唇


普段は口紅などで綺麗に彩られている唇、クレンジングで化粧を落とすと現れた唇の色にげんなりすることはありませんか。

唇を縁取るように色が変わってしまったり、シミのようにまだらに現れたりとその出来方は様々ですが、何気なくしている普段の行動に実は原因が潜んでいるのかもしれません。


鮮やかなピンクや赤とは程遠い、いつの間にか色素沈着してしまい黒ずんでしまった唇の色、その原因と治し方を徹底解説します。

スポンサーリンク


唇の色素沈着の原因

一見、色素沈着を起してしまう要因などないように思える唇ですが、唇の皮膚は他の部分と比べても薄く、皮脂などの分泌もないためいつも無防備にさらされています。


そんな唇に、外部からの刺激が加わると簡単に色素沈着を起してしまうのです。

一体どのようなことが原因で唇に刺激が加わってしまうのか、自身の生活の中でNGな行動をしていないかどうか確認しながらみていきましょう。

①紫外線

日焼け対策として日焼け止めを全身くまなく塗ったつもりでも、唇のケアを忘れてはいませんか。

色は違えど唇も肌の一部であり、紫外線によって日焼けをしてしまいます。

さらにオイルの含まれたリップグロスなどを付けることによって、紫外線による唇へのダメージは大きくなってしまいます。

②タバコ

煙草に含まれるニコチンという成分には、美白に欠かせないビタミンCを破壊してしまう作用があります。


煙草を吸うことでビタミンCが破壊され、色素沈着を起してしまうメラニン色素に対抗することができなくなってしまった結果、唇はもちろん肌全体にシミや色素沈着が起こりやすくなってしまうのです。


関連記事:唇の赤いできものはニキビ?ヒリヒリする時の治し方を解説!

③摩擦

肌は本来摩擦に弱く、唇もその例外ではありません。

食事の後に唇の汚れを拭うときや口紅やリップクリームを塗るとき、荒々しくごしごしと拭ったり硬い口紅やリップの芯をぐりぐりと口紅に押し付けたりしてはいませんか。

こういった刺激が積み重なることで、色素沈着により唇は黒ずんでいってしまいます。

④化粧品

唇の黒ずみを打ち消して美しく見せるために付けている口紅が、実は色素沈着の原因となっている場合があります。

特にタール色素という成分が含まれている口紅は、塗っているだけで紫外線の影響を受けやすくしてしまう作用があるので紫外線の強い日や屋外に出るときは要注意です。


また、唇には細かいシワが多数あるのでそこに入った口紅がクレンジングで落ちきれずに色素沈着してしまう、ということも多々あります。

色素沈着してしまった唇の治し方

一度ついてしまった唇の色素沈着は、そう簡単には落ちてくれません。

気になって擦っても逆に唇に摩擦を与えて色素沈着を作ってしまうだけです。

そんな扱いの難しい唇の色素沈着を綺麗に治すことができるよう、正しい治し方を学んで実践しましょう。

リップクリームを正しく使う

リップクリームを唇を保護するように使用します。

一日に何度も塗ってしまうとかえって要らない刺激を唇に与えてしまうことになるため、塗り直すのは3~5回程度にしておきましょう。

外出時には紫外線対策としてUVカットの効能があるものを、口紅を塗る前に塗っておいても口紅による色素沈着の予防になります。

また、夜や屋内で塗り直すときはUVカットよりも保湿効果の高いものを使うと良いでしょう。

つけるとスースーするような刺激の強いものは避けましょう。


関連記事:唇の乾燥はリップだけでは治らない?ガサガサの原因と対策

リップスクラブで黒ずみ除去

唇も肌と同じくターンオーバーで美しく生まれ変わります。

リップ専用のスクラブ剤で唇に付着した古い角質や汚れを取り除き、洗顔では落としきれないような色素沈着した黒ずみも除去することができるでしょう。

ただし使用方法や使用回数には十分注意し、何事もやり過ぎないように心がけましょう。

スポンサーリンク


クレンジングを正しく行う

汚れを残してしまいがちな唇のクレンジング、あなたはどのように行っているでしょうか。

汚れを取り残してしまわないよう気を付けなければいけませんが、シワの隅々まで届くようにと強い力で擦ってはいけません。

クレンジングはあくまで肌に負担をかけないよう優しく、丁寧に行いましょう。

リムーバーをよく染み込ませたコットンを唇に乗せて浸透させた後、丁寧に口紅をふき取ります。

このとき、コットンを横に動かすのではなく唇の細かいシワに沿って、縦に動かすことで細かな汚れも取り除くことができます。

レーザー治療による黒ずみ除去

多少費用はかかってしまいますが、皮膚科などで行っているレーザー治療を受けることができます。

唇の気になるメラニン色素だけを狙って除去してくれるので、唇へのダメージもなく行えます。


専門の先生にしてもらえるので安心と言えば安心ですが、費用が掛かることと、満足するような唇の色に戻るまで、もしかすると何度か通わなければいけなくなることがあります。


関連記事:石原さとみの唇を手に入れたい!縦ジワをなくす方法!

最後に

黒ずんでしまった唇ではせっかくの綺麗な口紅やグロスの色もくすんでしまいます。

唇の色素沈着を招くような間違ったケアや行いをやめ、正しいケアを行うよう心がけましょう。

すっぴんの唇で自信をもてるよう、日々のケアを怠らない努力も必要です。


関連記事:唇が荒れるのはキスが原因って本当?

スポンサーリンク