ホーロー鍋


よく名前を聞きますが、いまいち使い方がよくわからないので持っていないホーロー鍋。

ホーロー鍋は、見た目がおしゃれなものが多く、一つ持っているだけで非常に料理幅が広がる便利な鍋です。


しかし、使い方が間違っているのか、よく焦げ付いてしまったり、上手にホーロー鍋を使いこなせない人が多くいます。

ここでは、そんなホーロー鍋のいろいろな疑問を解決します。

スポンサーリンク


ホーロー鍋って何?

ホーロー鍋とは、金属鍋にガラスをコーティングした鍋を言います。

ホーロー鍋の製作工程の違いから、大きく分けで2つの種類があります。

鋳物(いもの)ホーロー鍋

鋳物とは、鉄を溶かして型に流し込み、冷やして固まらせてできる物を言います。


鋳物タイプのホーロー鍋は、金属を溶かして型に流し込んだだけなので、重量感があります。

そのため、一人暮らしの人には向かないかもしれません。

しかしメリットもあり、熱の伝わりがゆっくりなので、煮物を作るときにはオススメです。


また、火を消してからもしばらくの間は熱が逃げにくいので、じっくりコトコト煮込みたい場合は、鋳物のホーロー鍋を使うのが良いでしょう。

鋼板(こうはん)ホーロー鍋

これは、鋼という金属を平べったく加工して出来る物を言います。

鉄を流し込んで作る鋳物とは異なり、平たい鋼を加工しているので、熱の伝わり方が早く、時間がない時の調理にはオススメです。


また軽くできているものが多いので、料理がしやすいです。

ただし、鋳物タイプの鍋に比べると熱を放出しやすいです。そのため、火を止めてしまうと、すぐに冷めてしまうというデメリットがあります。

煮込み料理に適している

ホーロー鍋自体は、基本的に保温力に優れています。

確かに、鋳物タイプと鋼板タイプのホーロー鍋では、保温力の違いがありますが、ホーロー鍋以外の鍋と比べると、やはり保温力はあります。


そのため、基本的に普通の鍋より、煮込み料理に適しています。

ただし、普通の鍋よりも重いので扱いにくいですし、結構強度が足りないように感じるので、普段使いには不向きです。

多くの家庭では、ガスコンロよりIHコンロになっています。

IHコンロとの相性は抜群にいいです。

ただし、IHコンロは接地面だけで熱を伝えるため、ガスコンロ違い、接地面が安定していないと熱が伝わらずIHコンロが動作しないこともありそうです。


IHコンロを使用してホーロー鍋を使うときは、接地面が大きいものを使うようにし、強度がないので優しく扱うよう心がけたら、普通の鍋よりも圧倒的に料理がしやすく、焦げにくいのでお手入れも簡単にできそうです。

もちろん、ガスコンロでも十分に使えますし、非常に料理に適した鍋と言えそうです。

スポンサーリンク


ホーロー鍋のお手入れ方法は?

ホーロー鍋に関わらず、他の鍋でも同様ですが、長年使っていると、どうしても取れない焦げや傷がついてしまいます。


そうなると、傷ついた部分から更に傷が広がったり汚れが付着したり、焦げ付きやすくなるので、汚れを取るためにゴシゴシと洗いがちになります。

しかし、これでは悪循環です。


ホーロー鍋は、とにかく優しく丁寧に洗うことが大切です。ここでは、万能クリーナーと言われる重曹を使ったお手入れ方法をご紹介します。

重曹を使って鍋が綺麗になる!

必要なものは綺麗にしたいホーロー鍋と水と重曹だけです。

水を入れたホーロー鍋の中に、大さじ1杯程度の重曹を入れます。

そして、ホーロー鍋を火にかけ、消えそうなくらいの弱火で加熱します。

しっかり加熱出来たら、蓋を開けて中身をそのままにして置きます。

中に手を入れられるくらいの温度になったら、食器用洗剤と柔らかいスポンジで撫でるように洗いましょう。


ここで注意したいのは、重曹は研磨剤の役割があるため、ゴシゴシと洗ったり、固めのスポンジを使ってしまうと、鍋の中が研磨されている状態になるので、余計に傷が増えてしまったり、鍋自体が使えなくなってしまいます。

「優しく」をモットーに丁寧に洗いましょう。


もし汚れが酷く落ちない場合には、数回同じようなことを繰り返しているうちに、綺麗になります。ぜひ試してみたいです。

具体的にホーロー鍋をどうやって使う?

具体的なホーロー鍋の使い方としては、一番作りそうなカレーです。

カレーは、まさにホーロー鍋で作るのが良いでしょう。


野菜などはフライパンなどで炒め、ホーロー鍋には水を入れている状態からスタートしましょう。


炒めた野菜を入れて弱火でグツグツ、野菜が柔らかくなるまで煮込むには適しています。


注意したいのは、カレールーを入れたときです。ルーを入れたときは熱の伝導率が悪くなるので、気を付けましょう。

弱火で常に混ぜながら作りましょう。

火を消した後は、保温性があるのでなかなか冷めません。

しっかり味を染み込ませたい場合には、ルーを別の鍋で溶かし、温めてからホーロー鍋に入れるのが良いでしょう。

最後に

ホーロー鍋は、意外と丈夫で長年使うには適した鍋です。

強度のある金属と耐水性のあるガラスを合わせた鍋ですから、正しく使えば何年、もしかすると何十年と使えるでしょう。

ホーロー鍋はできれば家に一つは欲しいアイテムです。

スポンサーリンク