女性


日常生活において、乾電池というのは隠れたところで大活躍です。

普段は乾電池売り場にわざわざ行くこともなければ、乾電池のメーカーにそこまでこだわったりはしないと思います。


しかし、いざリモコンを使った時に動かなかったらとても困ります。

家に転がっている乾電池を探して、種類は違うけれど使っている…なんてこともあるかもしれません。

ここでは、そんな乾電池についてお話します。

乾電池にはアルカリとマンガンがある

ほとんどの人が、乾電池には「アルカリ乾電池」と「マンガン乾電池」の2種類があることを知っているでしょう。


この2つの電池は、なんとなくの名称が異なるだけだと思っている人は多いかもしれません。

中には、「アルカリ」と「マンガン」は、商品名の一種だと勘違いしている人もいるかもしれません。


しかし、アルカリとマンガンは、材料は同じでも量や部品、形状などが異なります。

そのため、それぞれに適した用途に使い分ける必要があります。

スポンサーリンク


アルカリ乾電池とマンガン乾電池の違いは?

そもそも乾電池自体は「二酸化マンガン」と言われる材料と「亜鉛」と言われる材料を使って出来ています。

これは、電池ならほとんどに当てはまることで、基本的な材料はこの2点です。


アルカリ乾電池は、マンガン乾電池に比べて、この2つの材料が多く使われています。

そして電解液と言われるものに「アルカリ性水酸化カリウム」が使われています。


これとは反対にマンガン電池は、電解液に「弱酸性塩化亜鉛」が使われています。

この違いから、アルカリ乾電池は
  • パワーが強い
  • 長持ち
  • 電流容量が大きい
  • 価格は高め
特徴があります。

なので、
  • 音楽プレーヤー
  • ミニ四駆やプラレールなどのおもちゃ類
  • デジタルカメラ
  • ガスコンロ
  • ワイヤレスマウスやキーボード
  • LEDライト
などに適しています。


半面、マンガン乾電池は、
  • パワーは弱い
  • 価格が安い
  • 連続使用でなければ電力が回復する
  • 微弱電流機器には最適
です。

そのため、
  • 時計
  • テレビやエアコンのリモコン
  • 非常用懐中電灯
  • キッチンタイマー
などに適しています。


これだけ見ても、アルカリ乾電池とマンガン乾電池の違いがよく分かると思います。

スポンサーリンク


アルカリ乾電池とマンガン乾電池を一緒に使えない?

マンガン乾電池とアルカリ乾電池は、材料だけは同じですが、基本的に使用する物が異なります。


例えば、アルカリ乾電池を懐中電灯に使っていると、非常時に使えないことがあったり、おもちゃにマンガン乾電池を使っているとすぐにパワー不足となって電池交換が必要になります。


このようにそれぞれ異なる用途に適している乾電池同士を混ぜて使うとどうなるか…ということですが、一言にいえばちょっと危険です。


よくあるのが、リモコンの電池を交換しようと思ったら、新しい電池が1本しかなかったので、リモコンの電池を1本だけ交換して使っている…というケースです。


おもちゃの電池も多いです。

「度子供が遊んで使うものだから…」と思って電池交換を1本だけにすることはあります。


こういった場合に何が危険なのか?と言いますと、ずばり用途に適していない乾電池を使用していることになりますから、発熱の危険性が高くなります。


また、乾電池は長期間法放置していると液漏れしたり、変形していることもありますが、これが使用中に起こる危険性も出てきます。


リモコンなどで問題が起こった場合、リモコンは別で購入できますが、もしガスコンロを使用している乾電池で発熱が起こったり、液漏れなどが生じた場合はとても危険です。

乾電池のよる事故は非常に少ないですが、電流を流すことが出来る物ですから、取り扱いには注意したいです。

乾電池を使用する上での注意点は?

乾電池を使用する上で注意したいのが、電池交換時です。

使用中は特に問題なくても、電池交換時に「もったいないから…」と思って電池をすべて新しいものに替えず1本だけ替えるとか、半分だけ新しい電池と交換する…というような使い方は避けましょう。


確かに、電池を多く使う物はもったいないと感じるかもしれませんが、実は乾電池は古いものと新しいものを一緒に使用していると、古い乾電池の影響で、新しい乾電池自体のパワーも発揮できません。


そのため、いつもよりおもちゃの動きが遅い…と感じたり、時計がすぐに止まる…などということにもなります。

こうなると、すぐにまた新しい電池と交換しかなければいけなくなるので、余計にもったいないです。


関連記事:ドライヤーのコードがねじねじに絡まる!原因や対策を紹介!

最後に

乾電池は、気が付けば液漏れしていた…ということもありますから、日頃から必要な分に少し多いくらいの最低限の量だけを持っておくことが良いでしょう。


もし非常時に使えない乾電池があっても困りますし、個人で買い占めることで本当に乾電池が必要な人が手に入れられないことで問題が生じることもあります。


乾電池は、気軽に電気を流すことが出来る=危険性がある、ということもしっかり覚えておきたいです。

スポンサーリンク