会話


英語が世界の共通言語になっていることは、周知の事実です。

日本国内にいてもこれからの時代は英語力が必要になってくることも容易に想像できます。

諦めかけていた、英会話を改めて習得したいという方も多いですが、勉強法については多くの意見があります。

そこでこの記事では、英会話を習得する上で何を優先的に勉強した方が良いのかについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


英文法の勉強

英語の文法と言うと、中学校や高校でも習いますし、早い人では小学生の頃から勉強していることだと思います。

もちろん大学入試や高校入試でも文法が問われているので、日本人は英文法を勉強することについてはとても得意です。

この記事をお読みになっている方の中でも、受験の時に文法をひたすら頭に詰め込んだという方は少なくないでしょう。

しかし、文法というのは文章がどのような構造になっていて、どのような意味を持っているかということを学ぶものです。

例えば、この修飾節がどの単語にかかっているのか、この動詞の主語は何かなどが挙げられますが、これらを意識しながら英語で会話するというのはほとんどの場合不可能です。

文法を意識して会話はしない

普段私達が日本人として日本語を話している時でも文法というのは、あまり意識しないで話しています。

かえって文法ばかりを勉強して、英会話を習得しようとすると、例えば「~するつもりだ」という時にwillを使えばいいのか、be going toを使った方がいいのかという小さいことが気になって(実際はニュアンスが異なるのでとても重要ですが)、言葉が出てこなくなってしまいます。

英会話はコミュニケーションなので会話がテンポよく進まないと相手はあんまりいい気分にはなりません。

ですので、先に文法を勉強してしまうと会話というよりは「英語が話せる人」というような形になってしまいます。

また日本人が少しくらい文法を間違えたところで、ネイティブの人はそれほど気にしないですし、仕方がないことだなという風に感じているようです。

もちろん、ある程度自分の話したいことが通じるような最低限の文法は身につける必要がありますが、細かいことは英語が話せるようになってから少しずつ覚えていけば良いと思います。

スポンサーリンク


英会話の勉強

英会話はコミュニケーションです。

なので、自分が話すことはもちろん、相手の言っている内容を理解するリスニングの力も必要です。

とはいえ、そもそも自分が話せなければ会話が始まらないので、まずは中学校レベルの文法をしっかりと身につけるようにしましょう。

日常会話程度ではこのくらいでおおよそことが足りるはずです。

加えて、高校英語も勉強していくと簡単な論文などが読めるようになってきますが、会話になれないうちにそこまでやってしまうと、先程言ったような事態になりかねないので注意しましょう。

そして、勉強していく上での注意点ですが、参考書などを読むだけというのはやめた方が良いです。

なぜなら人間の脳は、インプットするだけでは記憶が定着しにくいようになっているからです。

ですので、英会話を勉強する時は必ず声に出して勉強するようにしましょう。

初めのうちは片言なので恥ずかしいかもしれませんが、ここを乗り越えなければ英会話の習得は難しいです。

英語ができる人(センター試験で英語満点をとるような人)はほぼ全員が授業中の音読をサボらずにやっていた人です。

まずは基本的な文法を身に着けて、次第にそれらを使って話をするようにしてみましょう。

リスニングについて

英会話を勉強している上で、多くの人が躓くのがリスニングです。

ネイティブの人が話す英語は本当に聞き取れません。

そこで実際に話す時にはゆっくり喋って欲しいということを伝えたり、あるいは勉強する時に英文のプロットがあるCDなどで勉強したりすると良いでしょう。

単語について

英語というと、単語をたくさん覚えなければいけない!という風に感じる人も多いです。

実際、学生の頃に単語のテストを何回も受けさせられた!という人は少なくないのではないでしょうか?

確かに単語は覚えていかなければならないことの一つですが、はじめから専門用語を覚えていく必要はありません。

つまり英語を使って生活していく上で、必要最低限のものを優先的に覚えるようにしましょう。

そのあとで必要に応じて難しい単語を覚えていくという形をとるとよいでしょう。

この時、ノートに英単語を何10回も書くというのは効率が悪いので、自分で声に出しながら覚えていくと良いでしょう。

文章を書く方であればスペリングができる必要がありますが、会話をするだけであれば綴りを覚える必要はないので、やはり喋って覚えていくという風な形が良いと思います。


関連記事:日常英会話をお金をかけないでマスターする方法3選!

まとめ

英会話というと、ハードルが高いように感じ、勉強をする時にも身構えてしまいますが、実際は片言であってもある程度意味が通じるケースが多いです。

むしろ文法を間違えることを恐れて、英語をあまり話さないようにして勉強していくというのは無理な話です。

まずはじめに、簡単な文法を勉強し、そのあとで勉強したことを積極的に使って会話をしていくというような方法が、英会話習得の近道だですので、積極的に英語で会話をしていきましょう。

スポンサーリンク