胸元


顔のニキビもさることながら、胸元・デコルテのニキビも気になります。

最近は胸元・デコルテを露出するファッションも流行っているので、美しい胸元・デコルテを保つことはおしゃれ女子の常識となりつつあります!


しかしながら、自分の胸元を見るとニキビらしきブツブツがいっぱいあってテンションが下がってしまう…などという方も少なくはないと思います。

普段、あまり胸元を見せるファッションをしない人でも、ブツブツが無い方が良いに決まっています。

そこでこの記事では、胸元・デコルテニキビや肌荒れができてしまう原因を解説するとともに、正しいケアのやり方についてもお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク


胸元・デコルテニキビの原因

どうして胸元・デコルテにニキビが出来てしまうのでしょうか。原因についてご紹介していきたいと思います。

皮脂・汗ケアが十分でない

胸元・デコルテにも意外と皮脂腺が多いので、体の中で汗ばみやすい部位になります。

また、女性には胸に谷間があります。夏場などはかいた汗が胸の谷間に流れてしまいますが、そこまで頻繁に胸の谷間の汗を拭き取ることは少ないかと思います。

皮脂や汗を放置すると、毛穴が詰まりニキビが出来てしまうので、こまめに汗を拭くなど、清潔にするように心がけましょう。


ただし、清潔にしようと頑張り過ぎて、ゴシゴシ洗うのは禁物です。

ゴシゴシ洗うことによって肌を痛めてしまいますし、皮脂を取り除きすぎてしまうと、皮膚は乾燥していると勘違いして皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

洗う時は、顔を同じように、良く泡立てた石鹸でやさしく丁寧に洗うようにしてください。

体を拭く際も硬いタオルでは、肌や毛穴を傷付けてしまうので肌荒れを起こし、時には跡に残ってしまう場合もありますのでタオルも柔らかい物を使いましょう。




シャンプーやリンスの洗い残し

胸元・デコルテは、髪を洗った時のシャンプーやリンスが流れ落ちて付着しやすい部位です。

たとえば、髪をパックしたりしていて、体を洗い終わってから髪を洗い流したりしていると、胸元・デコルテにトリートメント成分が残ってしまい、刺激となってしまうのです。

体は、必ず髪を洗い流した後に洗うようにして、洗浄成分が体に残らないようにしっかりと洗い流すように心がけましょう。

髪の毛の付着

特に髪が長い人の場合、胸元・デコルテに毛先が触れますよね。

髪が胸元・デコルテに触れてしまうと、髪についている整髪料やトリートメント成分が刺激となり、ニキビのもとになってしまうのです。


また、デコルテが肌荒れを起こしているときに、髪の毛が当たると、それが肌荒れを助長することにもなりかねません。

特に髪の毛のチクチクした感覚は、肌にとってかなりの刺激となります

髪が長い人は、束ねるなどして、胸元・デコルテに毛先が触れないよう、工夫しましょう。




紫外線

顔にはしっかり日焼け止めを塗っていても、胸元・デコルテは紫外線対策をし忘れてしまいがちです。

顔と同様に、胸元・デコルテも紫外線の刺激を受けることによって、ニキビだけでなく、シミやシワなどの肌トラブルの原因となってしまいます。


紫外線による肌への影響はデコルテにとっても決して良いものがあまりありません。

外出する際は、胸元を隠すようにしたり、日傘などを活用して、紫外線に当たらないように気を付けましょう。

生活習慣の乱れ

これは顔のニキビにも共通する原因ですが、生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩し、皮脂の過剰分泌を招いてしまうので、ニキビの原因となります。

甘いものや脂っこいもの、塩辛いものばかり食べていたり、睡眠が不足していたり、アルコールを飲み過ぎていたり、運動不足だったり、ストレスがたまっていたり…など思いつくことはありませんか。


美しい胸元・デコルテを保つには、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動、ストレスのない生活がとても重要です。

ニキビだけでなく、体全体の健康にも影響しますので、少しずつ見直していくようにしてください。


関連記事:黒いニキビは跡が残る?洗顔だけでは治らない時のケア方法!

スポンサーリンク


胸元・デコルテの正しいケアのやり方

胸元・デコルテはどのようにケアすると良いのでしょうか。正しいケアのやり方をご紹介していきたいと思います。

入浴時

入浴時、出来るだけ柔らかいタオルを使用し、ゴシゴシ洗うのではなく優しく撫でるように洗いましょう。

デコルテ部分は、皮膚が薄く傷つきやすいので、優しく丁寧に洗うことが大切です。

汗をこまめに拭く

胸元は汗を拭き取りにくい部分ですが、トイレに行った際などに胸元の汗をしっかり拭き取るように心掛けましょう。

特に胸の谷間は、下着などが擦れたり、デコルテにアクセサリーを付けていると汗を拭き取りにくいかもしれませんが、肌荒れを起こすことを考えると、出来るだけ汗をこまめに拭きとることが重要になります。

保湿を行う

肌荒れを起こす原因として、肌が乾燥していることがあります。

肌が乾燥しているということは、肌を守る皮脂が足りていないということですから、その分肌荒れを起こしやすくなります。

そのためしっかり保湿を行いましょう。

デコルテというと、ボディクリームなどを使用することが多いですが、デコルテは出来るだけ油分の含まれていない顔用の保湿クリームなどを使用することがオススメです。

基本的には顔と同じように優しくケアしましょう。


関連記事:思春期ニキビ!男の子は洗顔の方法を覚えて予防しよう!

紫外線対策をバッチリと

デコルテも日焼けをしますし、薄い服などでは紫外線の影響を受けます。

そのため顔に日焼け止めクリームを使用する際に、必ずデコルテも同じように塗りましょう。

何度も塗りなおすことが難しく、服に日焼け止めクリームが付着してしまう心配もありますが、今では服に付きにくい日焼け止めクリームなども販売されていますので積極的に使用したいです。

睡眠時間を確保する

デコルテニキビや肌荒れに無関係に思われる睡眠時間ですが、デコルテも肌の修復を行うにあたり当然睡眠時間が重要になります。

デコルテは顔のように一年を通じて露出し続ける部分ではないために、目がつきにくいときもありますが、顔と同じようにデコルテも睡眠の質や睡眠時間により肌荒れを起こしたり、肌荒れが無くなったりします。

マッサージ

デコルテにはリンパ節があるため、リンパマッサージをしてあげることで、代謝アップが期待でき、ニキビ予防にも効果が期待できます。

デコルテは摩擦に弱いので、朝晩の保湿ケアの後に行うのがおすすめです。

まず、人差し指と中指、薬指を使って、鎖骨のラインに沿って、胸の中心から片方向へと優しくデコルテをさすります。

強く押す必要はなく、リンパを流してあげるイメージで、あくまで優しくなでるようにマッサージしてください。

次に、今度は耳の後ろから鎖骨に向かって同様にマッサージします。これを5~6回繰り返しましょう。

最後に

デコルテは、非常に繊細な部分です。

デコルテを体と同じようにケアする人が非常に多いですが、デコルテは出来るだけ顔と同じようにケアしたい部分です。

体と同じようにケアするよりも、顔と同じようにケアすることで、デコルテのニキビや肌荒れを防ぐことが可能ですので是非取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク