ウエスト


正中線という言葉はご存知でしょうか。

妊娠を経験したことのある女性なら、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

この正中線は、妊娠している女性に出来ると言われますが、妊娠線との違いがわかりづらいです。

この記事では、正中線と妊娠線は同じものなのか違うものなのか、また正中線が出来る原因や対処法をご紹介します。

正中線とは?

正中線とは、下腹部の中心に縦線がありますが、この線を指します。

実は妊娠の有無や性別に関係なく正中線は存在するものです。


正中線は妊婦特有のものじゃないの?と思われがちですが、この正中線は、母親のお腹の中にいる胎児の頃の名残と言えます。

そのために、男女問わず人間であればほぼ絶対と言っていいほどに存在するものです。

胎児だったころに、人間は様々な細胞が分裂したり結合したりします。そのころに細胞分裂がおこったときの名残として下腹部に縦線が残るのです。


では、なぜ妊娠している女性に出来ると思われてしまうのでしょうか?

それは、皮膚のメラニン色素が関係しています。

妊娠するとシミが増えたり乳首が黒ずんでしまったりすると言われます。

これも正中線が目立つことと同じ理由なのですが、正中線は妊娠してお腹が大きくなるにつれて、できるというより、目立つことが多いのです。


お腹が大きくなるとお腹の皮膚はどんどん伸びていきます。

するとお腹の皮膚は伸びた分薄くなるために、元々ある正中線が特に目立つようになってしまうのです。

そして、妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するために、メラニン色素が分泌・蓄積されやすくなり、その分正中線が黒ずんでしまうので、目立つようになります。


このために妊娠したら正中線が出来るというように言われるようになったのです。

スポンサーリンク


正中線と妊娠線について

正中線と妊娠線は同じものなのか?

という疑問ですが、これはずばり全く違うものです。そもそも正中線は男女問わずに存在しているものです。

そして胎児期の名残として残っているものであるため、小さな子供でも正中線はあります。


しかし妊娠線は妊娠時に皮膚が急激に伸びます。急激に伸びた皮膚はその力に耐えられずに組織が裂けてしまいます。


この皮膚組織が裂けたたことによるものが妊娠線です。

妊娠線は、妊娠のみならず急激に太った時などにもみられます。

正中線は茶色っぽいですが、妊娠線は皮膚組織が裂けているために、どちらかというと白っぽいのが特徴です。

正中線の出来る時期はいつから?

正中線が特に目立つ頃は、妊娠中だと20週目頃からです。

主に20週目頃からお腹の大きさも目立ってくるようになる時期ですので、正中線も目立つようです。

とはいっても、色素の関係やお腹の大きさなどが大きく関係しているために、個人差があり、中には正中線が目立たない人もいますし、もっと20週よりも早い時期から正中線が目立つという人もいます。

正中線って消えるの?

正中線はずっと残るものなの?と思う人も多く、正中線は消えないものと考える人も多いです。

しかし、心配ありません。妊娠中に目立った正中線は、出産後約半年から遅くて1年程度で薄くなって行くことが多くそして、気が付いたころには元通りの薄さになっています。


しかし、中には正中線がなかなか消えない人もいます。

出産から1年以上経過しても正中線がはっきり見える人もいますが、それでも正中線は特別な病気ではないので必要以上に気にする必要はありません。

スポンサーリンク


正中線が出来た時の対処法はある?

しかし正中線が残っているままだと、気になる人も当然います。

正中線が早く消えてほしいと思う人も案外多いです、そんな場合は、保湿クリームを活用しましょう。


正中線が目立つ原因がメラニン色素による色素沈着なので、正中線が出始めている頃からしっかり保湿クリームを使用して肌を保湿することで、出産後、正中線が薄くなる期間が比較的短くなります。


もちろん、出産後から保湿を行っても問題ありません。

正中線は、何もしなくても自然と元の色に戻りますから、保湿クリームを使用しようが使用しまいが、結果として正中線は薄くなっていきます。

どんなクリームを使用しても、肌に合うものなら問題ありませんが、特におすすめなのが妊娠線に効果的なクリームです。


正中線付近を広範囲に渡り妊娠線用のクリームを使用することで、妊娠によってできた皮膚組織の裂けた後も薄くなったり消えたりするため、一石二鳥です。


そして、クリームの使用だけでなく、出来るだけ質の良い睡眠をしっかりとるように心掛けましょう。

しっかり睡眠をとることで肌の代謝がよくなり、妊娠による肌荒れや気分の沈みなども改善されます。睡眠はとても大切です。


関連記事:痩せてる人も妊娠線ができやすい?いきなり増えない予防法!

最後に

出産後は子供の世話があるからなかなか睡眠時間が確保できないという新米ママさんは非常に多いです。

そのため周囲の人々がしっかり理解を示し、協力してもらうよう促しましょう。


そして正中線は子供年齢性別に関係なく存在するものですので、決して心配しないように心掛けましょう。

あまり気にしすぎることもストレスとなってしまいますので、できるだけ「大丈夫」「問題ない」と言い聞かせ、正中線のことを忘れてしまうくらいでもいいでしょう。


関連記事:産後の体重増加が止まらない4つの原因!戻し方も解説!

スポンサーリンク