのは1月8日以降になりますから、この場合は寒中見舞いのほうが無難でしょう。

もし、相手に届くのがギリギリ1月7日までなら、それは年賀で構いません。

年賀状が遅れたことをお詫びする文章を入れるべき?

年賀状を出していないのに届いた場合に、「年賀状を貰ったことへのお礼」と「遅れたお詫び」を文章に入れるべきかは微妙な判断だったりします。


年賀状は手紙やメールのやり取りとは違いますので、もらったから返事をしたという感じで返信すること自体が失礼に当たります。

どうしても、お詫びを添えたいなら、例えば

  • ご丁寧な年賀状をいただき、ありがとうございます。ご挨拶が遅れ申し訳ありません
  • 年賀状をいただきながらご挨拶が遅れ、申し訳ありません
  • ご丁寧な年賀状を頂き、ありがとうございました。ご挨拶が遅れ大変失礼いたしました

というように、本当に済まないと思っていることが伝わる内容にする必要があります。

年賀状上のマナーと言うより人間関係上のマナーとも言えるので、相手側の気持ちをよく配慮する必要があります。

スポンサーリンク


出していない人からの年賀状をやめたい

中には、年賀状を出さなかったのは、もう付き合いをしたくないから…と感じている人も多いでしょう。

付き合いをやめたいから、あえて年賀状を出さなかった!というケースは意外と多いです。


今では、メールやアプリ、SNSで済ませてしまう人が多いのも事実です。


実際、年賀状を書くのに、はがきを購入し、内容を考えメッセージを書いて、ポストに投函しなければいけません。

そういった面倒なことを避けたい人もいるでしょう。


そんな場合は、あえて出さない!という選択肢もあるかもしれませんが、やはり年賀状を出してくれた相手を無視するのも気が引けるかもしれません。


年賀状のやり取りをやめたいけれど、年賀状を出さないことで罪悪感が生じる場合もありますし、年賀状のやり取りをやめたいと思っていても、とりあえず今年は出して来年に考えるという考え方も一つの方法です。


関連記事:面倒な年賀状を減らすテクニック!保存方法や捨て方も紹介!

年賀状のやり取りをやめたい人への返信

そのうち、年賀状のやり取りをやめたい人への返信方法としては、
  • 年賀状を貰ったことへのお礼を言わない
  • あえてお詫びの文章を書かない
  • 近況報告を控えめにする
この3点でしょう。


もし年賀状を貰ったことへのお礼を書いてしまうと、相手の人は来年もまた年賀状を送ってくるでしょう。

そうすると、いつまでも年賀状のやり取りが続いてしまうので、お礼を書かないようにしましょう。


そして、年賀状を出すのが遅れたことに関しても、あえて触れずにしておきましょう。

そこに触れると「うっかりさん」程度で済まされてしまう可能性があります。


わざと出さなかったということを全面的に出すと失礼ですが、あえて触れないことで「年賀状を出す意思がなかった」ということを遠回しに伝えましょう。

近況報告も、あまり詳しく書いてしまうと、「今度会おう」などと接点を深めるきっかけになりますから、誰にでも当てはまるような言葉を並べて書く程度に留めておくと失礼がないでしょう。


関連記事:年賀状が遅い人は失礼?出すなら元旦に届くようにすべき?

最後に

年賀状を出していない人から届いた場合、仲のいい友人なら「ごめんね」で済みますが、そこまで親しくない場合や、関わりを避けたい人の場合は、どうしても年賀状の返信すら億劫になります。

しかし、失礼のない程度の文章で、相手に不快な思いをさせないよう心がけつつ、返信することが大切です。

↓関連記事

お年玉はどの範囲まであげる?いつからあげる立場になる?

おみくじは神社に結ぶ?持って帰る?それぞれに意味がある!

おみくじを二回引くのはあり?違う神社だと御利益も違う?

獅子舞が頭を噛む理由は?起源や由来についても気になる!

絵馬に願い事を書くのは裏表どっち?名前は書いた方が良い?

スポンサーリンク