女性


前日にしっかりお風呂で綺麗に洗ったはずの髪の毛が、朝起きた時にべたついていたという経験はないでしょうか。

毎日お風呂で髪をしっかり洗っていても、時間が経つとべたついてくることは珍しくありません。


汗をかいていない場合でも、性別や年齢に関係なく起こるのです。

しかし、もしかすると自分だけでなく周りに不快感を与えかねないこの現象を放置しておくわけにはいきません。

この記事では、そんな髪の毛に関するお手入れの話をしていきたいと思います。

スポンサーリンク


髪がべたつく原因

髪のべたつきを改善するにはまず原因となっているのは何なのかを知る必要があります。

原因はいくつか考えられるので、これから挙げる中から自分が当てはまるようなものがないかチェックしてみましょう。

もちろん、該当するような行動は今後控えるように心がける必要があります。

頭皮の毛穴詰まり

毛穴が集中する頭皮には、たくさんの皮脂腺と呼ばれる皮脂を分泌する箇所もあります。


また、髪の毛自体が他の体毛と比べて太いので毛穴も大きく、皮脂腺から分泌された皮脂などが毛穴に詰まりやすくなっているのです。

毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまうと、時間の経過とともに酸化してしまい、頭皮のべたつきや嫌な臭いの原因となることがあります。

髪の毛の洗いすぎ

べたつき出した髪や頭皮が気になって、シャンプーを念入りにし過ぎてしまうのも実はべたつきを悪化させる原因となります。


シャンプーの回数を増やしたり、刺激の多いシャンプーでゴシゴシと強い力で洗ったりしていると頭皮がダメージを受けて乾燥してしまいます。


肌は乾燥すると更なる水分の蒸発を防ぐために、コーティング剤の役割をする皮脂を過剰に分泌してしまうので新たなべたつきの原因となってしまうのです。

髪の毛を乾かさない

お風呂あがり、面倒くさいからといって濡れた髪をドライヤーで乾かさずに自然乾燥しようとしていませんか?


洗濯物を部屋干しなどして生乾きすると嫌な臭いがするように、人の髪の毛や頭皮も雑菌が繁殖し始めてべたつきやにおいの原因となってしまいます。

ストレス

ストレスが髪をべたつかせる原因になるのには、自律神経の働きが関係しています。

強いストレスは自律神経の働きを乱し、不眠症や冷え性などの様々な症状を引き起こしますが、そんな数ある症状の一つとして、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうことがあります。


ホルモンの働きによって皮脂の分泌は行われているので、バランスが乱れてしまうと皮脂の分泌が正常に行われなくなって髪や頭皮のべたつきに繋がるのです。


関連記事:ショートヘアが似合う顔立ちは?切る前に確認したいこと!

スポンサーリンク


べたつく髪の毛の改善方法

べたついた髪の改善は、髪の毛の洗い方がポイントとなります。

毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかりと洗い、清潔な頭皮へとする洗い方をご紹介します。


まずは洗髪前にお湯で十分に髪を濡らしておきましょう。

これでシャンプーが泡立ちやすくなり、毛穴の奥まで洗浄できるようになります。

頭を洗う時は爪を立てず、指の腹で優しくマッサージするように揉み洗いします。

髪の毛だけでなく、頭皮をしっかり洗っておきましょう。


泡を洗い流すときは洗い残しがないよう確認し、忘れがちな耳の後ろやうなじ、おでこの髪の生え際などは入念にシャワーで流します。

リンスやトリートメントは頭皮ではなくダメージの大きな毛先など、髪の毛を中心につけていき、シャンプーのときと同じように丁寧にすすいでおきましょう。


髪を洗うのはここまでですが、お風呂上りの乾燥にもしっかりと気を引き締めて取り掛からなければいけません。

タオルドライでしっかりと水気を切った後は、髪の毛ではなく頭皮からしっかりとドライヤーで乾かしていきます。

ここでさぼってしまうと全てが台無しになってしまうのでがんばりましょう。


正しい洗髪を行っていても頭皮が荒れて皮脂がたくさん出ているときはもしかすると、使用しているシャンプーなどの刺激が強すぎる場合もあります。

クレンジング効果の強いものは毛穴のケアに最適ですが、人によっては頭皮が負けてしまうこともあるので状態をよく観察して判断しましょう。


関連記事:冬に頭が臭いと感じる!シャンプーしても臭う原因と対処法!

最後に

髪のべたつきだけでも不快に感じますが、嫌な臭いはさらに自分だけでなく周りの人にまで不快感を与えます。

正しく洗髪するということはこれらの嫌な症状を抑えてくれるだけでなく、加齢とともに起こる様々な髪や頭皮のトラブルへの対策にもなります。

たまには少し贅沢もしてみて、美容院でヘッドスパを受けてみるのもいいでしょう。

髪のアレンジを行う女性は想像以上に髪や頭皮に負担をかけています。

毎日しっかりとケアをしていつまでも美しい髪でいられるようがんばりましょう。


関連記事:茶髪より黒髪が似合う美人の特徴!

スポンサーリンク