女性


鼻の横の「小鼻(こばな)」が赤くなってしまって困った経験はありますか?

ファンデーションだけでは対応できずにコンシーラーを使っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、赤みを隠しているだけでは根本的な解決にはなりませんし、かゆみやヒリヒリするなどの症状が出てくるとストレスも溜まってきます。

この記事では、そんな小鼻の赤みの原因や対処法についてお話したいと思います。

スポンサーリンク


その原因は脂漏性皮膚炎?

皆さん「脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」という病気をご存知でしょうか?

皮脂分泌の多い人(男女関係ありません)に生じやすい皮膚の炎症なのです。

高温・多湿の気候に加えて、紫外線の強い時期に発症しやすいと言われています。

特に、顔と頭皮は外気に直接ふれるため症状が出やすいのです。


皮脂には本来、皮膚や髪の毛を保護してうるおいを与える働きがあります。

しかし、皮脂の分泌量が多すぎると吹き出物やニキビができたり、皮脂に含まれる脂肪酸が酸化すると臭いが発生したりとデメリットもあるのです。

この皮脂分泌が多いことに加えて、マラセチアというカビの一種が異常に繁殖してしまうことで炎症を起こし、脂漏性皮膚炎となるのです。

どんな症状なの?

鼻の周辺や頭皮が炎症を起こしやすいと言われています。

人によっては首の周辺や胸・背中などにも炎症が広がることがあります。かゆみの程度は人によって異なります。

頭皮の場合は、フケの量が増え、髪の毛を洗った後でもすぐにフケが出るといった症状もみられます。

辛いものなどの刺激の強い食べ物を摂取したと、強いかゆみとフケが出ることもあります。

また髪の毛が細くなったり、脱毛してしまうこともあります。

どんな治療が行われるの?

脂漏性皮膚炎とは気付かずに市販のクリームなどで対処しようとされる方が多いかとは思いますが、この病気の原因はカビですので、市販のクリームではあまり効果が得られないかと思います。

更に、クリームが原因で症状が悪化してしまう可能性もあります。

ですので、一度皮膚科へ行き、医師の診察を受けた方が良いかと思います。

白癬菌やカンジダなどの真菌感染症との鑑別のため、症状がある所の皮膚を少し採取して顕微鏡で拡大してカビの有無を調べる検査が行われます。

大人の脂漏性皮膚炎は症状を繰り返して経過が長くなってしまうことが多いので、根気よく治療を受ける必要があります。

検査の結果、脂漏性皮膚炎の診断された場合、炎症を抑えるためのステロイド外用薬やカビをやっつけるための真菌薬の外用薬が処方されることになると思います。

医師の処方通り薬を塗布するようにしましょう。

かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の内服が処方されることがあるかも知れません。


関連記事:混合肌のスキンケア方法が分からない!原因や対策を解説!

スポンサーリンク


日常生活での注意点は?

1日2回朝と晩に洗顔をするようにしましょう

洗顔料をきちんと泡立てて、ゴシゴシと洗わないように気を付けましょう。

また、洗顔後は清潔なタオルで押え拭きするようにしてください。

食生活に気を付けましょう

脂っこいものやアルコールの過剰摂取、刺激物などは避けるようにし、バランスの良い食事を摂取するようにしましょう。

ビタミンBとCは皮膚の代謝を改善し、ダメージの回復を早める働きをしてくれますので、積極的に摂取するようにしましょう。

十分な休息をとるようにしましょう

「睡眠不足やストレスはお肌に悪い」と良く耳にしますよね?

きちんと睡眠や休息をとって規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

頭皮にも症状がある場合は、髪の毛の洗い方にも気を付けましょう

熱いお湯をいきなり頭にかけることは避けてください。

抗真菌剤が入っているシャンプー、もしくは刺激の少ないシャンプーを使用して、爪を立てないようにして指の腹で優しく洗うようにしましょう。

きちんと泡を洗い流すことも大切なことです。

紫外線予防をしましょう

紫外線は皮膚のダメージを促進させてしまいますので、日焼け止めや帽子・日傘などで対策をするようにしましょう。

日焼け止めはノンケミカルの物を小まめに塗りなおすようにすると肌への負担が最小限に抑えられるかと思いますのでオススメです。


関連記事:いちご鼻が10代20代でもできる原因!改善する方法も解説!

おわりに

ただの乾燥肌による赤みであれば保湿クリームで対処しましょう。

しかし、なかなか改善しない場合や悪化してきた場合は何かしらの原因で皮膚炎が生じてしまっている可能性が非常に高いので、一度皮膚科を受診してきちんと治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク