「ぶりっ子」に男性は弱いものです。

やはり甘えてきたり、上目遣いをたくみに使ってくる女の子には惚れやすいです。

だって可愛く見えちゃいますからね。

しかし、それには限度というものがあります。
 
あまりにもひどいぶりっ子はさすがの男性も抵抗があります。

顔が可愛ければ百歩譲って許せるって場合もありますが、その場合はもはや男性は顔でしかその女性の良い部分を見ていないです。

一般的に「ぶりっ子」と言われる女性はどのような特徴があるのか。

それは人それぞれ判断基準があります。

これぐらいなら可愛いもんでしょと思う人いれば、少しでもぶりっ子要素をチラつかせる女性は断固拒否という人もいるでしょう。

ここでは、数あるぶりっ子の中で特徴的なものをいくつかご紹介します!

スポンサーリンク


その子の周囲に女子はいないでしょう

「ぶりっ子」の典型的なパターンです。

【異性には好かれるが同性には好かれない。】
 
同性の友達が少ない人は確実に裏表があるということ。つまり信頼がないのです。

その裏表とは、男性の前でのふるまいと、女性の前でのふるまいが全然違うということです。

基本そのような人の周りにはいつも男性がいます。

何か相談する時、世間話をする時は決まってまず男性からします。

甘えん坊口調で悲しい顔や満面の笑顔で近付くと男性は気を引かれてしまいます。

その方法、間を完全に理解しているのが「ぶりっ子」です。

しかし、女性にはなにも喋らない。

最悪の場合は嘘をついて、男性にだけ本心を言っている「ぶりっ子」もいます。

女性からしては正直気分は悪いです。

結果同性たちは「ぶりっ子」から離れていき、周囲には男性ばっかり残ってしまうのです。

職場の飲み会などの席を良く観察しているとたまに女性一人で男性のなかに居座っているという人がいます。

そういう人は「とてもサバサバしていて男らしい人」か、「男にチヤホヤされたいぶりっ子」のどちらかです。

もし前者のパターンであれば女性の中に入って男性の時と同じノリで話しています。後者の場合パターンであればその場から離れないでしょう。

男性もバカではないので周囲に女性がいない、女性からの印象が悪いあきらかな「ぶりっ子」には誰にでも男なら良い顔してふるまうんだろうなと思い、深い関係を築こうとしません。

その子の周囲の女子をよく観察してください

さすがの「ぶりっ子」も同性友達はいます。

さすがに男ばっかりだと周りの目を気にするし、基本「ぶりっ子」は好かれたいのでそこらへんの計算高さもあります。

しかし「ぶりっ子」はどんな時も一番自分が好かれたいのです!

したがって、周囲の女性は自分よりブサイクな人で固めます。
 
可愛い人に対してはものすごく冷たく、周りにありもない噂を流したり、何か悪い噂をつかもうと情報収集したりします。

そして自分の周囲のブサイク友達にその噂を共有させ、拡散し、自分の地盤を固めていくのです。

そのような事をする人に決して人は集まりません。離れていくでしょう。

しかし「ぶりっ子」はそうまでしないと自分の存在価値を100%発揮できないのです。
 
男性はそのような人を良く思うでしょうか?

まず人の悪口を平気でしたり、誰かを陥れるようなことを言う人をあまり信用はしません。

そのような「ぶりっ子」に出会ったら要注意です。

自分も同類とみられ周りの信頼が落ちる可能性があります。

スポンサーリンク


これぞぶりっこの極み!自称天然!

【天然とぶりっ子は紙一重】

これは良く言われることですね。

天然の子はやはり一緒にいて楽しいし、周囲の人気もあるでしょう。
 
天然とはそもそも自分が天然であると気づいてないのです。だから天然というのです。

素でいるのになぜか周りは面白おかしく接してくる。

自然と人が寄ってくる。

天然は持って生まれた一つの才能とまで言えるでしょう。

「ぶりっ子」はそれを自分で言ってしまいます。

「ぶりっ子」は周囲に気に入られたいという願望を持ち、努力し、天然を演技します。

そして周りから天然なんだねと言われたら作戦成功。しかし、なかなか言われないと「私天然なんですよ~」とアピールしてしまいます。

「自称天然」は天然ではありません。

天然の人は天然だと言われることを基本否定します。

もし、周囲にそのような女性がいれば「ぶりっ子」の確率は相当高いでしょう。
 

まとめ

悪気がある「ぶりっ子」ほど厄介な存在はないです。

周囲に敵をたくさん作ってしまいます。
 
もし、「ぶりっ子」と出くわして、周囲になんらかの悪影響、もしくは自分に被害が及ぶようなのであれば素直に「そういうのあまり良くないよ。」と、優しく言ってあげるのがいいでしょう。

しかし、「ぶりっ子」が好きだという人もいるのでいくらその人のために言ったとはいえ、ただのおせっかいで終わる可能性もあるのでタイミングと距離感には気を付けましょう!

スポンサーリンク