飲み会


会社の飲み会に誘うと、必ずと言っていいほどに断る人がいます。

若い世代の社員に多い傾向がありますし、この手のタイプの若手は社内でもあまりコミュニケーションが上手ではありません。

できれば、飲み会を通じて心を開かせたいのですが、そもそも飲み会に参加しないのでどうすれば良いのか?と困ってしまうことも多いです。

ここでは、飲み会を断っている人が何故飲み会を嫌うのかその理由と、うまく誘い出すコツをご紹介します。

スポンサーリンク


飲み会を断る理由は何?

飲み会を一度や二度、度断るくらいだったら、本当にその日は用事があって無理なのかもしれないと思うことが出来ますが、必ず飲み会を断る人は、飲み会に行きたくない理由があります。

まずは、飲み会が嫌いだと感じる人の理由を考えてみましょう。

気を遣うのが嫌

多く挙げられる理由としては、上司や同僚に気を遣うのが嫌と言う意見です。

美味しいご飯やお酒に囲まれながら、上司から説教を受けたり、同僚の聞きたくもない愚痴を聞かされたり、それでも「いや」と簡単に突き放すことができないのが、会社の飲み会です。

せっかくの美味しいご飯やお酒は、中の良い友人と楽しく飲みたいです。

しかし、上司のコップが空だとお酒を入れないといけないとか、料理は上司から順に配らないといけないとか、上司が非喫煙者だからたばこが吸えないというケースで困る人もいそうです。

単に面倒だと感じる

これも上記と似ている理由です。

会社の飲み会だと、とにかく気を使います。

上司が楽しそうにしている姿を見て、イラッとする人もいるのではないでしょうか?

別にその上司が嫌いなわけではないのですが、若いとか入社して間もないという理由だけで、周囲の人に気を使い進んで注文をしたり、料理の進み具合を見てお皿を下げたり…。

仕事が終わったのにまだ仕事をやらされている感覚で、とても気を使います。

こういうことに不慣れな若者は多く、とにかく面倒だと感じる人は多いです。

お酒が飲めないから

お酒を飲む習慣が減っている近年は、お酒を飲む機会が減り、お酒を飲むような場を避ける人が増えています。

お酒が飲めない人は、お酒を飲むような飲み会の場が、金銭的に無駄だと感じたり、時間的にもったいないと感じる人が多いようです。

こういう人は、お酒よりもっと楽しいと思える時間があるため、会社の飲み会などは必ずと言っていいほどに断ります。

スポンサーリンク


会社の飲み会に誘いたい!方法は?

ずばり、会社の飲み会に誘う方法は、飲み会に来ることで得られるメリットを挙げることです。

明確に飲み会のメリットを提供することで、興味を持ってもらえそうです。

情報収集が出来る

飲み会の席でしか得られない情報と言うものがあります。

それは、いわゆる裏話になりますが、悪い話ばかりではありません。

中には、楽しい話や笑えるようなネタ、時には社内の恋愛事情のゴシップな話が聞けそうです。

これは、飲み会の席でしか聞くことが出来ないはなしです。

面白い特ダネがある!と言って誘い出しましょう。

タダで飲み食い出来る

会社や飲み会の状況にもよりますが、先輩が飲み会の代金を支払ってくれることがあります。

まさに、部下の特権と言えるものです。

飲み会に行きたくない理由が金銭的な理由である場合は「今日はごちそうするから!」と言い切りましょう。

もちろん、いった限りは本当におごらなければいけませんが、一度でも飲み会に参加すれば次回からも参加してくれるかもしれません。


関連記事:飲み会の席で上司にタメ口はNG?無礼講で失敗したときの謝り方!

飲み会に誘っても盛り上がらない時の対処法

飲み会にいざ参加しても、楽しくないなぁと感じる人も多いです。

せっかく参加してもらったのなら楽しんでもらいたいですし、できれば2回目3回目と参加してもらいコミュニケーションの機会を増やしていきたいです。

特に若い女性社員などは、酔っぱらった「おじさん」隣に座っていることに抵抗を感じる人も多いです。

若い女性社員が飲み会に参加しないのなら、若い男性社員の食いつきも悪くなる可能性も出てきます。

逆に言えば女性社員を多く参加させることができれば、若手の男性人の参加率も高くできます。

この辺りは、男性は年齢に関係なく単純ですので、飲み会の参加率を高くしたいのであれば女性社員を上手く誘い出すのが上手いやり方です。

上司がやっちゃうダメなパターン

若手女性社員を飲み会に参加させたときに、絶対にNGなことは酔っぱらうことです。

若手を飲み会に参加させる目的の飲み会ですので、上司はあくまでも、もてなす側に徹する必要があります。

酔っぱらいの相手をするのが嫌だから飲み会に参加しないのですから、酔っぱらた姿を見せることは避けましょう。

次にダメなパターンは上司面をすることです。

飲み会の場では会社の上下関係は関係なく、接してあげることが必要で、飲み会が苦手なのに勇気を出して参加した若手社員に仕事の説教などをし出したら一気に場の空気はしらけます。

色々とアドバイスをしてあげたい気持ちは分かりますが、仕事の話は一度脇に置いて、楽しい話を展開していく工夫が必要です。

話しやすい人だと認識を持ってもらえれば、向こうの方から相談をしてくることも多いので、その時に真面目に相談に乗ってあげれば、普段は楽しいし、いざという時には頼りになる先輩として一目置かれるでしょう。


関連記事:新入社員が辞めたいと思うのは入社後1~3ヶ月!上司は要注意!

まとめ

いかがでしたか?

若者が飲み会を断る理由は、時代に流れが多く関係しているかもしれません。

昔は、お酒の席で楽しい話をして人間関係を築きましたが、今ではどれだけ仲良くなっても「職場の人」と「プライベートの人」を分けて考える風潮があります。

若手に対して、ここまで気を使わないといけないのか??

と思ってしまいますが、それでも若手からの人望が無いと仕事が回らないケースも多いので、少しは若手の気持ちを考えながら飲み会を主催してコミュニケーションの機会を広げて行きたいです。


スポンサーリンク