手紙


英語が使えるようになってくると、海外に向けて手紙を出したいということもでてくると思います。

現代ではメールのやりとりがほとんどですが、手紙のほうがいいという人もいますし、物(小包など)を送るのはメールでは無理です。

実際に海外に物を送る時に、日本での住所の書き方と英語での書き方に違いはあるのでしょうか。

そこでここでは、英語でどのように住所を書けば良いのかについて紹介していきたいと思います。

日本の住所の書き方とどう違う?

日本で手紙などを送るときにも住所を書きますが、一般的には郵便番号、都道府県、市区町村、町字(ちょうあざ)、番地を記載し、アパートやマンションに住んでいる人に向けて送る場合には建物の名前と部屋番号も書きます。

実際、海外での住所も同じようなものから構成されています。

同じような要素で構成されてはいますが、住所の表記の仕方に違いがあります。

日本では今紹介したものをはじめから順に書いていきますが、英語で住所を記載する場合には反対の順に書いていくことになります。

つまり、日本は◯◯県の○○市の○○という地域の…というように広い括りから徐々に範囲を狭めて書いていきますが、英語の場合は○○番地で、○○区、〇〇市というように狭い範囲から広範囲になるように書いていきます。

この様に、日本での住所を逆の順に並べて書けば郵便物として最低限の体裁を整えたことになります。

それでは、首相官邸の住所を例に日本語版と英語版を見てみましょう。

日本語版
〒100―8968 東京都千代田区永田町1-6-1
英語版
1-6-1 Nagata-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 100 – 8968, Japan

解説したように、日本語とは逆の番地→町名→区→都道府県という順番になっていることがわかります。

また、「Japan」と書かれていることも特徴的です。

スポンサーリンク


もっと細かいところまで英語表記にしたいときは

先ほど紹介したのは最低限のものなので、ビルの何階かどうかということや「県」などは英語(prefecture)にしなくてよいのかなどのことについて解説していませんでした。

ここからはそのような細かいところも紹介していきましょう。

「,」はつけなきゃいけない?

英語版の方を見ると町名や区名の間に「,」が打たれていることがわかります。

これは「カンマ」といって、文と文を区切ったり、住所の場合にはカンマとカンマの間が1つの塊であることを表したりするものです。

カンマは必ずつけなければいけないというものではなく、書かなくても十分です。

ただ、書く人によっては単語と単語の間が狭くなって読みづらいこともあるので、心当たりのある人はカンマをつけるようにすると区切りがわかりやすくなり、郵便局で仕分けをする人や配達員の人に伝わりやすくなります。


関連記事:オンライン英会話でフィリピン人の講師の訛りは大丈夫?

建物名や部屋番号はどのように書いたらいい?

英語では最も狭い範囲の住所から書き始めるので、最初に書くのが部屋番号、建物名です(一戸建ての場合は不要です)。

部屋番号は日本語のように「◯◯号室」とは書かず、「#〇〇」と書きます。

また、部屋番号と建物名の順番はどっちが先でもよく、「(建物名) #〇〇」も「#〇〇 (建物名)」も大丈夫です。

さらに、階ごとに部署があるビルなどの場合は階数を「F〇〇」というように記載します。

「F」は「Floor」の略で、階数も部屋番号などと同じく順番は気にしなくて大丈夫です。

スポンサーリンク


番地などの書き方

日本語では「永田町1-6-1」は「永田町1丁目6番1号」とも書けますし、「永田町1丁目6-1」とも書きますよね。

これらをそれぞれ英語に直すと「1-6-1 Nagata-cho」、「6-1 Nagata-cho 2-chome」となります。

これはどのどのように考えるかというと、「ハイフンでつながったものはひとまとまりにする」というふうに考えます。

「永田町1丁目6-1」の方は「1丁目」がハイフンから外れてしまったのでこのような書き方になっているわけです。

また、「〇〇番」や「〇〇号」を英語で「-ban」とか「-gou」と表記するのは余り一般的ではありません。


関連記事:シングリッシュが意味不明!聞き取れないときの対処法5つ!

県はprefectureに直さなくていいのか?

「県」や「市」にはそれぞれ「prefecture」や「city」という訳がつきますが、住所に書く場合には「-ken」とか「-shi」とするほうが一般的です。

prefectureなどを使うのは地名として単独に上げる場合などが標準的なものです。

建物の名前がカタカナの場合

アパートやマンションにありがちなのが、英語やフランス語から輸入した建物名です。

「ラトゥール」などですね。

これはフランス語で「La Tour」と綴るそうです。このような場合、英語で住所を書く際には「La Tour」ではなく「Ra-twuru」としたほうが無難です。

というのも建物名がフランス語で、他の住所が日本のものだった場合に混乱を招いてしまいますし、「La Tour」を「ラトゥール」と読んでもらえるかどうかも定かでなく、誤解されてしまうこともあるためです。

郵便番号の書き方

郵便番号は日本語では「〒」をつけることが多いですが、これは日本独自の記号なので海外向けの郵便物にはつけられません。

また、国によって郵便番号の形式は異なるので調べておく必要があります。

宛名の書く場所

宛名は建物名よりもさらに狭い範囲を示すものなので、住所よりも前に書きます。

また、宛名とその住所は郵便物の右下側に書き、差出人の情報は左上に少し小さく書きます。

このとき、「To」や「from」をつけておくと、間違えて書いても誤解されずにすみます。


関連記事:英語が思うように出てこない?言葉がスラスラ出ない理由は?

まとめ

海外に郵便を送る経験はあまりないので心配なことも多いです。

仕事の関係などで郵便を出す機会がありあそうな場合は事前にチェックしておくと、スムーズなやり取りができます。

そこまで神経質にならなくても、基本的なことを押さえておけば大丈夫ですが、心配な場合は郵便局などでしっかりと確認してから送ると間違いないです。

スポンサーリンク



↓関連記事
英語のユーノーは口癖?意味はあるの?you knowの正しい使い方!

英会話の勉強で効率的な順番は?リスニングが先か文法が先か?

日常英会話をお金をかけないでマスターする方法3選!

洋楽を聞き流してるだけで英語の勉強になる?効果的な方法は?

海外ドラマを字幕なしで見たら英語の勉強になる?選ぶジャンルは?