女性


英会話を勉強している人の中で、相手が言っていることを聞きとることはできても、自分が話そうとするとスラスラと英語が出てこないという人は意外と多いです。

聞き取りは出来ても話せない人にはいくつかの共通する原因があります。

この記事では、聞き取りはできるが話せない原因やその解決方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


聞き取れるのになぜ話せないのか

さて、英語が聞き取れるのにも関わらず、話すことができないというのはどういうことが原因になっているのでしょうか。

少し詳しく見てみましょう。

日本語をそのまま英訳しようとしている

英語を多少勉強したことのある人であれば「意訳」という言葉を聞いたことがあるはずです。

これに対応しているのが「直訳」です。

直訳では書いてある文章をそのまま訳しますが、英語を話す時もしくは読む時、書く時に大切なのは意訳です。

つまり、自分が話したいことをそのまま英語にするのではなく、少し言い方を変えて文章を作らなければいけません。

特に難しい文法などを知っている人であれば、関係代名詞や関係副詞、分詞構文などといった複雑で長い文章を組み立ててしまいがちです。

確かにそちらの方を使いたくなる気持ちもわかりますが、日本語で長々と説明されて分かりにくいという経験もしくは、体験談を聞いたことがあれば、それがあんまり好ましくないと言うことも容易に想像できるでしょう。

話す時、日本語から英語に訳している

英語を習い始めた時は特にですが言いたい日本語の文章を考えて、それを英語に訳して話そうとしてしまって会話がうまくいかないと思っている方がとても多いです。

これではネイティブの人たちが英語で言いたいことを考えて、英語で伝えているのと比べて、文章を組み立てる時間がかかってしまいますので会話がリズムよく進まず、滞ってしまう原因になってしまいます。

習ったことを日本語で覚えている

日本人は真面目なので、単語帳を使ったり、授業で講師に言われたことをメモして覚えている人が多いですが、英語がなかなか話せない人にとってはこれが最も大きな原因になります。

英文を読んでいる方であればわかっていただけると思いますが、英語と日本語の間には表現の幅について若干の違いがあって、英語の意味を少し違うように捉えてしまったり使い道を狭めてしまったりしています。

つまり、無理やり日本語に直して覚えてしまっている部分があるので、とっさに話そうとしてもうまく英語が浮かんでこないということになります。


関連記事:英語が全然話せない人がオンライン英会話を受けるのは無謀?

とにかく挨拶が苦手

英語での挨拶は普通の義務教育では大体小学校高学年から中学1年生日かけてならいます、これらはどれもごくごく基本的なものですが意外とこれがすんなりと話せる人は少ないです。

その様な人達に多いのが、日本語でも挨拶があまり得意ではないということです。

日本人が日本語でできないことは、英語でもできません。

コミュニケーションはよくコミュ力などと言われて生まれ持ったもののように思いますが、実際はスキルなので、磨くことができます。

スポンサーリンク


英語を話せるようになるには

英語をスラスラと話せるようになるには、とにかくアウトプットをすることが重要です。

これは英語に慣れて恥ずかしさを無くすということはもちろんですが、アウトプットするということはただ単語帳を眺めたり、文章を読むことに比べて記憶の定着が格段に向上します。

つまり、それらの勉強法よりも効率よく英会話の表現を身につけていくことができます。

それでは、アウトプットの方法について幾つか見てみましょう。

勉強した単語や文法はすぐに使ってみる

英語に限った話ではありませんが、習ったことをすぐに使ってみるというのはとても効果的な学習方法です。

その中でも英語のスピーキング能力の向上を目標にしている場合には単語の意味を知っていても、使いどころが分からなければ意味もないので単語などを学んだら、すぐに文章を一つ作ってみて、声に出してみましょう。


関連記事:海外ドラマを字幕なしで見たら英語の勉強になる?選ぶジャンルは?

リズムを学ぶ

日本の英語はベースが受験勉強になっています。

難関大学ともなると使われている英文はとても難しく、論文を手に取ると即座に読めてしまうようなレベルの学生もいます、しかしこういった受験勉強の背景には知識偏重の指導があります。

実際のネイティブがどのように喋っているかということについてはあまり触れられず、とにかく文章を理解することに重点を置いて勉強しているのです。

これでは我流のアクセントやリズムになってしまい、英語圏の人と話をするのには向いていない話し方になってしまいます。

ですので、自分の言いたいことがイマイチ伝わっていないなという風に感じたら、まずはネイティブの人がどのように話しているかを聞いてみると良いでしょう。

1人ディスカッション

できれば数人でディスカッションをした方がいいのですが、慣れないうちは部屋でひとりでやってみると良いでしょう。

やり方としては、お題を決めて1人2役で会話形式のディスカッションをするというものです。

これは実際の会話がイメージできるので、独り言よりも効果が大きいです。

外でこれをやる場合には、電話をしているふりなど、少しの工夫が必要になるでしょう。


関連記事:英会話の勉強で効率的な順番は?リスニングが先か文法が先か?

まとめ

英語が話せるようになるには、とにかく英語で考えが浮かんでくるということがポイントになります。

そのためには何度も練習することが必要ですのでめげずに頑張ってみてください。

スポンサーリンク



↓関連記事
英語のユーノーは口癖?意味はあるの?you knowの正しい使い方!

シングリッシュが意味不明!聞き取れないときの対処法5つ!

留学に失敗する人の特徴!帰国後に成功する人との違いは?

アメリカ英語とイギリス英語は違う?日本人はどっちを勉強する?

英語で住所の書き方はどうする?海外に郵便物を送る方法!

英語は日付・時間・場所を伝える順番が違う!確実に伝えるには?