女性


ダイエットに人気があるものの一つとして「亜麻仁油」と言うものがあります。

世の中にはたくさんの油があるのにかかわらず、なぜここまで亜麻仁油が人気になっているのでしょうか?


また、亜麻仁油を飲んでも痩せない人がいるのはなぜなのでしょうか?

亜麻仁油の正しい使用方法を知り、正しくダイエットできる方法をご紹介します。

スポンサーリンク


亜麻仁油がなぜダイエットにいいの?

まず、なぜ亜麻仁油がダイエットに良いのか?と言うことですが、亜麻仁油にはオメガ3と言われるものが多く含まれています。


このオメガ3と言う成分は、オメガ3系脂肪酸というものであり、これには中性脂肪を抑える効果があります。

肥満の原因となる中性脂肪を抑える効果のある成分が多く含まれているということは、ダイエットには非常に有力な助っ人となります。


また、オメガ3には単に中性脂肪を抑えるだけでなく、分解酵素と言われるものを活性化させる効果があるため、結果として脂肪燃焼の手助けをするのです。

(分解酵素とは、摂取した物の消化を助け、必要な栄養分をしっかり吸収する役目があります。)

亜麻仁油には、他の油や食品より多くのオメガ3が含まれているため、ダイエットに効果的だと言われるようになってきました。

スポンサーリンク


亜麻仁油を飲むだけダイエットは効果なし?

ただの油なら簡単にダイエットできる!と思う人は多いですが、亜麻仁油を正しく使用しなければ、摂取してもダイエット効果はありません。


もしダイエットの効果が見られる場合でも、正しい使用でなければ効果が出るまで非常に時間がかかるかもしれません。

亜麻仁油には、あくまでも「ダイエットの手助けをする成分が含まれている」ということに注意しましょう。


関連記事:ダイエットに効く呼吸法!ドローインでお腹が凹むって本当?

亜麻仁油を正しく使いダイエットする方法は?

では、そんな簡単そうで難しい亜麻仁油を正しく使い、効率よくダイエットする方法はあるのでしょうか?


亜麻仁油を摂る上で非常に大切なのは
  • 一日の亜麻仁油の摂取量を超えない事
  • 酸化させない事(加熱したり料理油に使用しない事)
  • 開封後は出来るだけすぐに使い切る事
この上記3点は、亜麻仁油を摂取してダイエットする上では、非常に重要なポイントとなります。


例えば、亜麻仁油の一日の摂取量は小さじ1杯程度です。

これ以上に摂取すると、アレルギーを起こして肌荒れしたり、血液中の数値異常が見られてしまったり、時にダイエットのはずが逆に太ってしまう可能性もあります。

一日の摂取量はどれだけ痩せたくても我慢してしっかり守りましょう。


そして亜麻仁油は、加熱したり開封後時間が経過すると、すぐに酸化してしまいます。

亜麻仁油が酸化すると、ダイエット効果は期待できず、体調不良を引き起こす可能性もあるようなので、開封後から1か月程度を目途に使い切るか、1か月を過ぎると捨てるようにしましょう。


また、亜麻仁油は加熱せずに生のまま摂取することが一番いいので、一日のうちに1回、小さじ1杯の亜麻仁油をそのまま飲むのが良いでしょう。

「え?油をそのまま?」と思い抵抗がある人も多いですが、ダイエットには何かしらの苦労がある程度は必要なのでしょう。


また、亜麻仁油はあくまでも「ダイエットの手助け」になるだけですから、亜麻仁油を使ったダイエットをしている間は、いつもより多く運動したり、しっかり睡眠を取ったり、過度な暴飲暴食を避け、健康的でバランスの良い食生活を送ることが大切です。


関連記事:痩せるにはインナーマッスルを鍛えるべき?効果がでる期間は?

亜麻仁油をどれくらい飲めばダイエット効果が出る?

正直、亜麻仁油を摂取するだけの人と、亜麻仁油の摂取に加え適度な運動をした人や、食生活を改善した人、それぞれダイエットの効果は大きく異なります。


何もせず単に亜麻仁油を摂取した人は効果が出るまで数ヶ月~長くて年単位で考えておく必要があります。

ここに、ある程度の運動を加えることで、上手く行けば3ヶ月程度あれば効果が得られそうです。

適度な運動に加え食生活の改善をした人は、ほんの1か月程度で効果が見られる場合もあるようです。

しかし、これらの効果期間は、あくまでも個人差があり、健康状態や元の中性脂肪率、生活習慣に寄り大きく異なるので「期間はこれだけ必要!」と断言することは難しいです。


関連記事:リンゴ酢は酸っぱいので苦手?痩せるのに効果がある飲み方!

最後に

大切なのは、正しい食生活と正しい生活習慣、健康に気を使った生活を送ることで、亜麻仁油の本来持っている効果が存分に感じられるということを理解していただきたいです。

そうすれば、美しい身体を手に入れることも十分に可能になります。

スポンサーリンク