かかと


かかとが硬くてガサガサしていると女性として恥ずかしいですよね。

ボディローションを塗ったり、尿素が入っているクリームを塗ったりとケアしている方は多いはずです。

この記事では、かかとのケアに「ピーリング剤」を使用する際のポイントと、そもそも何故かかとが硬くなってしまうのか?かゆみがある場合の原因などをお伝えしていきます。

毎日のかかとのケアにお役立て下さい。

スポンサーリンク


ピーリング剤について

上でも書いたように、かかとのガサガサに対してボディローションを塗ったり、尿素が入っているクリームを塗ったりと何かしらのケアはしていると思います。

それでもかかとがガサガサしている時はぜひ一度は試して頂きたいことがあります。

それは「ピーリング剤」でケアをすることです!「ピーリング剤」は一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

かかとの角質をリムーバーや軽石で削るという方法もあるのですが、健康な皮膚も傷つけてしまうことがあります。なのでピーリング剤は一度試してみましょう。


ピーリングとは、酸性の薬剤をかかとに塗布することで古い角質層を取り除き、本来のターンオーバーを取り戻す方法のことを言います。

ピーリング剤の使用方法の詳細は商品のパッケージで確認してください。

また、生理などで皮膚が敏感になっている期間は使用を避け、必ずパッチテストを行ってから使用すると良いかと思います。

ピーリング剤を使用してから数日で角質が剥がれはじめ、1~2週間後にはツルっと綺麗なかかとになります。

価格は1500~2000円程度の物が多く、1回使い切りですのでちょっとお高めですが、効果は抜群です。


ただ、難点なのが、角質がポロポロと数日にわたって剥がれ落ちますので、素足にならなければならない予定がある場合はスケジュールを確認してから使用するようにしましょう。

角質が床に散らばるのが困る方は靴下を利用するのがオススメです。


剥がれかけている角質を剥いてしまいたい衝動にかられるかもしれませんが、無理に剥がしてしまうと健康な皮膚まで傷つけてしまう可能性がありますので、自然に剥がれ落ちるまでグっとこらえましょう。


関連記事:足が臭い女性の特徴は?原因となる行動6つをチェック!

スポンサーリンク


かかと水虫について

もしピーリング剤を使用してもかかとのがさがさが治らず、かゆみが出ているという場合は「かかと水虫」の可能性が非常に高いです。

水虫は中高年の男性に多く、足の指の間がジュクジュクとして強い痒みが出るというイメージがあるかとは思いますが、女性でも水虫になる方は非常に急増してきています。

今の時代、女性の3人に1人は水虫にかかっているというデータもあります。

かかとがガサガサして粉をふいていたり、小さな水ぶくれがあって痒みがある場合は水虫の症状かもしれません。

ドラッグストアでも入手可能なかかと専用の水虫薬が販売されていますので、一度試してみても良いかも知れません。

水虫の原因である白癬菌はかかとの皮膚の奥深くに住み着いています。

かかとは角質が厚くく、通常の水虫薬では白癬菌まではなかなか薬が届きづらいのです。


その点、かかと専用の水虫薬は尿素が配合されているものがありますので、角質を柔らかくして薬の成分が届きやすくしてくれているのです。

1日1回の使用で効果があるようなので、入浴後の綺麗に洗ったあとの足に薬を塗布して眠るだけで良いので続けやすいですね。

価格は2000円あればおつりがくるぐらいです。店頭で買うのが恥ずかしいという場合は同じような値段でインターネットでも購入することができます。


かかと水虫の場合、薬を使用して痒みがおさまってガサガサもなくなった場合、薬の使用を中止する方がみえますが、これはやめてください。

白癬菌は皮膚の奥深くに根付いていますので、症状が軽快したとしても約1ヶ月は薬を使用し続ける必要があります。


水虫が完治した後は、再発予防のためにも足の清潔を保つことが重要です。

家族に水虫感染者がいる場合は水虫を感染させ合う「ピンポン感染」という状態になってしまうなんてこともありますので、同時に治療をするようにしましょう。


関連記事:足の指の間が臭い女性必見!7つの簡単な予防法!

水虫予防のポイント

  • 家に帰ったら足を洗う習慣をつける。なるべくバスマットは個人専用にしましょう。
  • 足を洗った後はよく乾燥させましょう。
  • 足の指にも水虫がある場合は5本指ソックスを使用すると良いです。
  • 窮屈で蒸れてしまう靴は避けるようにしましょう。
  • もし家族に水虫感染者がいる場合は、スリッパは別々の物を使用するように気を付けてください。

なんといっても水虫は足を清潔にすることを心掛けることが一番重要になってきます。

それでも症状が改善しない場合は、他の病気の可能性もありますので一度皮膚科を受診してみましょう。

最後に

かかとのカサカサがなかなか解消しない場合は、これまでのケア方法を変えてみるのも一つです。

ピーリング剤をまだ試したことが無い人は一度試してみましょう。


また、痒みがあったり、白っぽい粉を吹いているように感じる場合は、かかと水虫に感染している可能性があります。

水虫は男性が感染するイメージがありますが、感染する確率は女性だから低くなるということはありません。気になる場合は一度皮膚科に行ってみる必要があります。


関連記事:ストッキングを履くとつま先が痛い?サイズの選び方が原因?

スポンサーリンク