雪だるま


暑い夏が終わり、過ごしやすい秋も終わりに近づくと、テレビのニュースや天気予報などで見聞きすることが増える「冬将軍到来」という言葉。

なんとなくイメージでは、冬将軍到来と聞くと、もう寒い季節だなぁと思うでしょう。

しかし、実際には
  • どういった意味なのか?
  • どれくらいの時期に使われる言葉なのか?
を聞かれて即答できる人は少ないと思います。


この記事では、冬将軍について色々と紹介をしていきます。

なぜ冬将軍と言われるのか?という些細な疑問と合わせて解決しましょう。

冬将軍ってどんな意味?

冬将軍とは、ずばり「冬の厳しい寒さを表している」言葉です。

冬将軍とは、天気予報などで表現していることから、専門用語だと思われがちですが実は違います。


日本で意味する冬将軍は、単なる冬の到来を意味しているわけではなく、日本の秋から冬にかけてシベリア大陸に居座っている低気温で、かつ、乾燥した高気圧のことを指します。

いわゆる「西高東低」と言われる冬型気圧配置を意味しており、西高東低の気圧配置になるころからニュースや天気予報で「冬将軍到来」と言われるようです。


また冬将軍は、ただ寒いだけでなく、シベリアから太平洋側に向けて、冷たい空気が吹いてくるため、このシベリア寒気団(シベリア大陸に居座る低気温かつ乾燥している空気)の影響により、特に寒さが強まります。

スポンサーリンク


冬将軍の言葉の由来は意外な人物

冬将軍と聞けば、まるで日本で生まれたような言葉です。

実際に「将軍」は日本にしか存在していませんでしたから、日本で生まれた言葉に思いますが、冬将軍はかの有名なナポレオンの残した言葉だと言われています。


ナポレオンは知っている人が多い人物です。学校の社会の授業でも必ず勉強する歴史上の人物の一人です。


ナポレオンは、フランスの軍人です。

フランスで過ごしていたナポレオンは、遠征のため、1812年にロシアのモスクワへ行きます。

フランスに比べると、モスクワはとにかく寒いです。

強烈な寒さがナポレオンに襲い掛かったでしょう。


ナポレオン率いるフランス軍は、ヨーロッパを難なく征服できましたが、ロシア征服のため北上し、モスクワへ入ると、冬の寒さから非常に多くのフランス兵たちが命を落としたとされています。

ロシア・モスクワ軍に負けたわけではなく、モスクワの寒さに撤退を余儀なくされたフランス軍のことを、当時のイギリスが「霜将軍にナポレオンが負けた」と表現したことが、由来のようです。


英語で「general frost」を霜将軍と表現しており、これを当時の日本がそのまま翻訳した言葉が「冬将軍」となったのです。

圧倒的な強さを誇っていたナポレオン軍ですら、自然の寒さには敵わなかったということです。


英語では「general frost」と言われていますが、厳しい冬の寒さを擬人化した言葉として、英語圏ではいくつかの言葉に分かれて、複数の言い回しがされています。
  • general frost(霜 将軍)
  • general winter (冬 将軍)
  • old men winter (冬のおじいさん)
などの言い回しがあります。

とにかく寒いことに使われる言葉のようですが、国によって表現が異なったりするようです。

スポンサーリンク


冬将軍はあるのに夏将軍はないのはなぜ?

「寒いから冬将軍は分かるけど、じゃあ、暑いなら夏将軍とは言わないのだろうか?」という疑問も出てくるかと思います。

これは、単に寒さに負けて軍が撤退した歴史はあるが、暑さに負けて軍が撤退したことがないから…と考えるのが良いでしょう。


根本的な理由などは明確にはされていませんが、暑さより寒さのほうが、軍事的行動を行うにあたっては厳しいものがあるのかもしれません。

冬将軍の時期はいつからいつまで?

冬将軍到来と言われる時期は、大体11月下旬ころから、少し寒さが和らぐ2月ごろまでと言われています。


日本の暦でいうと、11月23日頃の小雪から12月7日頃の大雪に冬将軍到来と言われることが多いです。


この冬将軍到来は、一度到来したらそれで終わりではなく、何度も到来することがあります。

寒波到来と言われる特に寒さが続く年などは、この冬将軍が何度も到来することを意味しているようです。


大体インフルエンザが本格的に始まるころから、冬将軍到来と言われることから、冬将軍が到来するころからインフルエンザ対策を行ったほうが良いというタイミングを知るきかっけにもなりそうです。

最後に

冬将軍が到来するということは、その時期から後の冬はとにかく寒いということが想定できます。

とにかく寒さ対策をしっかり行い、風邪をひかないよう気を付けましょう。

冬将軍到来後は、空気が乾燥しますから、保湿を忘れずに行うよう心がけましょう。

スポンサーリンク