素晴らしい出会いとは何か。

日頃からいろんな女性と会うが、それが素晴らしい出会いだとはなかなか思えない。

街コンや、相席○○系のお店にいっても何か発展する兆しを感じない。

友達に紹介してもらうと誰かの助けを借りて積極的に行動しても実りある成果はなかなかない。

どのように人と人は出合い、結ばれているのだろうかと悩む男性も多いはずです。
 
店の店員さんは可愛い子も多いので、仲良くなりたい男性も多いですが、店員と客という壁はかなり厚いはずです。

店員さんはもちろん仕事なので優しくて、愛嬌もバツグンです。

しかし、それは自分にだけではなくもちろん他の客にも同じ事です。

その壁をぶち抜いて、どうにか自分に振り向いてくれないだろうか?と考えている男性にちょっとしたコツをお伝えします。

スポンサーリンク


まずは親しく話せる距離感を作ろう!

まずは「いらっしゃいませ!」、「ありがとうございました!」からの脱却を目指しましょう。

何かを注文するときでも、どんな時でも良いです。

一言添える勇気を振り絞りましょう!

例えばこんな感じで。場面は帰る時です。
 
店員さん:「ありがとうございました!」
自分:「すごい元気ですね!なんか逆にありがとうございました。笑」
店員さん:「いえいえ!そんな!またのご来店をお待ちしております!」

このように一回の受け答えが生まれました。

そして相手をさらっと褒めました。
 
上記の会話の中で相手が不快に思う部分はいっさいなく、ごく自然で、どうでもいい受け答えですね。

重要なのはどうでもいい事です!どうでもいいような事を言ったら相手も困る事なくどうでもいいような感覚でさらっと返してくれるはずです。

そこで変に質問を付け加えると、もし忙しい時間帯でだったらとても面倒な客に思われます。

いろいろな配慮をして何か言葉を添える事が大事です。

こういう小さな積み重ねをまずしていくことから距離を縮めていきましょう。

その距離がいつ縮まるのかはその人達の感覚しだいです。

スポンサーリンク


店員さんから常連としての認識を持ってもらおう!

距離を縮める小さな努力を積み重ねていくのなら頻繁にその店に出向く必要があります。

つまり常連さんになるという事です。

ここでもっとも注意する点は気になる店員さんが出勤している時だけ出向くのはNGです。

完全に下心丸見えです。他の店員さんからもうすうす気づかれ、もしかしたら気になる店員さんから変に警戒されてしまうでしょう。

あくまで「その店が好き」だというスタンスを持つのが大事です。

そして良い常連さんになるために時には一人で、時には友人、知人となどいろんなシチュエーションを演出するのも大事ですね。

いつも一人でも構わないのですが、友人、知人といけば自分の違う一面も見せる事ができますし、お店にも貢献できますからね。

友人、知人といっても小さな積み重ねは忘れずに。

ある程度顔も覚えられるようになると対応もなめらかになってきます。

常連さんって他の客からでもなんだかわかるものですからね。

店員さんとの間や、接客の仕方など。

その領域までいくにはかなりの時間がかかるかもしれませんが。

いつも礼儀正しくて、接客に対して丁寧に対応していれば店員さんどうしでも「あの人って良いお客さんだよね。」と噂話になるはずです。

常連になれば受け答えの頻度や、内容も変わってくるでしょう。

例えばこんな感じです。

店員:「いらっしゃいませ!」
自分:「今日は忙しそうですね。頑張ってください!」
店員:「いつもありがとうございます!」

店員:「いらっしゃいませ!」
自分:「あれ?髪きりました?」
店員:「はい。最近きりました。」
自分:「へー似合ってますよ!今日も頑張ってください!」
店員:「ありがとうございます!」

上記は簡単な例ですが、確実に初期に比べて格段と距離は近まっています。

もし、このような会話を2、3回店に出向いただけでやっていたらちょっとひきますからね。

距離感が大分縮まったと思ったらいよいよ連絡交換!そのベストな方法とは。

いよいよ連絡交換に踏み出す時です。

やはり交際を求めるならプライベートでの関係が必要不可欠!

どのように連絡先を交換するのか。

その一番の方法は「紙渡し」です!

小さなメモにラインIDなどを書いて渡しましょう!

相手が仕事中だということに対しての配慮です。

帰る時にでも「もしよかったら連絡してくれませんか?」と、直球で言いましょう。

そしてそれ以上は何も言う必要がないです。

ラインIDと共に「もっと仲良くなれたなら嬉しいです。」ぐらいの書置きは必要です。

常連としてある程度会話もスムーズにできているのなら自然だと思います。

いわば告白ですね。

その最後の勇気を振り絞るための小さな積み重ねなのです。

まとめ

店員と客が恋愛に発展する確率はとても低いです。

だからといって当たって砕けろ精神ではなく、その確率を少しでも高めるための努力はするべくでしょう。

もし連絡先を渡して返ってこなかったとしても、店に出向いて、いつも通りの常連客でいてください。

「返信待ってるよ。」などは絶対に言ってはダメです。

何もないのなら、元から何もなかったように振舞うべきです。

だって店員さんからしたら何もなく、ただ丁寧に接客していただけなんですから。

店員さんにはなんの責任もありません。それぐらい思える大きな度量は大事ですよ。

もしかしたら数日後に急に連絡がくるかもしれませんので、ダメもとでチャレンジしてみる価値はあります。

スポンサーリンク