脚


剃っても剃ってもすぐに生えてくる体毛の処理、いつもチェックするのは大変です。

そんなとき、最近処理をしたばかりなのになんだか毛穴が目立っているなと感じたことはないでしょうか。

毎日の毛の処理の仕方や肌への刺激が原因で、生えてきた毛が肌の下に埋もれてしまったり毛穴が黒くなったりしてしまうことがあります。

これではいくらムダ毛の処をしても、毛穴や毛が目立ってしまうので意味がありません。

そして、この肌の下に埋もれてしまった埋没毛を無理やり取ろうとしてしまうと悪化してしまうこともあるので注意が必要です。


この記事では、そんな埋没毛や毛穴の黒ずみを即効で解消し、目立たなくするとっておきの方法をご紹介します。

埋没毛とは

皮膚の下に埋まったまま、成長して外に出てくることができなくなってしまっている毛を「埋没毛」と呼びます。

状態はさまざまで、短い毛の状態で皮膚の上から少し見えている場合や、皮膚の下で長い毛がくるくると丸まってしまっている場合もあります。


誤ったムダ下の自己処理によって、開いた毛穴に細菌が侵入してしまうと、肌のバリア機能が働き、角質層で毛穴をふさいでしまうのです。

ふさがった毛穴から生えてきた毛は行き場を失い、皮膚の下でしか成長できなくなってしまうのです。

ひどくなると、毛穴の黒ずみや炎症を招いてしまいますので注意が必要です。

スポンサーリンク


埋没毛と毛穴の黒ずみの原因

まずは埋没毛や毛穴の黒ずみがどんな原因で起こるのかを考えてみましょう。

上でもふれたように、これらは実は綺麗になろうと努力していたはずの、あのムダ毛の自己処理が原因となっていることが多いのです。

最近ではエステやサロンで代金を支払って永久脱毛をする人も増えてきましたが、まだまだ家で自分で処理をされている人が多くいます。

その時に使用されるのはほとんどがカミソリか毛抜きです。

カミソリは肌のギリギリまで剃れ、毛抜きも毛根から引っ張って抜けることから処理の後の肌の手触りが毛を感じることなく仕上がります。

しかし、このようなお手入れは肌にダメージを与え、乾燥の元となってしまいます。


すると肌を守ろうと角質が固くなって新たに生えてきた毛が突き破れずに皮膚の下に埋もれたまま成長してしまう「埋没毛」、無理やり広げられた毛穴が傷付いて起こる色素沈着による「毛穴の黒ずみ」が引き起こされてしまうのです。


これらの状態を解消するにはこれから紹介する解消法と併せて、今までの誤った処理方法を見直すことも必要です。


関連記事:ひざ下の黒ずみケアの方法!クリームのマッサージ効果は?

スポンサーリンク


埋没毛や毛穴の黒ずみの解消法

埋もれている毛を無理に抜こうとしてはいけません。そこから毛穴が傷付きまた生えてくる新しい毛も埋もれてしまう可能性があります。

毛穴の黒ずみも普通のボディーソープでは中々取れないので強い力では擦らないようにしましょう。

このふたつの悩みを解消するのにぴったりなのが「スクラブ」と「ピーリング」です。

まずはこの二つに一体どのような効果があるのか見てみましょう。

そして、その他の方法についてもお伝えしていきます。

ボディスクラブ

ボディスクラブには様々な種類があり、細かい粒子が含まれたペースト状のクリームを肌に塗って使用します。

この粒子が研磨剤のように肌に擦れることで古い角質を取り除き、取れにくい毛穴の奥の汚れまですっきり洗ってくれるのです。

また、古い角質を取り払ってくれることで肌のターンオーバーが促進され、埋もれてしまった毛も通常より早めに出てきてくれ、落ちなかった色素沈着も少しずつ薄くなっていきます。


スクラブ剤は普通のボディーソープよりも肌に与える刺激が強いので、毎日使用するのは控えましょう。

商品によって異なりますが、週1回くらいの頻度で十分です。

肌の弱い人の場合や、自分の肌に合わない製品を使用した場合は、肌荒れや痛みなどが起こることもあるので異常が現れたときは使用を止めて医師に相談してください。

スクラブは種類が豊富なので肌荒れが心配な人は、塩ベースのものよりも砂糖を使用した肌に優しいものを選ぶと良いでしょう。

また、スクラブ後は肌が敏感な状態なので、必ず保湿して肌を守ってあげるように努めましょう。


関連記事:太ももの赤い毛穴を消したい!自分でできる治し方4選!

ピーリング

エステや美容皮膚科、自宅でもできるケミカルピーリングは弱い酸で汚れや古い角質を溶かして落とす効果があります。


特に毛穴汚れが気になる場合には、ピーリングを行うことによって汚れをしっかり取り除くことができるので一石二鳥です。

肌がとてもツルツルになるということで注目度も高いピーリングですが、ボディスクラブと同様に肌の状態や使用するピーリング剤との相性が合わないとお肌を痛め、非常に敏感なビニール肌状態になってしまうことがあるので注意が必要です。


しかし、使用法をよく守り正しく使うことで、より高い効果を得られるので自分の肌状態をしっかり観察して使うようにしましょう。

また、使用後はしっかりと保湿などのアフターケアを行うことで乾燥など気になる副作用も防ぐことができます。

ピーリングにより正しくターンオーバーが行われるようになると、見違えるほどに美しい肌になります。


関連記事:ピーリングで肌荒れが起こる?正しい頻度やタイミングは?

スポンサーリンク


保湿クリームでマッサージする

肌を保湿して柔らかくしながらマッサージすることで、埋没毛を優しく自然に取り出すことができます。

特に入浴後は毛穴も開いているので、埋没毛が取り除きやすい状態になりますので、お風呂上りに行うのがおすすめです。

あらかじめ、蒸しタオルなどで埋没毛付近をあたためておくのも良いでしょう。


保湿しながら肌を痛めずに、安全に取り除くことができるので一石二鳥の方法です。

普段使っている保湿クリームで構いませんが、尿素クリームなど、埋没毛の除去に適したクリームを使うのもおすすめです。


関連記事:女性なのにヒゲが濃い!原因と自分でできる処理方法!

皮膚科に行く

ご紹介してきた方法でどうしても取り除けない場合で、炎症が起きてしまっているような場合は、無理に自己処理せず、皮膚科に行って取り除いてもらったほうがよいでしょう。

むりに毛抜きで抜こうとして、皮膚や毛穴をひっかいてしまうと、さらに炎症がひどくなり、埋没毛を取り除くことができたとしても、次に生えてくる毛がまた埋没してしまう可能性が高くなります。

最後に

埋没毛や毛穴の黒ずみは、気になるからといって、毎日毎日自己処理をする。

また、同じ場所を丁寧に何回も剃ったり、一番きれいに取り除けるからと言って毛抜きでムダ毛を抜いたり、同じカミソリやシェーバーを何か月も使い続けていたり、きれいに毛を取り除くために逆剃りしたりと、綺麗になろうと色々と努力する人ほどなってしまうことがあります。


特にタイツやストッキングで締め付けられる足などは埋没毛ができやすいので、より慎重に剃ってあげる必要があります。

毎日剃らないとムダ毛が気になってしまう!という方は、脱毛サロンでプロによる脱毛を受けるのも検討したほうがよいでしょう。

費用はかかりますが、埋没毛が起こる心配もなく、回数を重ねれば毛そのものをすべてなくすことができますので、ムダ毛に悩まされることもなくなり、一石二鳥です。

ムダ毛も埋没毛もどっちもてっとり早くなんとかしたい!という方は脱毛サロンに行くことも検討しましょう。


いずれにしても、正しい情報を知らないまま、自己流の手入れをしてしまうのは逆効果となってしまうことがあるので注意しなければいけません。


今まで悩まされてきた埋没毛や毛穴の黒ずみといったトラブルも、正しいケアの方法でさらに綺麗になって素敵な女性へと大変身しましょう。

スポンサーリンク