炭酸水


ダイエットに効果があると話題の炭酸水、あなたは試したことがあるでしょうか。

コーラやジンジャーエールのように甘い味のあるジュースではなく、無味の炭酸水を飲むことに抵抗のある人も中にはいるかもしれません。


ですが、激しい運動やつらい食事制限とは違い、飲むだけで良いとされる炭酸水ダイエットは果たして本当に痩せることができるのでしょうか。

炭酸水を飲むことで得られる効果を詳しく解説するとともに、痩せるために実践すべき炭酸水の正しい飲み方をご紹介します。

炭酸水で得られる効果

炭酸水を飲むと痩せる、と言われているのにはちゃんとした根拠があります。

まず第一に炭酸水は体内に入り、胃の中で炭酸ガスを発生させるため、満腹感を得られて食欲を抑えられるということです。


そして、炭酸水が胃腸を刺激することで便秘解消にも繋がる他、炭酸水に含まれる二酸化炭素によって酸欠になった血管が拡張し血流が良くなることで、ランニングをしているときと同じくらいのエネルギーが消費され、新陳代謝が活発になります。


これらのことから、炭酸水を飲めば痩せるということは事実であると言えるでしょう。

痩せる他にも炭酸水には疲労のもととなる乳酸を体外へ排出する作用もあるため、運動した後に炭酸水を飲むことで疲労の蓄積を防ぐ効果も期待できます。


関連記事:間食(おやつ)をやめられない!我慢しないで痩せる方法は?

スポンサーリンク


炭酸水を飲むことのデメリット

炭酸水を飲むことで、たくさんの良い効果が得られることが分かりました。

しかし、炭酸水の飲み方によっては様々なデメリットを生んでしまう可能性もあります。


お腹が膨らむことで満腹感を得られる炭酸水ですが、焼き肉などを食べるとき、冷たい炭酸水で食欲が増したことはないでしょうか。


ビールなどもそうですが、冷えた炭酸水はかえって食欲を増してしまうことがあり、また、内臓を冷やして血流が悪くなることで太りやすい体質にしてしまいます。

炭酸水の中でも、甘い味の付いたジュースやお酒も糖質を取り過ぎてしまうためダイエットには逆効果です。


さらには人によっては胃腸の弱い体質の人は、炭酸水の飲み過ぎでお腹を壊してしまうこともあり飲む量に関しても注意が必要です。


関連記事:食べても太らないコンビニのお菓子と体脂肪率や運動について

炭酸水の正しい飲み方

飲み方によってはデメリットも考えられる炭酸水ですが、正しい方法で飲むことで良い効果だけを得ることができます。

この記事の本題とも言える炭酸水の正しい飲み方をご紹介します。

温度

暑い日やお風呂上りに飲む冷えた炭酸水は最高に美味しく感じます。

ですが、キンキンに冷えた炭酸水は内臓を冷やしてしまい太る体質にしたりお腹を下す原因になったりすることがあります。

また、食事前や食事中に冷えた炭酸水を飲むとかえって食欲が増してしまうこともあるため、ダイエットをするときは冷えた炭酸水ではなく、常温の炭酸水を飲むと良いでしょう。

スポンサーリンク


炭酸水は飲む量が少ないと食欲が増してしまうという恐れがあります。


コップ一杯程度の炭酸水では、お腹が膨らむどころか逆効果となってしまいます。

目安としては500ml、ペットボトルでちょうどいいサイズのものがあります。


また、これ以上多く飲んでしまうとお腹を壊すことがあるので気を付けてください。

多すぎても少なすぎても炭酸水の良い効果を得られることはできません。

タイミング

炭酸水を飲むのは食事10分前のお腹が空いているときが良いでしょう。

朝、昼、晩と毎食続けるのが難しいときは夜だけ飲むことから始めてみましょう。

また、女性は生理になったとき、ホルモンバランスの関係で普段よりも食欲が増加したり、便秘気味になったりする人がいますが、こんなときこそ炭酸水を飲むことで食欲を抑え便秘解消を促進させると良いでしょう。

種類

炭酸の入った飲み物は数多くありますが、炭酸水でダイエットを行う時は味の付いたジュースやお酒ではなく無味の炭酸水を飲みましょう。

ジュースやお酒には糖質やアルコールが含まれているため、ダイエットには向きません。


関連記事:酵素不足で体重が増える?減少する原因と上手な摂取方法!

最後に

炭酸水ダイエットを始めて痩せたという人もいれば、太ったという人もいます。

その人たちの違いは炭酸水の飲み方であり、正しい方法で飲むことで炭酸水の持つ良い効果が得られるでしょう。


飲む量や温度、タイミングなど気を付けなければいけないことはありますが、飲むだけで痩せられる簡単な方法ですので、他のダイエット方法が面倒になり続かなくなったという人でも、無理なく続けていくことができるでしょう。

今日から始められる炭酸水ダイエット、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク